銀行をはじめとする金融業界は同じ業界の中での転職が多く、また他業種から金融業界を目指す人も多いので、人の入れ替わりが激しい傾向にあります。

ここでは金融業界への転職についてお話しします。業種未経験でも金融の仕事に興味があるのなら、金融業界の特徴について知り、自分のキャリアを活かした転職ができないか検討してみてはどうでしょうか。

金融業界にはどんな企業があるの?

金融というのは平たく言えばお金を融通することであり、金融機関には主に次のようなものがあります。

  • 預貯金取扱金融機関(銀行など)
  • 金融商品取引業(証券会社など)
  • 保険会社
  • 貸金業者

それぞれについて以下に説明します。

預貯金取扱金融機関

預貯金取扱金融機関の代表は銀行ですが、預貯金を取り扱うのは普通銀行だけでなく、信用金庫や協同組合連合会、農協などさまざまな機関があります。

個人や法人の預金を受け入れたり、ローンや会社の運転資金などを融資したり、為替取引を行うのが主な業務です。

金融商品取引業

金融商品取引業は証券会社などが含まれます。証券会社は株や債権といった有価証券の売買などを行う会社です。

また投資信託会社もここに含まれます。これは投資信託(ファンド)の運用を行う会社であり、投資信託の売買は証券会社や銀行などで行われます。

投資信託会社は証券会社や銀行の系列であることが多いですが、保険系や独立系のファンドもあります。

保険会社

生命保険会社、損害保険会社、外国保険会社の3つがあります。顧客と保険契約をして保険料を集め、病気や死亡、事故など保険の対象となる事柄にたいして保険料を支払うのが仕事です。

貸金業者

貸金業者というと消費者金融いわゆるサラ金のイメージが強いですが、商工ローンやクレジットカード会社も含まれます。

金融機関のオフィス業務の分類について

銀行や証券会社などでは、オフィス業務をフロントオフィス・ミドルオフィス・バックオフィスの3つに分けます。それぞれ単にフロント・ミドル・バックと呼ぶ事もあります。

フロントオフィスは直接顧客や市場に関わり収益を上げる部門です。場合によっては収益ではなく損失を出すこともあります。営業、トレーダー、アナリストなどが含まれます。

ミドルオフィスはフロントとバックの間に立ち、フロントのサポートをしたり、プロジェクトを管理したり、会社のリスクマネジメントをしたりします。

バックオフィスにミドルオフィスの業務が含まれるところもあります。

バックオフィスはフロントの取引の記録や決済・照合をしたり、社内の管理をしたりします。財務や法務、監査、人事、事務などが含まれます。

金融業界への転職活動にあたっては、自分のやりたい仕事がこれらのどこの業務であるか確認しましょう。法務や監査、人事などの経験があれば、金融業界未経験からの転職であっても、経験とスキルを活かすことができます。

営業も経験を評価されやすいので、転職に有利な職種です。

金融業界で有利な資格は何?

金融業界への転職でだいたいどんな業務につきたいかのイメージが固まってきたら、必要とされるスキルを習得したり資格を取得するのがおすすめです。特に資格は難しいものが多いので、準備が大切です。

銀行や証券会社を目指すなら、金融関連の資格としては銀行業務検定試験、二種外務員資格、証券アナリスト、ファイナンシャルプランナーあたりを取得するのがおすすめです。

外資系企業であればこれに加えて米国公認会計士(USCPA)や国際会計検定(BATIC)もおすすめです。

また外資系企業はもちろん国内企業であってもグローバルに活動しているところが多いので、英語力は重要です。

決済の担当部署であれば英会話のスキルが必要ですし、トレーダーやアナリストは英語の資料を読み込むためにやはり英語力がいります。

TOEIC、TOEFL、IELTSといった英語の検定試験を受けておくと良いでしょう。それだけでなく、ビジネスに必要そうな単語を覚えたりの努力も大切です。

転職活動を進めるにあたり世界情勢にも注目しよう

金融市場は世界中の政治や産業などの動向に影響を受けます。

金融業界への転職を希望するのであれば、こういったニュースもチェックしアンテナを高くしておきましょう。

外資系金融機関が日本でのビジネスを拡充するとか、ある企業が撤退するので人材が動くといった情報は、転職市場の情勢にも関わってきます。

転職活動は転職エージェントの利用もおすすめ

金融業界での求人を探す場合、企業の公式サイトには採用情報が掲載されていることが多いです。目当ての企業があるならまずチェックしてみると良いでしょう。

また自分の求める条件ではどんな求人があるのかをざっと知りたい場合には、転職サイトでの検索が便利です。

自分の目指すべき業種や職種についてのイメージが漠然としている場合には、金融業界に強い転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントは各企業が求める人材について良く把握しており、転職希望者の経験・スキルや強みなどとマッチングして、その人に向いた求人を紹介してくれます。

また自分の転職市場における強みには何があるかやどんなキャリアプランを描くか考えたい場合、転職エージェントのアドバイスが受けられます。

業界に詳しいプロの客観的な意見を聞くことで、転職活動を円滑に進めることができるでしょう。

また転職エージェントは転職サイトなどに掲載されていない非公開の求人情報を持っています。こうした求人情報は条件が良いことも多いので、転職エージェントは積極的に利用するのがおすすめです。

グローバルかつダイナミックにお金が動く金融業界は、楽ではありませんがやりがいのある仕事が魅力です。転職エージェントなどを活用しつつ、自分のキャリアを金融業界で活かすことを考えてみてはどうでしょうか。

CMや広告でも露出が多く、日本では知らない人はいないというほどの日本最大級の総合転職サイト。

マイナビエージェントは独占求人が多いため、他にはない求人が多く存在しています。

求人が多いのもそうですが、それに伴い非公開求人も多く存在しています。まず登録しておくと求人を探す幅が広がると言われている転職サイトです。

強み 年収アップ率
  • 中小企業の求人や、第二新卒向けの求人が多い
  • 登録者数が多く求人数も非常に多い
  • エージェントの質が高い
5つ星
求人数 こんな方におすすめ 対応地域
約 8,000件 総合 全国

btnエージェント詳細

btn公式へ

設立は2003年と比較的新しい会社ですが、今の時代に特化したIT業界・WEB業界の転職者を支える総合転職サイトです。

業界の認知度はとても高いのですが、一般的な認知度はまだまだといったところ。

しかし、求人数は他の転職サイトに引けをとらないほど多く、専門的な分野から選択することができます。

また、転職コンシェルジュの対応が早いためサクサクと転職活動を進められることができます。

強み 年収アップ率
  • 転職コンサルタントよりも上の転職コンシェルジュで求職者の転職を手厚くサポート
  • ワークポートから提供される個人サイトが使いやすく、転職活動を管理しやすい。
  • IT業界やWEB業界の独占求人が多く、企業や転職者には高評価
5つ星
求人数 こんな方におすすめ 対応地域
約 7,000件 IT系 / WEB系 / エンジニア 全国

btnエージェント詳細

btn公式へ

業界2位だけあって、バランスが良いと評判のDODA。エージェントのあたりハズレがあまりないとも言われています。
ただし、求人数が膨大なだけあって、その中には質の悪い求人も多数存在しているので自分で確実に選別する必要があります。

面接対策や、書類の添削に関しては高評価なので、転職する際には必ず登録しておいた方がいいサイトです。

強み 年収アップ率
  • 大手企業からベンチャー企業まで幅広い求人を探すことができる
  • 面接のテクニックや書類の書き方など、実践的な対策ができる
  • セミナーやイベントが多くモチベーションを高く維持できる
5つ星
求人数 こんな方におすすめ 対応地域
非公開求人含め 100,000件以上 総合 / 海外 全国 / 海外

btnエージェント詳細

btn公式へ