将来を見据えて契約社員から正社員になるためにはどうしたらいい!?

派遣や契約社員、アルバイトなど就労の形態が多様化する現代では、正社員への転職が難しくなっています。しかし、正社員と契約社員は勤務時間が同等である場合が多いにもかかわらずその待遇には大きな格差が生じているのが現状です。

ここでは正社員と契約社員の待遇の違いについてご紹介していきます。併せて契約社員から正社員になるため方法についても触れていきましょう。

今は契約社員ではよくとも将来設計を考えると正社員としての就業の方が有利に感じられるかと思います。今後の自分社会人人生を見据えて、正社員を目指すべきかどうかを考える際の参考にしてみて下さい。

正社員と契約社員の大きな違い

正社員と契約社員の最も大きな違いはその雇用契約期間です。正社員の場合には「期間の定めのない雇用」であり、定年まで雇用されることを前提に雇用契約が締結されています。

一方で契約社員は雇用契約期間が決まっています。更新される場合もありますが、されたとしても定年まで雇用されるかどうかの保証はありません。また、更新されない場合も当然ありますので、雇用契約が終了したらまた新しい就職先を探さなければなりません。

正社員と契約社員の待遇の違い

雇用期間だけではなく、社内の待遇においても正社員とそれ以外では待遇の差に大きな違いがあることが多いです。例えば以下のような内容が挙げられます。

  • 退職金の扱い
  • ボーナスや昇給の有無
  • 福利厚生の待遇の違い

頑張れば昇給やボーナスに反映されるという希望が持てない場合も多く、仕事のモチベーションにも影響してしてきます。

正社員と契約社員の仕事上の取り扱いの違い

正社員と契約社員では仕事を進めていく中でも違いがあります。主な違いの例は以下の通りです。

  • 出世への希望が持てない
  • 社内のシステムのアクセス権に制限が出る場合がある
  • 責任のある仕事を任せてもらえない
  • 年下の正社員から指図を受ける場合がある
  • 正社員より仕事ができても収入へ反映されない

正社員への社員登用の道はあるのか?

契約社員でも正社員より仕事ができたり、それなりのスキルがあれば正社員として雇用されたいところですね。

しかし、どんなに仕事ができても、上司の評価が高くても契約社員が正社員に登用されるのは簡単なことではありません。

正社員として雇用するということは会社にとって長期的な固定費を抱えることにもなるので現場の判断だけで決められるものではないのです。

会社側は年齢構成や将来的な視野で計画的に採用人数を決めています。現場で優秀だからといって簡単には正社員に登用できません。

契約社員が正社員になるための方法

契約社員が正社員になるためには正社員としての募集の仕事に転職するのが確実な方法です。しかしそれは正社員としての職歴がなければ実際には難しい場合が多いです。

それでも求人の中には正社員への登用を前提とした契約社員の求人があります。

また、何年後という確約はなくとも「社員登用制度あり」ということをわざわざ求人情報で明記している会社もあります。契約社員が正社員になるためにはこのよう求人に応募するのが効率が良く、確実性が高いです。

社員登用の可能性がある求人はどのように探す?

初めは契約社員としての採用であっても、数年後に正社員に登用される可能性がある求人を見つけるためには転職エージェントを利用するのが一番確実な方法でしょう。

転職エージェントでは非公開の優良求人を多数扱っていますし、中には契約社員の求人も多数あります。数が多いだけに正社員への門戸が開かれている求人に巡り合えるチャンスも多いです。

更に転職エージェントの場合は求人企業との信頼関係もありますので、ある程度見込みのある人でなければ求人の紹介は行いません。それだけに転職エージェントから紹介される求人は自分の経歴やスキルと、求人企業側のニーズが比較的マッチしているということになります。

自分で転職サイトで企業検索をして転職活動を進めるよりは転職エージェントを利用したほうが正社員になれる近道になります。

まとめ

契約社員と正社員では以下のような大きな違いがあります。

  • 雇用される期間の違い
  • 昇給やボーナスなどの待遇の違い
  • 昇格や出世のチャンスの違い
  • 仕事内容の責任の重さや期待度の違い

契約社員でずっといても次の職場を数年おきに探さなければならなかったり、雇用状況が安定しません。また、待遇や仕事上の扱いの違いにより仕事へのモチベーションが下がってしまうことが多いです。

今後の長い社会人人生の中で快適に就業していくためにも正社員としての雇用を目指すには以下のような方法があります。

  • 今の会社で正社員に登用してもらう
  • 正社員として他社に転職する
  • 正社員への登用を前提としている求人に転職する

これまでが派遣や契約社員としての経歴しかない場合には上記2件は難しいですが、3件目ならばチャンスがあります。そのためには正社員への登用を前提としている貴重な求人案件に巡り合うために転職エージェントを利用すると良いでしょう。

転職エージェントでは多数の非公開求人を取り扱っていますし、これまでの経歴や持っているスキルに合った求人案件が紹介されるので成功率が高くなります。

CMや広告でも露出が多く、日本では知らない人はいないというほどの日本最大級の総合転職サイト。

マイナビエージェントは独占求人が多いため、他にはない求人が多く存在しています。

求人が多いのもそうですが、それに伴い非公開求人も多く存在しています。まず登録しておくと求人を探す幅が広がると言われている転職サイトです。

強み 年収アップ率
  • 中小企業の求人や、第二新卒向けの求人が多い
  • 登録者数が多く求人数も非常に多い
  • エージェントの質が高い
5つ星
求人数 こんな方におすすめ 対応地域
約 8,000件 総合 全国

btnエージェント詳細

btn公式へ

設立は2003年と比較的新しい会社ですが、今の時代に特化したIT業界・WEB業界の転職者を支える総合転職サイトです。

業界の認知度はとても高いのですが、一般的な認知度はまだまだといったところ。

しかし、求人数は他の転職サイトに引けをとらないほど多く、専門的な分野から選択することができます。

また、転職コンシェルジュの対応が早いためサクサクと転職活動を進められることができます。

強み 年収アップ率
  • 転職コンサルタントよりも上の転職コンシェルジュで求職者の転職を手厚くサポート
  • ワークポートから提供される個人サイトが使いやすく、転職活動を管理しやすい。
  • IT業界やWEB業界の独占求人が多く、企業や転職者には高評価
5つ星
求人数 こんな方におすすめ 対応地域
約 7,000件 IT系 / WEB系 / エンジニア 全国

btnエージェント詳細

btn公式へ

業界2位だけあって、バランスが良いと評判のDODA。エージェントのあたりハズレがあまりないとも言われています。
ただし、求人数が膨大なだけあって、その中には質の悪い求人も多数存在しているので自分で確実に選別する必要があります。

面接対策や、書類の添削に関しては高評価なので、転職する際には必ず登録しておいた方がいいサイトです。

強み 年収アップ率
  • 大手企業からベンチャー企業まで幅広い求人を探すことができる
  • 面接のテクニックや書類の書き方など、実践的な対策ができる
  • セミナーやイベントが多くモチベーションを高く維持できる
5つ星
求人数 こんな方におすすめ 対応地域
非公開求人含め 100,000件以上 総合 / 海外 全国 / 海外

btnエージェント詳細

btn公式へ