企業のニーズを知って正社員転職での賢い研修期間の過ごし方を学ぼう!

正社員として会社に入社した際に研修期間や試用期間が設けらている場合があります。通常はどのくらいが研修期間や試用期間の目安になるのでしょうか。

せっかく正社員として転職した会社でクビになることがないよう、この時期の賢い過ごし方についてもご紹介していきましょう。

研修期間や試用期間はどのくらい?

研修期間や試用期間は会社によって設定は様々です。特に新卒採用の場合などは研修期間が長く、1カ月から長くて半年ぐらいある場合もあります。

中途採用の場合は即戦力として採用されている場合が多く、特に研修期間がなく入社初日から配属現場に配置されることも多いはずです。

しかし、その場合も試用期間が設けられている場合がありますね。この期間も会社によりますが1カ月から3カ月くらいの期間が目安でしょう。試用期間だけ賃金が低い、という場合もありますね。

研修期間や試用期間にクビになることは起こりうるのか?

これらの期間でクビになることはあるのでしょうか。労働基準法では試用期間中であっても14日以上使用されていれば次のいずれかの手続きが必要となります。

  • 30日前までに解雇予告をする
  • 30日分以上の解雇予告手当を払う

つまりは研修期間であっても働いて14日以上働いていれば、解雇予告手当を払わない限り即日クビにすることは会社側にはできないのです。

また、研修期間終了後に本採用されないということを言い渡されても上記の手続きを取らなければなりません。解雇予告もなくクビになった場合などは労働期基準監督署に相談をしてみましょう。

また、上記の解雇予告を行っても解雇をするためには社会通念上相当である理由が必要となっています。故意の犯罪行為を犯した、業務を遂行できないと客観的に認められる理由がある場合でない限りは簡単には会社側もクビにはできません。

研修期間や試用期間でも保険の加入対象

研修期間だからという理由で雇用保険や社会保険が未加入にしている会社も実際にあります。しかし、以下に当てはまる場合には雇用保険の加入条件を満たしています。

  • 週の所定労働時間が20時間以上
  • 31日以上継続して雇用される見込みがある
  • 雇用保険の適用事業所である

これらの条件にあてはまるのに雇用保険への加入手続きがされない場合にはハローワークに相談に行ってみましょう。常時5人未満の個人経営の農林水産産業以外は雇用保険の適用事業所となります。

また、社会保険(健康保険・厚生年金)についても正社員としての期間の定めのない採用であれば加入手続きがされるべきです。

期間の定めのない正社員の雇用の場合に、試用期間中だから加入を先延ばしにしてよいという法律はありませんのでよく覚えておきましょう。

ただし、個人経営で常時従業員5人未満の農林水産業やサービス業などは社会保険の強制適用事業ではないので加入できなくても仕方がない場合もあります。

賢い研修期間の過ごし方

研修期間中に何かあっても簡単にクビにはならない、としてもせっかく正社員として採用された会社なのですから心地よく働いていきたいところですね。

そのためにも働いて初めの期間である研修期間にできるだけ周りに好印象を与えた方が良いです。そのポイントは以下の通りです。

  • 周りよりも経験値が高く、高度なスキルをもっていても謙虚に振舞う
  • 年下の先輩にも丁寧に接し、決して指導口調にならない
  • 会社ごとに方針が異なることを知り、会社の方針の違いに口を出さない

中途採用でありがちなのは新しい会社のやり方に戸惑いを感じ、そのやり方を受け入れられないことです。特に初めての転職の場合には前の会社では悪いと言われていたことが平気で横行しているのをみると黙っていられないかもしれません。

ついに「それは効率が悪くなる」とか「前の会社で・・・」などと言ってしまいますが、そんなことを言っても転職先の会話の人には煙たがられるのが関の山です。

とりあえずしばらくは、自分の意図する方針と違っても文句を言わないようにしましょう。長く働き続けることで、この会社にはこのやり方が合っていると気付く場合もあります。入社してすぐの段階でまわりに悪い印象をわざわざ与えることはありません。

研修期間は謙虚に振舞うようにしましょう。研修内容で知っていることがあっても、真剣に取り組む様子を見せた方が賢明ですし、自分ではわかっていると思っている知識にも新たな発見があるかもしれません。

特に企業側が中途採用者に求める以下のニーズを参考にしてください。

  • 細かいことを教えなくとも経験から、すぐに現場で必要なことを理解してくれる
  • 向上心があり、新しいことを学ぼうとする意欲が見られる
  • 新しい会社のやり方を取り込める柔軟性がある
  • 周りの社員にすんなり馴染んでくれる
  • 後輩社員にも丁寧に接し、上司ともうまくやっていける

このような印象を研修期間で与えられることを意識しましょう。

研修期間を大切に過ごそう

周りに同期が少ない中途採用の場合は初めは周りに好印象を与えて味方を作っていくことで、今後働きやすい職場で働けるかどうかが決まってきます。

研修期間でも法律上むやみに解雇はできませんが、謙虚に振舞い、問題なく研修期間を過ごすことに専念しましょう。

また、雇用保険、社会保険が加入条件に該当するのに加入できない場合は相談をしてみて下さい。事業側が正しい知識を把握していない場合もあります。

CMや広告でも露出が多く、日本では知らない人はいないというほどの日本最大級の総合転職サイト。

マイナビエージェントは独占求人が多いため、他にはない求人が多く存在しています。

求人が多いのもそうですが、それに伴い非公開求人も多く存在しています。まず登録しておくと求人を探す幅が広がると言われている転職サイトです。

強み 年収アップ率
  • 中小企業の求人や、第二新卒向けの求人が多い
  • 登録者数が多く求人数も非常に多い
  • エージェントの質が高い
5つ星
求人数 こんな方におすすめ 対応地域
約 8,000件 総合 全国

btnエージェント詳細

btn公式へ

設立は2003年と比較的新しい会社ですが、今の時代に特化したIT業界・WEB業界の転職者を支える総合転職サイトです。

業界の認知度はとても高いのですが、一般的な認知度はまだまだといったところ。

しかし、求人数は他の転職サイトに引けをとらないほど多く、専門的な分野から選択することができます。

また、転職コンシェルジュの対応が早いためサクサクと転職活動を進められることができます。

強み 年収アップ率
  • 転職コンサルタントよりも上の転職コンシェルジュで求職者の転職を手厚くサポート
  • ワークポートから提供される個人サイトが使いやすく、転職活動を管理しやすい。
  • IT業界やWEB業界の独占求人が多く、企業や転職者には高評価
5つ星
求人数 こんな方におすすめ 対応地域
約 7,000件 IT系 / WEB系 / エンジニア 全国

btnエージェント詳細

btn公式へ

業界2位だけあって、バランスが良いと評判のDODA。エージェントのあたりハズレがあまりないとも言われています。
ただし、求人数が膨大なだけあって、その中には質の悪い求人も多数存在しているので自分で確実に選別する必要があります。

面接対策や、書類の添削に関しては高評価なので、転職する際には必ず登録しておいた方がいいサイトです。

強み 年収アップ率
  • 大手企業からベンチャー企業まで幅広い求人を探すことができる
  • 面接のテクニックや書類の書き方など、実践的な対策ができる
  • セミナーやイベントが多くモチベーションを高く維持できる
5つ星
求人数 こんな方におすすめ 対応地域
非公開求人含め 100,000件以上 総合 / 海外 全国 / 海外

btnエージェント詳細

btn公式へ