営業職というのはビジネススキルが試される仕事です。優秀な営業であればいくつもの契約を取ってきて会社に重宝され、かなりの収入を得ている人もいます。自社の製品やサービスを売り込み取引をして契約をする、製品・サービスの知識や交渉力を駆使するビジネスの基本がつまった仕事です。

技術職などの場合、自分の担当分野の専門スキルを磨くことが中心になります。ですが営業職の場合は会社を代表して営業を行い、企画をたて交渉し、受注したり納品したりという仕事の中でビジネスの全体像をつかむことができます。またビジネスマナーも必須であり、優秀な営業であればビジネスの基本スキルが高くなります。

そのため営業の仕事を身につければ分野にとらわれずつぶしがきく面があります。たとえば機械メーカーの営業をやっていた経験を食品メーカーの営業に活かすことも可能です。もちろん製品やサービスの知識は勉強しなければなりませんが、企画や交渉を行う営業力というものはどこの分野でも応用できます。

こういったことから、営業職から営業職へは転職しやすく、また経験を積むために他職種から営業への転職を希望する人も大勢います。ビジネスパーソンとしてのキャリアアップのためには営業の経験は無駄にはなりません。営業職を経て次のキャリアを目指すというパターンも良くあります。

転職市場においては営業職の求人は絶えることはありません。さらに営業職に強い転職エージェントを活用することで転職活動がスムーズに行くことでしょう。

ここでは、営業職への転職を考える際に知っておきたいポイントや、おすすめの転職エージェントなどについてお話しします。

営業職の種類を知ろう

ひとくちに営業への転職を目指すといっても、営業職にもいろいろあります。

まず大まかに2つに分けると法人営業と個人営業があります。また活躍するフィールドとして少し特殊なものに内勤営業や海外営業が、特定分野の専門営業としては技術営業や医療営業があります。

それぞれを詳しくお話ししていきましょう。

法人営業と個人営業のちがい

法人営業と個人営業は、名称のとおり営業の対象が企業か個人かというちがいです。ドラマなどではしばしば営業が得意先企業を回っていますが、これが法人営業です。企業相手なので大口の取引が多く、企業の要望を満たせる企画・提案を行う必要があります。顧客に合わせてカスタマイズしたサービスを販売するケースもあり、顧客の問題解決には何が必要かをヒアリングしたり提案したりするスキルが必要となります。

個人営業は個人に直接営業を行います。金融商品や住宅、自動車など消費者の生活に密着した製品・サービスが中心となります。1件1件の取引規模は法人にくらべて小さいですが、消費者ひとりひとりの顔が見え法人営業とは違ったやりがいがあり、人とのコミュニケーションが好きな人に向いています。

なお営業にはルートセールスと新規開拓があります。ルートセールスはすでに取引がある顧客をまわって注文を受けます。すでに取引中の相手がメインのために楽そうに見えるかもしれませんが、顧客の要望に応えるためにいろいろなサービスをしたり、顧客の声を社内にフィードバックしたり、売上を伸ばしたりといった大変さがあります。新規開拓の場合は初めての客に売り込みをする勇気が必要となりますが、必ずしもルートセールスよりも大変なわけではありません。

内勤営業は営業と販売員の両方の性質を持つ

営業というと外回りのイメージですが、販売店のカウンターに常駐するなどの内勤営業もあります。自動車のディーラーや化粧品の美容部員、携帯電話の販売対応などが当てはまります。

営業というよりも販売員よりですが、製品やサービスの知識を持ち、顧客のニーズを見抜き、的確な提案を行うというのは営業の仕事そのものです。ただし店舗での事務作業なども多くなります。

海外営業は語学力必須

商社など海外企業を相手に営業を行う仕事もあります。これはビジネスを進めるのに十分な語学力や、取引先の文化や習慣などを知り柔軟に対応できる能力が必要となるので、国内での営業とはまた違ったスキルを身につけなければなりません。

語学力を活かしたい、世界を股にかけて仕事をしたいという人におすすめです。なお英語だとだいたいTOEIC800点は必要と言われています。また近年は中国語が重宝されています。

ITやメーカーに多い技術営業

IT業界やメーカーなどには技術営業というポストがあります。顧客との打ち合わせなどに同行し、顧客と自社の技術者の間を調整しながら契約を結びます。技術について深い知識を持ち顧客のニーズに対して自社の技術をどう活かせるかなどの提案を行い、顧客と技術者両サイドの意見をまとめ、必要な製品・サービスは何かを判断するなどのスキルが必要となります。

技術職の現場経験のある人が経営幹部へのキャリアアップのために希望するなど、専門知識を活かせる営業職として注目されています。

医薬営業(MR)は専門知識が必要であり高収入

医薬営業はMRとも言い、医療従事者に医薬品情報を提供して適正に使用してもらう仕事です。簡単に言うと医者に薬の営業をする仕事です。また実際に処方した結果としての副作用情報などを集めたりもします。

当然、医薬品に関する専門知識は必須です。医薬品は患者の命に関わるものであり、適正に使用されるように正確で適切な情報を提供しなければなりません。また数多くの医薬品がある中で自社製品をアピールするために営業としての高度なスキルも必要とされます。そのため営業職の中では収入が高い傾向にあります。

営業に向いている人はどんな人?

営業というと明るくハキハキして押しが強く、サービス精神が豊富な人というイメージがあるのではないでしょうか。実際のところ営業に向いているのはどんな人材なのか、必要とされる要素を簡単にまとめてみました。

信頼感

営業には明るい人・おしゃべり好きというイメージがありますが、それは顧客に自分に親しんでもらい信頼してもらうためです。つまり重要なのは信頼感です。

営業は企業の顔として顧客のところに出向き、契約をします。そのため信頼なくしては営業はできません。明るくても軽薄で信用できないという印象を与えては営業はつとまらないのです。

またおとなしい印象の営業が意外に高い成績を出しているというところもあります。あまりに暗い印象だとこれも信頼が下がりますので不向きですが、おとなしくて真面目という印象は営業において強みになることもあります。自分はおしゃべりが苦手と思っていても、意外と営業に向いていることもあるのです。

機動力

機動力、つまりフットワークの軽さは営業に重要です。営業は足で取ってこいなどと言われますが、新規開拓だけでなく、既存の顧客の要望やトラブルにすぐに駆けつけて対応するためにもフットワークは大切です。すぐに的確な行動を起こせる力は営業には欠かせないスキルなのです。

アピール力・ヒアリング力

営業は自社製品のアピールをする必要があるので、プレゼン能力やコミュニケーション力、自社製品やコストについての知識などが必要です。ですが一方的にアピールしているだけでは契約は取れません。営業でもうひとつ重要なのは顧客の要望を聞き取る力、ヒアリング力なのです。相手の求めるものを理解し適切な提案をするために、顧客の話に耳を傾ける、場合によっては顧客の中でも言葉にできていないニーズを見抜くことが大切です。

粘り強さ・しなやかさ

営業はノルマが厳しい傾向にあります。そうでなくても、新規開拓などでは断られるケースの方が多いのが普通で、精神的ストレスがじわじわとたまります。思ったように契約が取れないのに、上司のノリが体育会系でもっと頑張れなどと言われて辛いということもあります。

どんな腕利きの営業でも、そうした悩みには必ずあたります。契約につながるスキルも重要ですが、いちばん必要なのは粘り強さとストレスを受け流せるしなやかさと言えます。

営業職を目指すための転職活動のポイント

営業職はコミュニケーション力、特に交渉力やアピール力が必要となる仕事です。そのために面接や書類の書き方における自己アピール力などは重視されます。とはいえ履歴書は基本的な書式はだいたい決まっているので必要事項を埋めていくだけになります。これに対して職務経歴書の書き方は自由であり、ここでアピールをしておきたいところです。

書類はパソコンでの作成が基本

職務経歴書は今はパソコンで作成するのが普通です。A4サイズで1~2枚にまとめ見やすく作りましょう。フォントなどは履歴書と統一するのが良いでしょう。明朝体が一般的です。ネットサービスなどでテンプレートを配布しているところもありますし、転職サイトで作成サービスがあるところもあります。

自己PRは過去~将来の流れを意識、退職理由は前向きに

自己PRでは過去の経験・実績から現在何ができるか、将来何をやりたいかにつなげていくように書くとストーリーが見えてアピールしやすくなります。また面談では必ず退職理由をたずねられますが、ここも将来を見据えての前向きな理由にまとめるのがおすすめです。

退職理由というとどうしても会社が嫌になったという後ろ向きなものになりがちですが、いかに前の会社が悪かったとしても、そのまま言っては印象は良くありません。これまでの経験を次の職場で活かしてステップアップしたいなど、未来につながるポジティブな方向でアピールすると印象が良くなります。

なお面談や職務経歴書の書き方については転職エージェントのサポートが受けられるので、相談してみるのがおすすめです。

なぜ転職したいのかを明確にする

営業職に限らず、転職においては転職の動機を自分の中で明確にすることが大切です。現在の会社での仕事がきつすぎる、給与などの待遇が悪い、人間関係に問題がある、キャリアアップのため、興味ある分野の専門的な仕事をしたい、などいちど整理して書き出してみましょう。

ある程度まとめておけば、転職エージェントのキャリアカウンセリングなどでもスムーズに相談できます。自分でもまとまらないという場合、その点も含めてキャリアカウンセリングで相談するという手もあります。

転職の動機を明確にすることで、転職先に求めるものが見えてきて、条件を絞り込めます。たとえば営業において、仕事の成果に見合った報酬が欲しいなら歩合制のところにするなどです。こういった情報を転職エージェントと共有すれば、希望に合うところを紹介してもらえます。

営業は未経験だけど挑戦したいなら

営業の経験はないけれど営業職への転職を希望する場合、未経験可の求人を選べば大丈夫です。営業では未経験可の求人が数多くあるので、見つからないということは無いでしょう。

未経験で営業職を探すなら以下のポイントを押さえておくと良いでしょう。

今までの知識や経験を活かす

営業は未経験でも、たとえば技術職であるならその分野の技術営業を目指すことで身につけた知識や経験が活かせます。技術営業に限らず営業は製品・サービスについてよく知っておく必要があるので、今までの仕事でそういった知識を身につけているのなら、同じ分野の営業を目指すことでスムーズに働けるかもしれません。

ルートセールスは楽なのか?

営業には、新しい顧客に売り込む新規開拓と、すでに取引のある顧客への営業を行うルートセールスとがあります。

営業職がまったく未経験であるなら、ルートセールスの方が抵抗が少ないかもしれません。先輩社員の営業先に一緒にいって顧客に顔を覚えてもらったり、仕事のやり方を覚えつつ、そのうち一人で任されるようになるというのが一般的です。ただしルートセールスは顧客とのつながりを保ち続けなければならず、さまざまな要求に応えていく必要があり、想像以上に大変でデリケートな仕事です。そのため新人の営業には新規開拓の方をまかせる企業も多いです。

新規開拓というと難しそうに思えますが、思い切って飛び込んでしまえば未経験でも十分に働けます。もちろん何度も断られるのでストレスとなりますが、そういうものと割り切ってこなしていけば未経験でもそれなりに新規の契約を取ることは可能です。

ルートセールスと新規開拓はどちらも違った大変さがあります。最初から自分にはこちらと決めつけず、せっかくの転職をチャンスに新しいことに挑戦する気持ちで挑んではどうでしょうか。

困ったら転職エージェントに相談!

未経験で営業への転職を希望するなら、独力で転職サイトの求人をチェックするよりも、転職エージェントに相談することがおすすめです。転職エージェントは担当企業についての知識も豊富であり、どんな人材が必要とされているかを把握しています。

キャリアカウンセリングでは自分に営業は向いているのかなどの相談にも乗ってもらえます。転職系の面接対策や書類の書き方などもアドバイスを受けられるので、活用してみてはどうでしょうか。

営業職狙いでおすすめの転職エージェントは?

転職市場に置いて営業職は人気であり、大抵の転職エージェントであれば営業の求人が無いということはありません。どこでもそれなりの条件の求人を紹介してもらえます。ですがやはり転職エージェントの中でも営業職に強いところがあります。おすすめなのは以下の転職エージェントです。

  • マイナビエージェント
  • DODA
  • type転職エージェント
  • パソナキャリア
  • ワークポート

それぞれについて以下でご紹介します。

マイナビエージェントのここがおすすめ!

マイナビエージェントは転職エージェントの中でもかなりの大手です。とにかく求人数が多いので、それだけ希望条件に合う求人と出会える可能性も高いです。まだキャリアアドバイザーのサポートも充実しています。

求人数がとにかく多い

マイナビは転職だけでなく就職活動サービス全般で最大手のひとつです。大手ということはそれだけ実績を積んでいるので企業とのパイプも太くなり、さらに求人が集まってきます。

またマイナビエージェント全体の求人のうち約80%は非公開求人です。キャリアアドバイザーに相談することで、一般公開になっていない条件の良い求人を紹介してもらえるので登録がおすすめです。マイナビだけの独占求人も多いです。

転職エージェント大手としてサポートが充実

マイナビは大手だけあってサポートが充実しています。転職先を見つけるだけでなく、キャリアカウンセリングや履歴書や職務経歴書の書きかた・面接のアドバイスも受けられます。また、求人先に直接聞きにくい待遇の具体的なところの確認や入社日の調整などもサポートしてもらえます。転職は初めてという人はとりあえずマイナビに登録しておけば間違いはないでしょう。

DODA(デューダ)のここがおすすめ!

DODA(デューダ)は昔からある求人・転職情報サービスです。1989年創刊の転職情報誌DODAは有名となり、転職することをデューダするというのが流行語にもなりました。

自分で求人情報を探すサービスの大手ですが、エージェントサービスも充実しています。キャリアアドバイザーと採用プロジェクト担当がサポートしてくれ、利用者の満足度も高くなっています。また求人数もかなり多く、非公開求人も充実しています。

キャリアアドバイザー&採用プロジェクト担当がサポート

多くの転職エージェントや転職サイトでは、キャリアアドバイザーが担当につきます。DODAの場合はそれに加えて採用プロジェクト担当がいるのが特長です。利用者に対して、キャリアカウンセリングや求人の紹介、書類の書き方や面接のアドバイス、日程の調整など基本的なことはキャリアアドバイザーが行ってくれます。長期的なキャリアプランの相談もでき、利用者の転職活動の全体像をサポートしてくれます。

採用プロジェクト担当は求人企業の方についており、その企業の採用情報や求めている人材についての詳しい情報を把握していて、条件に合う的確な求人情報を紹介したり、企業との細かな調整や内部情報の提供などを行ってくれます。

非公開求人が充実

DODAも求人数はかなり多いので、条件に合うところがきっと見つかるでしょう。さらに約80~90%は非公開求人になっていて、担当から紹介してもらえます。一般的に非公開求人の方が条件が良いものが多く、また細かな条件にマッチするところをピックアップして紹介してもらえるので、転職成功の可能性が高くなります。

type転職エージェント

type転職エージェントは特に関東圏の情報に強いエージェントです。キャリアアドバイザーが専任でつき、キャリアカウンセリングから求人紹介、企業との調整までサポートしてくれます。自社調べでの満足度調査では87%が利用に満足と利用者の評価はなかなか高く、丁寧なマッチングやサポートをしてくれるので、安心して転職活動をしたいのであればおすすめのエージェントです。

関東圏以外の情報は少なめですが、関東圏での転職を希望するなら利用してみると良いでしょう。

キャリアアドバイザーが丁寧

typeのキャリアアドバイザーは親身になってくれると評判です。親身というのはカウンセリングの内容がより具体的であることやマッチングが丁寧であるなど、利用者と企業のことをきちんと把握した上でそれぞれに合わせたきめ細かなサポートが受けられるということです。

条件のミスマッチがあまりなく、また面接日程や待遇・入社日などの交渉もまかせられるので、転職活動をすすめる上での不安が少なくなります。

営業職希望者をサポート

営業だけでなくIT、機械、建築、メディカルなどさまざまな分野の求人を扱っていますが、営業職に強いキャリアアドバイザーがいるためおすすめです。営業の転職活動においては交渉力・コミュニケーション力などを見るため面接が重視されますが、面接対策のサポートもしっかりしています。

パソナキャリアのここがおすすめ!

パソナキャリアは大手人材派遣会社であるパソナグループのサービスです。専任のキャリアアドバイザーがカウンセリングを行って利用者のキャリアについて整理し、職務経歴書の書き方をアドバイスしたり、求人情報を紹介したり、日程調整や待遇の交渉などをサポートしてくれます。

年収アップ率が高い

パソナキャリアの実績としては、転職後の年収アップ率は67.1%にのぼります。転職の結果かえって年収が下がってしまったというケースもある中で、年収アップを目指すのであればパソナキャリアのサポートを受けるのがおすすめです。

またキャリアアドバイザーによるサポートも手厚く、面接対策や職務経歴書のアドバイスも充実しているので、初めての人が手堅く転職活動をすすめたいならおすすめです。

取引実績企業が多い

パソナグループは総合人材サービスとして実績を積んでおり、取引実績企業数は16,000社以上になります。これまで25万人の転職を支援しており、求人数も常時数万件あるので、条件にマッチする転職先が見つかる可能性も高いです。

ワークポートのここがおすすめ!

ワークポートは特に大阪・名古屋・福岡・横浜の求人が中心の転職エージェントです。IT分野に強いですが、それぞれの分野に強い転職コンシェルジュが揃っているため、営業系の転職においてもサポートが充実しています。

また複数のランキングで転職決定人数1位になっており、確実に転職をしたいならおすすめです。非公開求人は全体の70%となっており、登録することで条件の良い非公開求人を紹介してもらえます。

転職コンシェルジュのサポートが手厚い

ワークポートでは担当を転職コンシェルジュと呼びますが、コンシェルジュの名前が示すとおり、手厚いサポートが受けられます。まずはキャリアカウンセリングを行い、利用者のキャリアや強みなどをまとめ、それを転職活動において活かすよう支援してくれます。もちろん日程の調整や待遇の交渉も代行してもらえます。

支援ツール「eコンシェル」が便利

転職活動の進捗を管理できるWebツール「eコンシェル」があり、応募企業や面接スケジュールを管したり、転職コンシェルジュとのやり取りが可能です。条件を登録しておくとおすすめ求人情報が届いたりの機能もあります。転職活動においては、複数の求人情報に応募すると管理が大変になるため、こうしたツールを活用することでスムーズに進みます。

転職エージェントを活用して転職活動を成功させよう

以上、営業への転職を希望する際に知っておきたいポイントや、おすすめの転職エージェントについてご紹介しました。

転職エージェントはたくさんあるので迷ってしまうかもしれませんが、それぞれに特長があります。この記事で取り上げた中であれば、とりあえず迷ったら大手のマイナビエージェントやDODA、丁寧なサポートを希望するならtype転職エージェントやワークポート、年収アップを狙うならパソナキャリアがおすすめです。

どこの転職エージェントを利用するにしても、まずは自分の中で転職活動へのイメージを固めておくことが大切です。今までのキャリアや習得したスキル、転職の動機や自分の強みなどをまとめておくことで、転職先に求める条件もクリアになります。

自分では良くわからない、上手くまとめきれないという場合は、転職エージェントのキャリアカウンセリングが頼りになります。転職エージェントは単に求人情報を紹介してくれるだけでなく、転職活動全体についてさまざまなサポートをしてくれるので、ぜひ活用してみましょう。

CMや広告でも露出が多く、日本では知らない人はいないというほどの日本最大級の総合転職サイト。

マイナビエージェントは独占求人が多いため、他にはない求人が多く存在しています。

求人が多いのもそうですが、それに伴い非公開求人も多く存在しています。まず登録しておくと求人を探す幅が広がると言われている転職サイトです。

強み 年収アップ率
  • 中小企業の求人や、第二新卒向けの求人が多い
  • 登録者数が多く求人数も非常に多い
  • エージェントの質が高い
5つ星
求人数 こんな方におすすめ 対応地域
約 8,000件 総合 全国

btnエージェント詳細

btn公式へ

設立は2003年と比較的新しい会社ですが、今の時代に特化したIT業界・WEB業界の転職者を支える総合転職サイトです。

業界の認知度はとても高いのですが、一般的な認知度はまだまだといったところ。

しかし、求人数は他の転職サイトに引けをとらないほど多く、専門的な分野から選択することができます。

また、転職コンシェルジュの対応が早いためサクサクと転職活動を進められることができます。

強み 年収アップ率
  • 転職コンサルタントよりも上の転職コンシェルジュで求職者の転職を手厚くサポート
  • ワークポートから提供される個人サイトが使いやすく、転職活動を管理しやすい。
  • IT業界やWEB業界の独占求人が多く、企業や転職者には高評価
5つ星
求人数 こんな方におすすめ 対応地域
約 7,000件 IT系 / WEB系 / エンジニア 全国

btnエージェント詳細

btn公式へ

業界2位だけあって、バランスが良いと評判のDODA。エージェントのあたりハズレがあまりないとも言われています。
ただし、求人数が膨大なだけあって、その中には質の悪い求人も多数存在しているので自分で確実に選別する必要があります。

面接対策や、書類の添削に関しては高評価なので、転職する際には必ず登録しておいた方がいいサイトです。

強み 年収アップ率
  • 大手企業からベンチャー企業まで幅広い求人を探すことができる
  • 面接のテクニックや書類の書き方など、実践的な対策ができる
  • セミナーやイベントが多くモチベーションを高く維持できる
5つ星
求人数 こんな方におすすめ 対応地域
非公開求人含め 100,000件以上 総合 / 海外 全国 / 海外

btnエージェント詳細

btn公式へ