ダメな既卒者にならないようにセルフチェックをしよう

既卒者として就活をしていると、新卒者よりもなかなか内定が取れないと感じることも多いでしょう。しかし、それは既卒という区分だけではなく、本人に問題がある場合があります。

特に正社員の求人の場合は企業側が求める基準も高く、すぐに「ダメな既卒者」の烙印を押されてしまうかもしれません。

既卒で正社員への就職を目指している人は採用側に「ダメな既卒者」というイメージを持たれないようにセルフチェックの参考にしてみて下さい。

就職活動に真剣に取り組んでいない

既卒という状態で就活をしているということは、学生時代に真剣に就職活動に取り組んでいなかったというイメージを持たれがちです。

実際にセミナーや面接、連絡のやり取りのマナーがなっていなかったり、面接での受け答えがしっかりできないと就活をきちんとやってきたようには会社側には思えないものです。

特に自己アピールがマニュアル通りだったり、さほど時間をかけずに用意したものであれば、数多くの学生を見てきている採用担当者には就活に真剣に取り組んでないとみなされるでしょう。

面接では新卒時代の就職活動についても質問されるかもしれません。そんな時はできるだけ企業側が納得いくような理由を答えたいものですね。例えば以下のような理由です。

  • 大学院に進むつもりだったが、家庭の事情で急遽卒業して働くことになった
  • 留学や資格取得などに時間を割いており、就活の開始が遅れた
  • 芸能関係などの他の夢を追っていたが、あきらめて就職することにした

これらは理由が本当であり、それぞれの過程を経た中で今は真剣に働きたいと思っていることが通じれば既卒でも働く熱意があるとみなされる場合もあります。

一方でそれを理由に就活をしなかったと言い訳のように使用したり、明らかなを嘘を言うようであればかえって印象は悪くなります。

既卒の理由を話す際には、正直に話し、今は自分なりのキャリアプランを持ってこれから真摯に働いていきたいと思っていることを伝えるようにして下さい。

採用されればどこでも良いと思っている

既卒での就活がうまくいかないばかりに、正社員になれるならどこの会社でもいいという気持ちにはなっていませんか?そのようないい加減な気持ちは採用担当者に伝わるものです。

「どんな仕事でもやります」「なんでも頑張ります」というようないい加減な答え方はしないようにして下さい。きちんとその会社のことや仕事内容を詳しく調べた上で、明確な志望動機を答えるようにしましょう。

どこでもいいから採用されたいというようないい加減な気持ちで就職されても、長くは続かないと採用側は思ってしまいます。働くことにを真剣に考えたからこそ、この会社を志望したということを明確に面接で話せるようにしましょう。

志望動機が曖昧

面接ではどこの会社でも大抵、自己PRや志望動機を聞きます。その場合になぜその会社で働きたいのか、なぜその仕事をしたいのかをきちんと話せるようにして下さい。

マニュアル通りの回答しか答えられない場合には、本当に志望しているのかどうかが会社に伝わりません。

特に正社員として採用されたいからという気持ちだけが伝わることがないようにして下さい。

それが本音であってもそれ以外の理由をみつけて面接で志望動機を話せるようにしましょう。以下のような志望動機を話さないように気を付けて下さい。

  • 既卒を募集していたから
  • 既卒でも正社員として雇ってくれる求人だったから
  • 自分にもできそうな楽な仕事だと思ったから
  • 大手企業だから
  • 安定した職業に就きたいから

これでは他の会社の正社員の募集でも使えるような内容ですね。あくまでも会社の事業内容や応募の仕事内容をメインにしたアプローチで志望動機を話すようにして下さい。

業界研究や企業研究ができていない

面接を受ける前にきちんと業界研究や企業研究はできていますか?これは新卒採用でも必要とされる就活の基本です。

その業界ではどんな仕事内容があるのか、自分が採用されると実際にどんな仕事に就くのか、その会社の特徴や強みは何か、などきちんと下調べをしてから選考を受けて下さい。

面接で質問をされたときにどれだけ会社に関心を持って事前に調べたのか、わかってしまうものです。いい加減な気持ちで受けたことが伝わると決して採用されることはないでしょう。

業界研究や企業研究は何をやったら良いのかわからない場合には、会社のホームページなどで事業内容や募集職種の仕事内容を詳しく見てみましょう。

そして、この会社のこんな仕事に関わりたいという具体的なイメージを持って面接に臨んでください。

就活には十分な準備をしてから始めよう

ダメな既卒というのは一言で言うと、十分な準備をせずに就活を行っている人のことです。既卒である以上、新卒より採用内定への道が厳しくなっているのは事実です。新卒を凌ぐほどの、明確なアピールポイントや志望動機がないと高評価は得られないでしょう。

就活を始める前に希望の業界について良く調べ、自分の希望の仕事内容についても企業の情報ページなどから多くの情報を得た上で、本心から働いてみたいと思える会社を受けましょう。付け焼刃の対応では採用担当者に見抜かれてしまいます。

既卒者でも正社員として採用されることは可能なのですから、自分の良さを最大限に伝えるためにも十分な準備をして面接で好印象を与えましょう。

CMや広告でも露出が多く、日本では知らない人はいないというほどの日本最大級の総合転職サイト。

マイナビエージェントは独占求人が多いため、他にはない求人が多く存在しています。

求人が多いのもそうですが、それに伴い非公開求人も多く存在しています。まず登録しておくと求人を探す幅が広がると言われている転職サイトです。

強み 年収アップ率
  • 中小企業の求人や、第二新卒向けの求人が多い
  • 登録者数が多く求人数も非常に多い
  • エージェントの質が高い
5つ星
求人数 こんな方におすすめ 対応地域
約 8,000件 総合 全国

btnエージェント詳細

btn公式へ

設立は2003年と比較的新しい会社ですが、今の時代に特化したIT業界・WEB業界の転職者を支える総合転職サイトです。

業界の認知度はとても高いのですが、一般的な認知度はまだまだといったところ。

しかし、求人数は他の転職サイトに引けをとらないほど多く、専門的な分野から選択することができます。

また、転職コンシェルジュの対応が早いためサクサクと転職活動を進められることができます。

強み 年収アップ率
  • 転職コンサルタントよりも上の転職コンシェルジュで求職者の転職を手厚くサポート
  • ワークポートから提供される個人サイトが使いやすく、転職活動を管理しやすい。
  • IT業界やWEB業界の独占求人が多く、企業や転職者には高評価
5つ星
求人数 こんな方におすすめ 対応地域
約 7,000件 IT系 / WEB系 / エンジニア 全国

btnエージェント詳細

btn公式へ

業界2位だけあって、バランスが良いと評判のDODA。エージェントのあたりハズレがあまりないとも言われています。
ただし、求人数が膨大なだけあって、その中には質の悪い求人も多数存在しているので自分で確実に選別する必要があります。

面接対策や、書類の添削に関しては高評価なので、転職する際には必ず登録しておいた方がいいサイトです。

強み 年収アップ率
  • 大手企業からベンチャー企業まで幅広い求人を探すことができる
  • 面接のテクニックや書類の書き方など、実践的な対策ができる
  • セミナーやイベントが多くモチベーションを高く維持できる
5つ星
求人数 こんな方におすすめ 対応地域
非公開求人含め 100,000件以上 総合 / 海外 全国 / 海外

btnエージェント詳細

btn公式へ