ブラック企業から抜け出す

就職活動をして、やっと内定を取ったところがブラック企業だったというケースは最近増加傾向にあります。求人情報や面接試験を受ける中では、なかなかブラック企業であると見抜けないケースも出てきています。そして就職してしばらくして、自分がブラック企業に就職したことにやっと気づくのです。
ブラック企業とわかれば、早々に退職したいところでしょう。ところがそのこともわかっている会社側は、あの手この手を使って辞めさせないようにします。そして「この会社はやめられない」とあきらめてしまう人もいます。しかしどんな強力なブラック企業でも、辞める方法はあります。

ブラック企業に対しては民法627条を使え

ブラック企業を辞めたくてもやめられないケースの中で多いのが、入社のときに誓約書にサインさせられているパターンです。誓約書の中に、実質退職できない規定が書かれていて、結局退職のアクションを起こせないのです。その場合、民法627条の規定を積極的に活用しましょう。
民法627条には、2週間前に会社に退職通知をすれば辞めることができると書かれています。先ほど紹介した誓約書にサインしているかどうかは、この際関係ありません。
会社の中には退職届を出しても、いろいろな難癖をつけて突き返すケースもあるようです。その場合には相手が受け取り拒否できないように、内容証明郵便で会社に退職届を送り付けましょう。相手が「そんなのは知らない」と言ってくる可能性もあるので、控えのコピーを取っておくことです。

給料を払わないと言われたら

ブラック企業を退職するにあたってトラブルになるのが、「最終月の給料は払わない」というケースです。ブラック企業の場合過酷な労働条件であるケースが多く、せっかく必死になって働いてもお金が一切出ないといわれると、そこでひるむ人も出てきます。
給料の支払い拒否はどのような理由があっても、労働法違反に該当する行為です。そこでそのようなことを言われたのであれば、その内容を証拠として残しておきましょう。やり取りをICレコーダーで録音するのも良いですし、メールでそのような通達があればそのメッセージを残しましょう。
そして労働基準監督署に持っていきます。給料の支払い拒否が明確に証拠として残っていれば、労働法違反に該当しますから、署も黙って見過ごすわけにはいかなくなります。
ブラック企業の中には、「損害賠償しろ」と言ってくるエースもあります。「お前の持っているノウハウを持っていかれるのだから、会社の損失は大きい」などといろいろと理由をつけてきます。この場合も弁護士などの専門家に相談することです。
ブラック企業の中には、顧問弁護士を使ってくるケースもあります。ただし損害賠償の事由を証明することはほとんど不可能ですから、本当に賠償請求されることはまずないと思ってもいいでしょう。

離職票を出さない

会社を辞めて失業給付を受けるためには、離職票が必要です。そこを突いてくるブラック企業もたくさんあります。つまり「今辞めるのであれば離職票を出さない」というわけです。この言葉で、泣く泣く退職願を取り下げる人もいます。
もし離職票が出ないのであれば、ハローワークに相談することです。するとハローワークから会社に連絡が行き、離職票を出すように働きかけます。
それでも要求に応じないのであれば、ハローワークが変わって離職票を出すことが可能です。離職票は離職をした翌日から10日以内に届け出する必要があります。10日超経過すれば、退職者は被保険者でなくなったとも言えます。よってハローワークから離職票を交付することも可能になるわけです。
会社から離職票がもらえないと、失業手当を受けられないと思っている人は多いでしょう。しかし上で紹介したように、決して会社から離職票をもらわなくても大丈夫です。

ブラック企業から抜け出すために

ブラック企業から抜け出すのは、かなり難しいようです。会社も辞めたいと言ってくるのを分かっていますから、行く手を阻みます。ただし上で紹介したように、どのような方法を使って離職を邪魔されても突破する手立てはあります。
ブラック企業から抜け出すためには、一人で全部何とかしようと思わないことです。法的機関に相談することです。
この時ブラック企業の労働法違反が疑われるような証拠は残しておくことです。「絶対にブラック企業から脱出する」この気構えを持って戦えば、きっと道は開けるはずです。

CMや広告でも露出が多く、日本では知らない人はいないというほどの日本最大級の総合転職サイト。

マイナビエージェントは独占求人が多いため、他にはない求人が多く存在しています。

求人が多いのもそうですが、それに伴い非公開求人も多く存在しています。まず登録しておくと求人を探す幅が広がると言われている転職サイトです。

強み 年収アップ率
  • 中小企業の求人や、第二新卒向けの求人が多い
  • 登録者数が多く求人数も非常に多い
  • エージェントの質が高い
5つ星
求人数 こんな方におすすめ 対応地域
約 8,000件 総合 全国

btnエージェント詳細

btn公式へ

設立は2003年と比較的新しい会社ですが、今の時代に特化したIT業界・WEB業界の転職者を支える総合転職サイトです。

業界の認知度はとても高いのですが、一般的な認知度はまだまだといったところ。

しかし、求人数は他の転職サイトに引けをとらないほど多く、専門的な分野から選択することができます。

また、転職コンシェルジュの対応が早いためサクサクと転職活動を進められることができます。

強み 年収アップ率
  • 転職コンサルタントよりも上の転職コンシェルジュで求職者の転職を手厚くサポート
  • ワークポートから提供される個人サイトが使いやすく、転職活動を管理しやすい。
  • IT業界やWEB業界の独占求人が多く、企業や転職者には高評価
5つ星
求人数 こんな方におすすめ 対応地域
約 7,000件 IT系 / WEB系 / エンジニア 全国

btnエージェント詳細

btn公式へ

業界2位だけあって、バランスが良いと評判のDODA。エージェントのあたりハズレがあまりないとも言われています。
ただし、求人数が膨大なだけあって、その中には質の悪い求人も多数存在しているので自分で確実に選別する必要があります。

面接対策や、書類の添削に関しては高評価なので、転職する際には必ず登録しておいた方がいいサイトです。

強み 年収アップ率
  • 大手企業からベンチャー企業まで幅広い求人を探すことができる
  • 面接のテクニックや書類の書き方など、実践的な対策ができる
  • セミナーやイベントが多くモチベーションを高く維持できる
5つ星
求人数 こんな方におすすめ 対応地域
非公開求人含め 100,000件以上 総合 / 海外 全国 / 海外

btnエージェント詳細

btn公式へ