オファー面談

転職活動において重要なものにオファー面談というものがあります。これは新卒採用などには無いため、初めて聞いたという人もいるのではないでしょうか。

オファー面談は内定後に行われ、給与や勤務時間などの労働条件について確認するものです。転職活動中は内定をもらうことに必死で、内定が出るとほっとしてオファー面談は適当に済ませてしまうかもしれません。

ですが内定は転職活動のゴールではありませんし、これから働く労働条件についてはきちんと確認しておく必要があります。

ここではオファー面談とはどんなものかや確認しておきたいポイントについてお話しします。

オファー面談とは何か?

転職の経験がまだ無い人はオファー面談と言ってもピンとこないかも知れません。オファーという言葉は聞いたことがあるかもしれませんが、フリーの人への仕事の依頼というイメージかもしれません。オファー面談とは何なのでしょうか。

労働条件を確認するための面談

オファー面談は条件面談や処遇面談、条件提示面談とも呼ばれます。採用が決定した後に行われ、給与や勤務時間などの労働条件や、入社後に行う業務内容などを確認するものです。別途にオファー面談の日程を設定することもありますが、最終面談で採用が決定したらそのままオファー面談に入る場合もあります。

オファーというと仕事の依頼のことと思われている人が多いかもしれませんが、本来の意味は申し出とか条件の提示であり、ビジネスにおいてはこの条件で仕事をお願いするという提案のことです。

オファー面談において条件を確認し、入社の意思を再確認されます。採用面談のときには聞けなかったことや不安な点についても確認できます。ただしオファー面談は条件交渉の場ではなく、あくまでも確認の場です。

転職活動でだけ行われる

就職活動では一般的に採用の際には面談が行われますが、オファー面談は新卒採用では滅多に行われません。転職活動にだけあるものと考えて良いでしょう。

これは、新卒採用の場合はあらかじめ提示していた条件で一律に採用されますが、転職の場合はひとりひとり条件が異なり、交渉次第では最初に提示していた条件から変わることもあるため、確認の場が必要なためです。

業務内容に関しても、新卒採用の場合は入社時点では決まっておらず研修後に配属が決まることが多いですが、転職の場合はこれをお願いしたいというのが決まっているのでその確認が行われます。

転職活動をすすめていると複数の企業から内定をもらうこともありますが、オファー面談で確認した条件を元に決断できることもあります。

オファー面談の後に選ばなかった企業を辞退することもありますが、その際には誠意ある態度を示しましょう。選ばなかった企業とも今後ビジネスのつきあいができるかもしれませんし、場合によっては再転職ということもあります。

また入社する予定の企業であっても、もう内定しているのだからといい加減な気持ちでオファー面談に挑むのは良くありません。緊張する必要はなく適度なリラックスが大事ですが、これから長い間勤める会社ですから、ビジネスマナーを守り誠意をしめしましょう。

オファー面談においては確認したいことはあらかじめ準備しておくと良いでしょう。細かいことであっても遠慮無く確認して疑問点を解消しましょう。

オファー面談で確認しておくべきこと

オファー面談にあたって確認しておきたいことについて、以下に挙げます。もちろんこれら以外にも気になる点があれば聞いてかまいません。

給与、各種手当など

給与などの収入に関わる条件は何よりもきちんと確認しましょう。とは言え誰もが気にする点であり数値として明確なので真っ先に確認されると思いますが、基本給の他に各種手当についても忘れず確認が必要です。残業代や交通費はどのような計算方法になっているのかや、自分が就く業務では営業手当や出張手当のようなものは出るのかなど、細かい点も疑問点は解消しましょう。

企業独自の手当があるところもありますし、ある企業では普通についていた手当が別の企業では無いということもありますので、オファー面談の時点で明確にしておきましょう。また福利厚生などは後からこれが無いあれが無いと気づくことが多いので注意が必要です。

業務の具体的な内容

入社後の業務内容は重要なので、企業側と齟齬があってはいけません。ただ転職の場合は一般的には即戦力として採用されるため、採用面談の時点で業務についてはある程度は明確になっていると思います。

オファー面談ではもう一歩踏み込んで、なるべく具体的な業務内容を確認しておきましょう。ブランクがあったり経験の無い業務を行う必要がある場合は、事前の勉強が必要となるかもしれません。入社後の仕事のイメージが具体的にできるようにして準備しておきましょう。

勤務時間、休日

勤務時間や休日についても忘れずに確認しておきましょう。たとえやりたい仕事であっても、労働時間があまりにもキツいと業務に支障をきたしてしまいます。採用面談の時点では残業はどのくらいかや休みがどのくらいとれるか聞きづらかったという人も、オファー面談でしっかり確認するようにします。

残業については、月平均でどのくらいあるか、繁忙期などシーズンによる変化はあるか、ノー残業デーみたいなものはあるかなど聞いておくと良いでしょう。残業代を稼ぐか残業無しで自分の時間を大切にするかは人により価値観も違うので、残業があるのが良いか悪いかは一概には言えません。

休日についても、年間何日あるか、有給休暇は取りやすいか、休日出勤はあるのかなどを確認しておきましょう。サービス業などは土日祝日が繁忙期となるところも多く、カレンダー通りに休めなかったりします。家族行事などの都合で土日に休みを希望したい場合はどうなるのかなども確認したいポイントです。

今後の展望

採用時の給与や待遇、業務内容については普通は確認するでしょうが、今後の展望についても確認したいところです。つまり入社後の昇給や昇進について平均的なモデルケースを聞いておきましょう。

もちろん自分の仕事次第ではありますが、それでも平均モデルを知っておくことで、自分は高く評価されているとか、あまり良い評価を得られていないので再転職も視野に入れようなどの判断をすることができます。

転職直後は収入がアップしたがその後全然昇給せずに数年後の収入はむしろ平均より下がったとか、課長まではスムーズに昇進するがその後の競争が激しすぎて昇進は頭打ちになるというケースもあり得るので、こうなると再転職の考えどきかもしれません。

業務内容についても今後その部署がどういう扱いになりそうかは確認しておくとよいでしょう。配属先の部署は縮小予定だったとか、逆に景気が良くて拡大予定とかのケースもあります。

事前の話と実際が違うケース

オファー面談で確認しておくべきことはいろいろありますが、採用面談の時点で分かっていることも多いので、つい適当にすませてしまいそうになるかもしれません。

ですが、自分の思い違いや企業側の都合などで事前の話と違うということもあり得るので、オファー面談での確認は重要です。以下にそのような行き違いがあったケースを挙げます。

給与が違う

給与については基本的なことなので、採用の時点で確認しないことはまず無いでしょう。理由もなく提示した給与から下がるということはありません。

ですがそれなりの理由があって給与条件が変わることもあります。たとえば当初の想定よりも優秀な人材が集まったため採用人数を増やしたい、そのため最初に提示した条件よりは少し給与が下がるがそれでも良いなら入社して欲しいと言われるケースもあります。もちろんこの場合は企業側の勝手な都合と言えますが、迷いどころになりますね。

また入社してすぐは試用期間の扱いになるために、その間は給与の額が低くなるというケースがあります。採用面談での提示金額はあくまでも正式採用となってからの給与というわけです。

この点はオファー面談で確認しておきましょう。試用期間はどのくらいか、その間の給与はどういう扱いになるのか、具体的に聞いておくようにします。

交通費に制限がある

交通費の支給については、実際には通勤経路に制限があったり、上限があったり、6か月定期代でしか出ないなどのケースもあります。単に「交通費支給あり」としか見ていなかったため、上限に引っかかってあてが外れたということもあるのです。

遠方からの通勤のために交通費支給の上限を超えてしまっていたとか、いちばん安い経路での交通費しか出ないが高くても早い経路を利用したいとか、バスを利用したいが徒歩15分以内ではバス代は出ないとか、支給される交通費が足りないケースもあるでしょう。

通勤は毎日のことですから年単位になると交通費の違いはかなり大きくなります。オファー面談では交通費に関して具体的なところを確認しておきましょう。

残業代が残業時間分出ない

一般的には企業ごとに定時の勤務時間は定められており、それを超えると残業となります。この残業代がどのようになっているかについても確認しておきましょう。

たとえば残業代の計算は15分単位か30分単位か、何分未満は残業とみなさないという制度はあるのかなどです。1時間未満は残業代が出ないところで毎日50分程度の残業が発生するような仕事量だと、月に10数時間は残業しているのにその分の残業代が出ないことになり、ただ働きの気持ちが強くなり不満がたまるかもしれません。

また一定時間残業したとみなしてその分の残業代を固定給として支払う「みなし残業」制度を採用しているところも多いです。

この場合、それだけの残業が必ず発生するということか、残業時間がみなし分より少ない場合や多い場合はどうなるのか、確認しておきましょう。固定残業代しか出ないのにそれ以上の残業が常態化しているようなところもあるので、注意が必要です。

また最近では政府の働き方改革の方針もあり「裁量労働制」が注目されています。これは、勤務時間を自由として、給与計算においてはあらかじめ一定時間労働したとみなしてその分の給与を支払う制度です。みなし残業と似ていますが、裁量労働制では残業ではなく労働時間そのものを一定とみなします。

そのため、裁量労働制で8時間労働したとみなして給与が支払われる場合、6時間で退社しても延長して10時間働いても、同じ8時間分の給与になります。これにより、早く帰りたいときは自由に退社できるなど自分の裁量で働けるというのが売りですが、その一方で長時間労働が常態化しているのにそれに見合った残業代が出ないという問題もあります。

給与形態と実際の労働時間がどのくらいかについてはオファー面談でしっかりと確認しておきましょう。

オファー面談ではきちんと確認しよう

以上、オファー面談とはどんなものかやオファー面談で確認しておきたいことについてお話ししました。オファーというと仕事の依頼というイメージしか無かった人でも、条件の確認の場であるということがおわかりいただけたと思います。

転職にあたっては、収入をアップさせたい、残業がキツすぎるので残業が短めのところで働きたい、休日出勤の無いところが良いなど、希望の条件があるはずです。

これらについて基本的なところは採用面談などで確認されますが、詳細な点に疑問が残るということもあります。オファー面談の場で疑問点をクリアにして、納得の上で入社しましょう。

オファー面談で確認したいポイントはいろいろありますが、その場であれもこれもと言っていると時間が足りなくなります。

あらかじめ確認しておきたいポイントをまとめておき、自分が特に確認したい点については聞き漏らしが無いようにしておきましょう。細かいことであっても確認して、気持ち良く転職のスタートを切りましょう。

CMや広告でも露出が多く、日本では知らない人はいないというほどの日本最大級の総合転職サイト。

マイナビエージェントは独占求人が多いため、他にはない求人が多く存在しています。

求人が多いのもそうですが、それに伴い非公開求人も多く存在しています。まず登録しておくと求人を探す幅が広がると言われている転職サイトです。

強み 年収アップ率
  • 中小企業の求人や、第二新卒向けの求人が多い
  • 登録者数が多く求人数も非常に多い
  • エージェントの質が高い
5つ星
求人数 こんな方におすすめ 対応地域
約 8,000件 総合 全国

btnエージェント詳細

btn公式へ

設立は2003年と比較的新しい会社ですが、今の時代に特化したIT業界・WEB業界の転職者を支える総合転職サイトです。

業界の認知度はとても高いのですが、一般的な認知度はまだまだといったところ。

しかし、求人数は他の転職サイトに引けをとらないほど多く、専門的な分野から選択することができます。

また、転職コンシェルジュの対応が早いためサクサクと転職活動を進められることができます。

強み 年収アップ率
  • 転職コンサルタントよりも上の転職コンシェルジュで求職者の転職を手厚くサポート
  • ワークポートから提供される個人サイトが使いやすく、転職活動を管理しやすい。
  • IT業界やWEB業界の独占求人が多く、企業や転職者には高評価
5つ星
求人数 こんな方におすすめ 対応地域
約 7,000件 IT系 / WEB系 / エンジニア 全国

btnエージェント詳細

btn公式へ

業界2位だけあって、バランスが良いと評判のDODA。エージェントのあたりハズレがあまりないとも言われています。
ただし、求人数が膨大なだけあって、その中には質の悪い求人も多数存在しているので自分で確実に選別する必要があります。

面接対策や、書類の添削に関しては高評価なので、転職する際には必ず登録しておいた方がいいサイトです。

強み 年収アップ率
  • 大手企業からベンチャー企業まで幅広い求人を探すことができる
  • 面接のテクニックや書類の書き方など、実践的な対策ができる
  • セミナーやイベントが多くモチベーションを高く維持できる
5つ星
求人数 こんな方におすすめ 対応地域
非公開求人含め 100,000件以上 総合 / 海外 全国 / 海外

btnエージェント詳細

btn公式へ