25歳で転職

25歳というと新卒から3年目、まだまだ若手社員と言える年代です。ですがこの年齢から転職を考える人も少なくありません。転職を希望する理由としては今の勤務先への不満や将来のキャリアを考えてだったり、結婚や妊娠などのライフイベントがきっかけだったり、さまざまなものがあります。

ただ、25歳での転職は早すぎると周りから言われることもあるでしょう。まだ経験も少ないことだしもう少し今の会社に勤め続けてみてはなどの意見をもらうことも多いものです。

その一方で、どうせ転職するならなるべく早い内にという意見もあります。特に新卒後3年以内は第二新卒と呼ばれ、採用においては新卒に近い形での扱いとなるので、この期間中に転職した方が良いとも言われます。

いろいろな意見がありますが、実際のところ、25歳前後での転職はどういったものなのでしょうか。ここでは25歳前後で転職を考える場合のいくつかのケースや押さえておきたいポイントについてお話しします。

25歳前後で転職を考える理由とは?

25歳という年齢は新卒で入社して3年目くらいであり、会社の業務にも慣れていろいろなことが見えてくる時期です。そのため今の仕事が本当に自分に向いているか、将来のキャリアプランをどうするかなどについて考えることも多くなります。

25歳前後で転職を考えるケースについて、いくつかのパターンを挙げてみます。

今の職場が辛い

転職を希望する理由として多いのが、今の職場で働き続けるのが辛いというものです。後ろ向きな理由ではありますが、現実問題として合わない職場に無理して勤め続けては心身を壊してしまいますし、ブラック企業のようなところもあります。どうしても耐えられないなら転職を考えるべきかもしれません。

学生時代に受験、課題、部活などで厳しい経験をしてきた人も多いと思います。それらは無償でやってきたことのため、社会人となって「お金をもらっているのだから辛いことにも耐えなければならない」と気負いすぎてしまうこともあります。

確かに給料をもらう仕事での責任は重いものですが、無理をして病気になるようでは何にもなりません。もちろん責任感があるのは良いことですが、どうしても合わなかったり職場のトラブルに巻き込まれるケースもあるので、辞めるのは悪いことではありません。転職という道があることは頭に入れておきましょう。

社会人だからこそ自分の心身を守るのは自分であるという心構えが大切です。

他にやりたい仕事がある

就職活動で志望した業種につけたとしても、その後に他にやりたいことが見つかる可能性があります。たとえば仕事をしていく中で、プロジェクトで協力したり勉強会に参加したりで知った別の分野の仕事が気になってくるかもしれません。

あるいは取引先でこの人の下で働きたいという人に出会うこともあるでしょう。別の仕事や他の会社の人などとの新たな出会いによって自分のやりたい仕事が見えてくることもあります。

またそもそも就活が上手くいかずに第一志望の職には就けなかったというケースもあるでしょう。とりあえず別の仕事で3年ほど働いてみたけれど、やはり第一志望の仕事があきらめられないので転職活動をして希望の職種を目指したいと思うかもしれません。

就職活動の時点ではわからなかったことも、社会人として経験を積むといろいろとわかってきます。そのため社会人3年目くらいで本当にやりたいことを見つけて転職にチャレンジしようと思うのも良くあることです。

25歳前後での転職について周囲の反応は?

転職は大きなことなので、なるべくなら周りと相談したほうが良いでしょう。同世代の人と情報交換することで自分の職場の良し悪しを客観的に知ることができ、転職するか今の職場で働き続けるかの参考になります。先輩や上司など年上の人に相談すれば経験者ならではのアドバイスを聞けるかもしれません。

ですがアドバイスは必ずしも正しいとは限りません。また人によって言うことが違って混乱してしまうこともあるでしょう。

ここでは25歳前後での転職への意見として良くあるものをまとめてみます。

反対されるケース

25歳前後での転職に対する反対意見として多いのは「早すぎる、もっと1か所で経験を積むべき」というものです。

25歳というと大学卒業後から3年ですから、社会人としては経験不足と見られやすいです。その時点で転職すると言うと「今の職場を見限るのは早いのでは?これから仕事が面白くなるのにもったいないのでは?」という意見をもらうことが多いでしょう。

どの職場であっても入社したてのときは下積み期間になります。仕事に直接関係あることを任されるより前に、その会社に慣れるためや社会人としての基礎を身につけるために雑用のような仕事を任されることもあります。

その期間を過ぎると基本的な仕事の進め方も身につきいろいろな仕事を任されるようになります。責任も重くなりますが、仕事が面白くなってくる時期でもあります。

それを知っている先輩や上司からすると25歳前後での転職は「ここから仕事が面白くなってくる時期なのにもったいない、自分にその仕事が向いているかの判断もこれからするべき」となるわけです。

自分では今の仕事は向いていないし面白くないと思っていたとしても、先輩や上司が経験から「この人には向いているはず」と判断した場合、上記のような理由で転職には反対されるでしょう。こういった場合はアドバイスに従って今の職場でもう少し働いてみたら本当に面白くなってくる可能性もあります。

逆に業界のトレンドなどが大きく変わっていたりなどで先輩や上司が経験した時代とは事情が違ってきている場合、アドバイスは役に立たないこともあります。また単純に自分は転職経験が無いので反対しているというケースもあります。

賛成されるケース

25歳前後での転職に賛成する意見としては「どうせ転職するのであれば早いほうが何かと有利」というものです。特に新卒での就職後約3年以内は「第二新卒」と呼ばれ、採用においては将来性を重視して新卒と近い扱いを受けます。特に未経験の業種へ転職する場合は第二新卒のうちが良いと言われるかもしれません。

このように早い時期での転職に賛成してくれる人の場合、自身が転職成功経験があったり、あるいは早めに転職しないで後悔した経験を持つことも多いです。

転職するのはいつでもできるかもしれませんが、それでも年を取るほど別の業種へのチャレンジが難しくなるのは確かです。転職市場においては年配の人は即戦力となるベテランとして求められることが多く、未経験の分野への転職は成功しにくくなります。

こうなってから若い内に踏み出しておかなかったことを後悔する人も多いのです。

第二新卒は、若手としての将来性が期待できる上に社会人としての基礎は身についているため、多くの企業が採用に積極的です。本当にやりたいことが見つかってチャレンジしたいのであれば、早めに転職活動を行うことも悪くありません。

25歳前後での転職を成功させるには

25歳程度であればまだまだ社会人としては経験が浅いと言えます。そのため採用において大きく有利になるような職歴があることもまれであり、だいたいは皆似たような条件での転職活動になります。

そのためこういう人が採用に絶対に有利!というものはほぼありませんが、成功のために押さえておきたいポイントはあります。

他人のケースが全部自分にあてはまるわけではない

転職するにあたっては周囲に相談することが多いでしょうし、その場合は前述のようにさまざまな意見をもらうでしょう。他人と意見のやり取りをすることで新たな情報を得たり自分の状況を客観的に見直したりできて、自分の気持ちも整理できるかもしれません。

ですがここで忘れてはならないのは、たとえ似たような状況であっても他人はあくまで他人であり、他の人のケースが全部自分にあてはまるわけではないということです。他の人が自分と似たような状況で転職に成功したあるいは失敗したからといって、自分もまったく同じになるわけではありません。

また周囲の状況は同じようなものだったとしても、転職に求めるものが違うということもあります。たとえば○○さんは転職において収入は下がったものの他の条件をトータルで考えると転職は成功だったと考えていても、自分の場合は収入が下がると困るということもあります。

自分と似たような状況にある他人の意見は参考になるものですが、すべてを鵜呑みにしないことが大切です。ましてや「あの人が言うからこうした」のように責任を押しつけてはいけません。

自分の目的をはっきりさせる

転職するにあたっては何らかの理由があるわけですが、ただ漠然と今の職場を辞めたいというだけでは上手くいきません。もちろん今の職場が辛くて辞めるのは良いのですが、転職にあたっては何をどうしたいのかを明確にする必要があります。

つまり転職することで何の改善を求めているのか、収入アップか労働時間の短縮か職場の雰囲気かなど目的をはっきりさせることが大切です。もちろん目的はひとつだけにこだわるものではなく、いくつかのバランスも大切です。

何が目的かやその優先順位を明確にしておかないと、転職が不本意な結果に終わることもあります。たとえば収入を増やすことが第一の目的だったとしても、労働時間などの他の条件もはっきりさせておくべきです。そうすれば収入が増える代わりに業務がきつくなる転職先があった場合、目指すべきかどうかが明確になります。

自分の求めるものが明確であれば、たとえば収入は下がるものの自分の時間は増えるなどの転職先をどう判断するかなどの基準がはっきりします。

目的を見失わず転職にチャレンジしよう

以上、25歳前後での転職についてお話ししました。25歳で転職したいと思ってもまだ早いかどうか考えている内にタイミングを失ってしまうこともあります。苦労して入った職場であれば簡単に離れてしまって良いものか考えてしまうものでしょう。

年配者の転職にくらべ、若いうち、特に第二新卒の期間であれば転職のリスクは低いと言われています。それでもやはり転職活動は大変なものであり、人生の大きな転換点となります。深く悩むことも多いでしょう。

転職するべきかや転職活動が成功するかどうかはふたを開けてみなければ分からないものがあります。大切なのは転職活動がどうなるにせよ後悔しないように準備しておくことです。

そのためには、周囲に相談したり情報を集めたりして、自分の状況をまとめ目的を明確にすることが重要です。もしも相談する相手がいなければ転職エージェントに相談する方法もあります。

もちろんアドバイスはあくまで参考であり、最終的に決めるのは自分です。自分の目的を見失わずに転職活動をすすめられれば後悔しない選択ができるでしょう。

CMや広告でも露出が多く、日本では知らない人はいないというほどの日本最大級の総合転職サイト。

マイナビエージェントは独占求人が多いため、他にはない求人が多く存在しています。

求人が多いのもそうですが、それに伴い非公開求人も多く存在しています。まず登録しておくと求人を探す幅が広がると言われている転職サイトです。

強み 年収アップ率
  • 中小企業の求人や、第二新卒向けの求人が多い
  • 登録者数が多く求人数も非常に多い
  • エージェントの質が高い
5つ星
求人数 こんな方におすすめ 対応地域
約 8,000件 総合 全国

btnエージェント詳細

btn公式へ

設立は2003年と比較的新しい会社ですが、今の時代に特化したIT業界・WEB業界の転職者を支える総合転職サイトです。

業界の認知度はとても高いのですが、一般的な認知度はまだまだといったところ。

しかし、求人数は他の転職サイトに引けをとらないほど多く、専門的な分野から選択することができます。

また、転職コンシェルジュの対応が早いためサクサクと転職活動を進められることができます。

強み 年収アップ率
  • 転職コンサルタントよりも上の転職コンシェルジュで求職者の転職を手厚くサポート
  • ワークポートから提供される個人サイトが使いやすく、転職活動を管理しやすい。
  • IT業界やWEB業界の独占求人が多く、企業や転職者には高評価
5つ星
求人数 こんな方におすすめ 対応地域
約 7,000件 IT系 / WEB系 / エンジニア 全国

btnエージェント詳細

btn公式へ

業界2位だけあって、バランスが良いと評判のDODA。エージェントのあたりハズレがあまりないとも言われています。
ただし、求人数が膨大なだけあって、その中には質の悪い求人も多数存在しているので自分で確実に選別する必要があります。

面接対策や、書類の添削に関しては高評価なので、転職する際には必ず登録しておいた方がいいサイトです。

強み 年収アップ率
  • 大手企業からベンチャー企業まで幅広い求人を探すことができる
  • 面接のテクニックや書類の書き方など、実践的な対策ができる
  • セミナーやイベントが多くモチベーションを高く維持できる
5つ星
求人数 こんな方におすすめ 対応地域
非公開求人含め 100,000件以上 総合 / 海外 全国 / 海外

btnエージェント詳細

btn公式へ