働き方改革

近年ではブラック企業がメディアに取り上げられるなど、苛酷な労働環境の問題が目に付くようになりました。また少子高齢化が進み、労働力人口はこれから減少していくと見られ、このままでは労働者ひとりひとりへかかる負担が増加するばかりです。

そんな中、平成28年に安倍首相は「働き方改革」を提唱しました。そして「働き方改革実行計画」が平成29年3月28日にまとめられました。働き方改革では、労働制度を改革し生産性を向上することを目指しています。

働き方改革により残業が規制されるなどのニュースは多くの人が耳にしていると思います。しかし、その全体像や具体的に何が行われているのかなどについて、詳しく知らないという人も多いのではないでしょうか。

ここでは働き方改革について具体的な例も交えて説明していきます。

働き方改革とは具体的にどんなもの?

働き方改革は日本経済の再生に向けて労働力を増やす取り組みです。一億総活躍社会を目指すというものとなります。さらに多くの人が働きやすい環境を作り、労働人口を増やして生産性を向上させ、労働者を守るというものです。具体的には以下のような課題を実施していきます。

  • 正規雇用と非正規雇用の不合理な差の解消
  • 賃金引き上げと生産性向上
  • 長時間労働の是正
  • 柔軟な働き方がしやすい環境整備
  • 非正規雇用の格差を無くして賃金を上げ、残業を規制する長時間労働を是正することで、さまざまな働き方がしやすくなります。それにより労働者が守られ、子育てや介護中の人、高齢者などでも働きやすくなるのです。

    また日本は労働時間が長く、過労死や自殺につながることがあります。しかし長時間労働にも関わらず、ほかの国と比べると生産性が低い傾向にあります。そのため労働時間の是正による生産性の向上は、特に注目されているポイントでしょう。

    実際の企業ではどんな改革が行われている?

    実際の企業では働き方改革としてどのようなことを行っているのでしょうか。

    長時間労働の是正および柔軟な働き方をしやすい環境を整えた例として、リモートワークを導入しています。また朝型勤務を推進して、生産性を向上させたケースがあります。

    リモートワークの導入例

    住友商事グループのSCSK株式会社では、リモートワークを導入しています。2013年から在宅勤務制度を拡充し、2015年に「どこでもWORK」という名称で、週に1回程度の在宅/サテライト勤務やフレキシブルオフィスの導入などをすすめています。ITインフラの整備などで、固定されたオフィスの自席でなくても十分に働きやすくなっています。

    またSCSKでは「スマートワーク・チャレンジ」の働き方改革に先だって、働く環境の改善に取り組みをしています。有給消化や残業時間の減少をすすめ、残業手当を固定にすることでダラダラと残業をして生産性を下げてしまうことを防いでいます。

    リクルートヒールディングスではリモートワークを導入

    リクルートホールディングスでも、2015年に自宅やカフェなどで仕事を行うリモートワークの推進を行いました。リクルートではもともと、育児中や介護中の人の在宅勤務を認めていました。しかし、その制度を利用する人はあまり多くはありませんでした。その理由として利用者が少ないため、自分ひとりのためにテレビ会議や資料の送付を頼むのは申し訳ないという空気が生まれている状況だったのです。そこでオフィスに出社する人を少なくするという仕組みを導入しました。リモートワークを導入し、オフィスには週に1~2回しか出社してはならない形にしたのです。

    こういった取り組みにより多くの人が自分の都合にあわせて働きやすくなり、また実際に残業時間の減少という成果をあげています。

    朝型勤務の導入例

    伊藤忠商事では夜型の残業体質から朝、型勤務に改革を行って生産性を向上させました。以前はフレックス制度を取っており、コアタイムが10時~15時でした。そのため10時に出社し深夜まで残業を行う社員が一般的だったのです。

    このフレックス制を廃止して、就業時間を9時からと固定しました。そして深夜残業も規制を設け、深夜残業は完全廃止、20時~22時の残業も原則禁止としました。さらに早朝出社をうながすため5~8時の間に出社した社員は、深夜残業手当と同等の手当を出す、無料の軽食を用意するなどの制度を導入したようです。すると4割以上の社員が8時前に出社するようになりました。

    結果、伊藤忠商事では時間外勤務や残業が減りました。単に深夜の残業が朝に移動するだけでは?と思われますが、時間外勤務が減ることで光熱費なども減少、経費が大幅に削減されたのです。また夜の接待も減りました。

    商社というと接待のイメージがあります。現在は夜遅くまでの接待は取引先としても疲れてしまい、嬉しくないとの考えが浸透しつつあるのです。そこで思い切って夜の仕事量を減らすことが、無駄な接待の削減にもつながったというわけでしょう。

    働き方改革の本質とは?

    働き方改革というと、時間外勤務を減らし有給を消化できるようにするものと考えている人も多いでしょう。とにかく労働時間を減らすことこそ働き方改革だというイメージがあるのではないでしょうか。しかし実際のところ、働き方改革の本質とは労働時間の削減ではなく、生産性の向上にこそあると言えます。

    単純に労働時間を減らすだけではない

    働き方改革は単純に労働時間を減らすものではありません。もちろん長時間労働は是正されるべきです。しかし仕事量を減らして勤務時間を短くするだけでは競争に打ち勝てず、会社がつぶれてしまいます。そこで仕事量は減らさず、勤務時間を減らすことこそが働き方改革の肝心な点です。

    重要なのは生産性の向上

    働き方改革で成果をあげているケースでは、残業時間を削減したり有給消化率を向上させたりしています。その多くは、仕事量は減らしていません。生産性を向上させることで労働時間を減らしつつ、成果は同等以上のレベルを保てるのです。

    たとえば前述の伊藤忠商事の例をあげましょう。伊東忠商事は深夜残業を禁止し、早朝勤務を推奨することで時間外勤務が減りました。仕事量は変わりませんが、疲労が溜まった夜に残業をするよりも朝に集中して仕事をすることで生産性が向上したのです。

    生産性向上のためには意識の改革が重要

    生産性を向上させるに会社の制度変更など合わせ、労働者ひとりひとりの意識改革も大切です。

    リクルートの例
    例えばリクルートやSCSKの例ではリモートワークを推進でオフィスで働くという意識が変わり、多くの人が自分の都合に合わせて働きやすくなりました。

    また残業手当を固定にすることで、残業するほど得という意識から、手早く仕事を終わらせる方が得であるという意識に変わりました。その結果生産性が向上しているのです。

    残業削減や有休消化というところにクローズアップすると、働き方改革は「いかに休むか」というも印象を受けます。実際のところは「いかに効率良く働くか」が重要なのです。

    生産性が向上しその結果として早く帰ることができる、つまり生産性を高める働き方を目指して意識を改革することこそが働き方改革の本質です。

    経営者と労働者の両輪で改革を進める意識を持とう

    働き方改革は、経営者が新しい制度を導入して、取り組もうとしても労働環境は改善されません。そこで大切なのは、労働者も積極的に改革を進める意識を持つことと言えるでしょう。まずは経営者・労働者共に取り組んでいかなければ働き方改革は実現しません

    労働者が守られるためには、労働時間を減らせと一方的に要求するだけではうまくいかないでしょう。経営側と労働者側の両方にとって良い結果となる改革こそ、双方が積極的になれるのです。

    労働者は「ただ休みたい・楽したい」という気持ちだけでなく、「生産性を上げる取り組みで労働時間を減らしたい・こういう働き方をしたい」というビジョンを持つことが大切です。そして、それを発信することにより柔軟な働き方ができる環境作りにもつながるのです。

    ひとりひとりが働き方を考え生産性を向上させよう

    働き方改革では長時間労働の是正や、柔軟な働き方ができる環境作りに取り組みっを行い、多くの人が働ける社会を目指しています。そのために大切なことは、生産性の向上による労働時間の短縮です。ただ単に労働時間を減らすだけでは、企業側にメリットがないため積極的には取り組めません。まずは経営側と労働者の双方が生産性の向上について意識する必要があります。

    労働者ひとりひとりが生産性を向上させることで、残業を減らすことを目指し、ワークライフバランスのためにはどんな働き方が理想かなどを考えることが、働き方改革のためには大切なのです。

    CMや広告でも露出が多く、日本では知らない人はいないというほどの日本最大級の総合転職サイト。

    マイナビエージェントは独占求人が多いため、他にはない求人が多く存在しています。

    求人が多いのもそうですが、それに伴い非公開求人も多く存在しています。まず登録しておくと求人を探す幅が広がると言われている転職サイトです。

    強み 年収アップ率
    • 中小企業の求人や、第二新卒向けの求人が多い
    • 登録者数が多く求人数も非常に多い
    • エージェントの質が高い
    5つ星
    求人数 こんな方におすすめ 対応地域
    約 8,000件 総合 全国

    btnエージェント詳細

    btn公式へ

    設立は2003年と比較的新しい会社ですが、今の時代に特化したIT業界・WEB業界の転職者を支える総合転職サイトです。

    業界の認知度はとても高いのですが、一般的な認知度はまだまだといったところ。

    しかし、求人数は他の転職サイトに引けをとらないほど多く、専門的な分野から選択することができます。

    また、転職コンシェルジュの対応が早いためサクサクと転職活動を進められることができます。

    強み 年収アップ率
    • 転職コンサルタントよりも上の転職コンシェルジュで求職者の転職を手厚くサポート
    • ワークポートから提供される個人サイトが使いやすく、転職活動を管理しやすい。
    • IT業界やWEB業界の独占求人が多く、企業や転職者には高評価
    5つ星
    求人数 こんな方におすすめ 対応地域
    約 7,000件 IT系 / WEB系 / エンジニア 全国

    btnエージェント詳細

    btn公式へ

    業界2位だけあって、バランスが良いと評判のDODA。エージェントのあたりハズレがあまりないとも言われています。
    ただし、求人数が膨大なだけあって、その中には質の悪い求人も多数存在しているので自分で確実に選別する必要があります。

    面接対策や、書類の添削に関しては高評価なので、転職する際には必ず登録しておいた方がいいサイトです。

    強み 年収アップ率
    • 大手企業からベンチャー企業まで幅広い求人を探すことができる
    • 面接のテクニックや書類の書き方など、実践的な対策ができる
    • セミナーやイベントが多くモチベーションを高く維持できる
    5つ星
    求人数 こんな方におすすめ 対応地域
    非公開求人含め 100,000件以上 総合 / 海外 全国 / 海外

    btnエージェント詳細

    btn公式へ