就職・転職市場において、特に女子の場合、良く聞くのが「総合職」と「一般職」です。なんとなく一般職は補助的な仕事で女性の仕事というイメージを持っている人も多いと思いますが、この2つの違いを正確にご存じでしょうか。

ここでは総合職と一般職の違いについてお話しします。

総合職と一般職とは?

総合職と一般職という分類は、1986年の男女雇用機会均等法をきっかけに誕生しました。それまでは男性が会社の中心となりバリバリ働いて出世し、女性はその補佐をするという形で、採用も男女別に行われているところが大半でした。

ですが男女雇用機会均等法を機に男女問わずに仕事内容で募集を分けることになったのです。

昔は男性に求められていた役割を継承しているのが総合職で、総合的な判断が必要とされる基幹業務とされています。

仕事内容は多岐にわたり、会社のさまざまな業務に携わってキャリアを積み、いずれは管理職となることを期待されている幹部候補生です。つまり転勤や出世があります。

昔は女性に求められていた役割を継承しているのが一般職で、補佐的な仕事が中心となります。基本的に転勤はなく出世のスピードも遅めで、給与も総合職にくらべて低めとなっています。

総合職の方が責任が重いけれど権限もあり、一般職はあくまでも補佐的な存在です。そのため、大手企業以外は一般職をおいていない企業が大半です。

なお一般職の方が責任が限定的なぶん育休や産休を取りやすいように思うかもしれませんが、実際のところは育休産休事情は企業により異なり、いちがいには言えません。

一般職でも育休が取りづらいところも多く、そういうところでは妊娠出産をきっかけに退職する人も多いです。

一般職は女子だけなの?

男女の雇用機会を均等にしようということで生まれた総合職と一般職なので、性別が決まっているわけではありません。男性が一般職につくことも、女性が総合職につくことも可能です。

ですが現実には、一般職は女性のものというイメージがまだまだ強く、いわゆるOL=一般職で、総合職か一般職かで悩むのはほとんど女性のみという状態です。ただし転勤が無いことや責任が限定的であることを魅力に感じる男性もおり、男性の一般職も少ないものの存在します。

また今は総合職につく女性も多いですが、採用の際に転勤は大丈夫かとか妊娠・出産の際にはどうするのかなどを聞かれ、女性の方が総合職につくためのハードルが高いと感じる人が多いようです。

総合職の仕事内容は?

総合職の仕事内容はさまざまですが、大きく分けて事務系総合職と技術系総合職があり、将来のキャリアが異なります。

事務系総合職は営業、営業企画、商品開発、マーケティング、広報、人事、経理、総務、法務といった部門に進みます。技術系総合職は研究や生産と言った技術職に進みます。

総合職として採用された場合、どの職種に就くのかは企業により異なります。数年ごとに異動がありひととおりの職種を経験させるところもあれば、本人の適正や希望に応じて配置するところもあります。

地方支社のある企業では異動にともない転勤もあり、数年ごとにいろいろな場所で修行を積んで、いずれは本社に帰ってきて幹部となることを期待されるわけです。

一般職の仕事内容は?

一般職の仕事内容は基本的に一般事務と呼ばれるもので、総合職の社員のサポートや、書類作成や電話応対、雑務などになります。

補佐的なものなので、たとえば大きな取引を成功させるような、直接的に会社の利益となるような仕事ではありません。

地方支社などがある企業でも、そこの支社単位で採用されるのが一般的であり、転勤は基本的にありません。

なお、前述のとおり大企業以外では一般職があることはまれで、正社員は全員が総合職のところが大半です。また大企業であっても、ITの導入などにより昔にくらべて一般職の仕事量が減少していることや、一般事務は派遣社員にまかせる企業も増えており、一般職が無い企業も多くなっています。

ですが最近になり、時短勤務などのさまざまな働き方のニーズが増えてきたことから、一般職を復活させるところも現れています。

総合職・一般職の分類に当てはまらない職種もある

従来の総合職・一般職の分類に当てはまらない職種も増えています。

たとえば特定総合職やエリア総合職(地域限定総合職)といったものは、総合職と一般職の中間的な存在です。つまり普通の総合職にくらべて転勤が少なかったり責任の範囲が限定的だったりする代わり、給与が低めで昇給も限定的です。

金融機関や総合商社などには業務職というものをおいているところもあります。単純に一般職の代わりにそう呼んでいるだけのところもあれば、総合職と一般職の中間のような存在であるところもあります。

後者では転勤はないけれど部門間の異動があったり、一般職よりも高度な専門スキルが必要だったり、業務の幅が広かったりします。

一般職だとやりがいを感じにくいし収入も多めに欲しいけど、転勤は嫌という人は、こうした職種もあることを覚えておくと良いでしょう。

CMや広告でも露出が多く、日本では知らない人はいないというほどの日本最大級の総合転職サイト。

マイナビエージェントは独占求人が多いため、他にはない求人が多く存在しています。

求人が多いのもそうですが、それに伴い非公開求人も多く存在しています。まず登録しておくと求人を探す幅が広がると言われている転職サイトです。

強み 年収アップ率
  • 中小企業の求人や、第二新卒向けの求人が多い
  • 登録者数が多く求人数も非常に多い
  • エージェントの質が高い
5つ星
求人数 こんな方におすすめ 対応地域
約 8,000件 総合 全国

btnエージェント詳細

btn公式へ

設立は2003年と比較的新しい会社ですが、今の時代に特化したIT業界・WEB業界の転職者を支える総合転職サイトです。

業界の認知度はとても高いのですが、一般的な認知度はまだまだといったところ。

しかし、求人数は他の転職サイトに引けをとらないほど多く、専門的な分野から選択することができます。

また、転職コンシェルジュの対応が早いためサクサクと転職活動を進められることができます。

強み 年収アップ率
  • 転職コンサルタントよりも上の転職コンシェルジュで求職者の転職を手厚くサポート
  • ワークポートから提供される個人サイトが使いやすく、転職活動を管理しやすい。
  • IT業界やWEB業界の独占求人が多く、企業や転職者には高評価
5つ星
求人数 こんな方におすすめ 対応地域
約 7,000件 IT系 / WEB系 / エンジニア 全国

btnエージェント詳細

btn公式へ

業界2位だけあって、バランスが良いと評判のDODA。エージェントのあたりハズレがあまりないとも言われています。
ただし、求人数が膨大なだけあって、その中には質の悪い求人も多数存在しているので自分で確実に選別する必要があります。

面接対策や、書類の添削に関しては高評価なので、転職する際には必ず登録しておいた方がいいサイトです。

強み 年収アップ率
  • 大手企業からベンチャー企業まで幅広い求人を探すことができる
  • 面接のテクニックや書類の書き方など、実践的な対策ができる
  • セミナーやイベントが多くモチベーションを高く維持できる
5つ星
求人数 こんな方におすすめ 対応地域
非公開求人含め 100,000件以上 総合 / 海外 全国 / 海外

btnエージェント詳細

btn公式へ