会社の飲み会

会社の飲み会は面倒なのが本音という人は少なくありません。友人との飲みは楽しくても、会社の人が相手となると憂鬱で気疲れする人は多いものです。

飲み会で社内の結束を高めるというの考え方は昔にくらべたら減りつつありますが、それでも忘年会や新年会、歓迎会に送別会など、会社での飲み会はまだまだ健在です。

飲み会といっても会社のであれば、仕事とは切り離せません。上司や先輩も交えての飲み会では、無礼講と言われようとも実際には失礼があってはならないものです。

酒の席での失敗により、同僚から嫌われた、上司の不興を買ったなどで、その後の仕事やキャリアに差し支えることもあるのだから、油断はできません。

とは言え飲み会には良い面もあります。一緒に気持ち良く酔って語らって、相手との距離を縮めるという効果があります。また酒の席で上手く振る舞うことで、印象を良くすることも可能です。

幹事になったのなら全員が喜ぶような宴席をセッティングできれば同僚や上司からの好感度アップも可能かもしれません。

ここでは、会社の飲み会についていくつか押さえておきたいポイントをお話しします。

飲み会での振る舞いは周りの評価に影響する

会社の飲み会では、ひとりひとりが行動に気をつけた方が良いでしょう。意外と飲食の場での立ち居振る舞いは見られているし、評価に影響するものです。お酒の飲み方が気持ちいい人は人間としてまた社会人としても好感を持たれるものですし、酒癖が悪いと仕事ができても台無しです。

幹事でなければ気をつかわずにどんどん飲んだり食べたりしたいところですが、実際にはやり過ぎないようにしなければなりません。緊張しすぎる必要はありませんが、立ち居振る舞いを見られているという意識は持っておいた方が良いです。

飲み会で避けたい行動

気の置けない仲間との飲み会とは異なり、会社での飲み会ではやめておいた方が良いポイントがいくつかあります。

ガツガツと飲み食いする

食事は美味しく食べるべきですが、意地汚く見えるのはよくありません。食べ方があまりにガツガツと雑なのは周りに良い印象を与えません。お酒もガブガブ飲むのではなく、品良く飲みましょう。

飲み過ぎ・お酒の無理強い

せっかくのお酒の席では何もかも忘れて気持ち良く酔っ払いたいところですが、会社での飲み会はそうはいきません。明日からも一緒に仕事をする同僚・先輩・上司の目があることを意識して、お酒は適量にしておきましょう。酔って暴言を吐きそれを覚えていないなどは最悪です。

また他人にお酒を無理にすすめてはいけません。無理強いする人は印象が悪くなります。体質があるものですから、飲めない人にはソフトドリンクなどをすすめて、気持ち良い宴席になるようにしましょう。

陰口や内緒話

お酒の席では「ここだけの話」が出てくるものですが、楽しい話なら良いのですが、他人の陰口などはやめておきましょう。深刻な悩み相談もお酒の席には合いません。あの一角だけ深刻にひそひそ話をしている、なども端から見ると印象が良くないものです。

ここを守れば好感度アップ

逆にこれは守った方が良いというポイントには以下のようなものがあります。

お酌は両手で

飲み会では基本的にはお酌をしあうものです。特に上司や先輩にお酌をする場合、両手で瓶を持って丁寧にお酌をした方が良いでしょう。片手で持つとどうしても雑な印象になってしまいます。

きれいなお酌の仕方や飲み方を覚えておくことは、意外と役立ちます。

最後はきちんと挨拶を

飲み会の最後はきちんと上司や幹事に挨拶をしましょう。できれば会社で会ったときにもお礼を言っておくのがおすすめです。

もしも酔って失礼なことをしたかもしれない場合、お酒の席のことだからと流さず、次に会ったときに早めに謝罪しましょう。

幹事をまかされたらどうすればいい?

もしも幹事をまかされた場合、大変ですが上手く仕切れれば良い飲み会だったと皆の印象に残ることも可能です。とは言え、幹事は若手社員がまかされることも多く、慣れない人にとっては一苦労なものです。

お店を選ぶ

幹事は何はともあれ飲み会をする店を決めなければなりません。もともとあちこちに飲みに行っていたりグルメ情報をチェックするのが好きな人であれば楽しく選べるかもしれませんが、慣れない人はまずはどんな店が良いか情報収集から開始します。

お店選びの第一歩は、まずは参加者の好みを把握することです。とは言え全員の嗜好を満たすのは難しいですから、ここは上司の好みをまず基準にし、その上でどうしても駄目なものがある人に配慮するなどしてまとめていくと良いでしょう。

また参加人数と予算についてもまとめておきます。1人当たりいくらの予算にするのか、前の幹事経験者に聞いてみたり、会社からお金が出る場合は確認したりしましょう。支払い方法も確認しておくのが良いでしょう。

食事の傾向、参加人数、予算、だいたいの場所が決まったらお店をピックアップしていきます。インターネットの情報サイトを利用すればすぐにいくつか見つかるでしょう。口コミ情報が参照できるサイトもあり、参考にすると良いでしょう。

ただし口コミは正しいとは限らないので、できればお店に下見に行くのがおすすめです。会社からの移動時間や、店舗の雰囲気、メニューや価格などをチェックします。

予約をする

お店が絞れたら早めに予約を取りましょう。電話でも直接でも良いですが、日時、人数、予算を伝えて予約をします。メニューは予約時に決めるところと当日で良いところとがあります。

お店によってはメニューや予算について細かく対応してもらえるところもあります。また人数変更はいつまでに連絡すれば良いかなども確認しましょう。

ネットなどで団体予約のドタキャンが注目をときおり注目されています。ドタキャンはお店にとっても迷惑ですし食材も無駄になるので、絶対に避けなければなりません。

誤ってダブルブッキングにならないよう注意しましょう。自分は仮予約のつもりだったが店側は本予約のつもりだったということもあるので、この点も良く確認しましょう。

飲み会当日も幹事は気配りを

幹事の仕事は店の手配だけではありません。当日もあれこれ気を配る必要があります。飲み会当日は幹事は少し早めに到着して予約内容やメニューを確認しておきましょう。幹事の席は下手にして、お店の人のやり取りなどスムーズにできるようにしておきます。

最初のドリンクは勝手にオーダーせずに参加者ひとりひとりに確認してから、いよいよ飲み会のスタートです。気持ち良く酔っ払うのはすこし押さえて、全体の様子は気にかけておくようにします。

料理や飲み物の追加注文も必要ならば幹事がすすんで行いましょう。幹事はスタッフとか裏方であるという意識を忘れないようにします。

飲みニュケーションの日本文化

飲み会で仕事仲間との交流を深める、いわゆる「飲みニュケーション」は日本特有の文化と言われています。本音と建て前があり、仕事中はなかなか腹を割っての交流はし辛い日本人だからこそ、お酒の場で少し気持ちを緩め、コミュニケーションを取ることが重要なのかもしれません。

ただしこの飲みニュケーションも近年では疑問に思う人が増えています。特に若い人の間には、上司が気持ち良く酔うだけで下っ端は気をつかって楽しめない、説教や自慢話に付き合わされるだけという悪印象を持っている人も少なくありません。またそもそもお酒の力を借りてまで仲良くする意味があるのか?と考える人も多くなっています。

こうしたギャップを「若い者は付き合いが悪い」「年寄りはすぐ飲みに誘いたがる」と切り捨てるのは簡単ですが、それでは溝は埋まりません。お互いの価値観は尊重した上で、飲みに行くなら皆が楽しく飲める会にすることや、また飲み会に頼らないコミュニケーションをとるなど、歩み寄りが必要です。

アルコール・ハラスメント(アルハラ)の問題は注目されています。お酒を無理に飲ませて急性アルコール中毒にしてしまうなどは論外ですし、そこまでいかなくてもお酒の無理強いや、酔っ払っての迷惑行為、飲めない人への無神経な行為などがあると、飲み会は辛いものになってしまいます。

お酒の席を楽しいものにするよう参加者全員が意識して節度ある飲み会にすることが大切です。

飲み会でチャンスをつかめることも

会社の飲み会というと面倒くさいものというイメージになりつつありますが、逆に酒の席で上手く振る舞ってチャンスをつかんだという話もまだまだあります。

食事やお酒の席を通じて、同僚や上司との距離を縮めたり、また取引先との飲み会で気持ち良い時間を過ごしてビジネスの話も良い方向にまとまったということもあります。

お酒の席に参加することも仕事のひとつと割り切って、お酒のマナーを身につけて飲み会を乗り切ってはどうでしょうか。

CMや広告でも露出が多く、日本では知らない人はいないというほどの日本最大級の総合転職サイト。

マイナビエージェントは独占求人が多いため、他にはない求人が多く存在しています。

求人が多いのもそうですが、それに伴い非公開求人も多く存在しています。まず登録しておくと求人を探す幅が広がると言われている転職サイトです。

強み 年収アップ率
  • 中小企業の求人や、第二新卒向けの求人が多い
  • 登録者数が多く求人数も非常に多い
  • エージェントの質が高い
5つ星
求人数 こんな方におすすめ 対応地域
約 8,000件 総合 全国

btnエージェント詳細

btn公式へ

設立は2003年と比較的新しい会社ですが、今の時代に特化したIT業界・WEB業界の転職者を支える総合転職サイトです。

業界の認知度はとても高いのですが、一般的な認知度はまだまだといったところ。

しかし、求人数は他の転職サイトに引けをとらないほど多く、専門的な分野から選択することができます。

また、転職コンシェルジュの対応が早いためサクサクと転職活動を進められることができます。

強み 年収アップ率
  • 転職コンサルタントよりも上の転職コンシェルジュで求職者の転職を手厚くサポート
  • ワークポートから提供される個人サイトが使いやすく、転職活動を管理しやすい。
  • IT業界やWEB業界の独占求人が多く、企業や転職者には高評価
5つ星
求人数 こんな方におすすめ 対応地域
約 7,000件 IT系 / WEB系 / エンジニア 全国

btnエージェント詳細

btn公式へ

業界2位だけあって、バランスが良いと評判のDODA。エージェントのあたりハズレがあまりないとも言われています。
ただし、求人数が膨大なだけあって、その中には質の悪い求人も多数存在しているので自分で確実に選別する必要があります。

面接対策や、書類の添削に関しては高評価なので、転職する際には必ず登録しておいた方がいいサイトです。

強み 年収アップ率
  • 大手企業からベンチャー企業まで幅広い求人を探すことができる
  • 面接のテクニックや書類の書き方など、実践的な対策ができる
  • セミナーやイベントが多くモチベーションを高く維持できる
5つ星
求人数 こんな方におすすめ 対応地域
非公開求人含め 100,000件以上 総合 / 海外 全国 / 海外

btnエージェント詳細

btn公式へ