転職条件

人はそれぞれ理由があって転職します。報酬面で満足していなかったり、職場内での人間関係が問題だったり、子どもができて家族のための時間が必要で転職する人もいます。

転職する際に「残業なし」などの一つの条件を満たしたいと思うなら、他の条件が満たせなくなると思っておいたほうがいいでしょう。

それで、転職をするときに転職条件に優先順位を決めることは非常に重要です。

給料も高く、残業もなく、仕事内容もきつくなく、ノルマもないという夢のような求人はありません。

今回は転職条件としてよく挙げられる5つ条件を取り上げていきます…

しかしその前にみんなはどんな条件を優先しているのか気になりますよね。

一緒に見ていきましょう。

-やっぱり職場環境が大事だからしっかり事前調査しました-

年齢 性別 職業
34歳 女性 事務
職場環境はとても大事なものです。働きやすさや休暇の取りやすさにも必ず関わってきますし良い環境なら仕事がスムーズに進みます。

転職をするに当たって、どうしても譲れないのが職場の環境です。

できるだけ長く続けている人が多い職場を探すようにしましたし、しっかり口コミなどもチェックしていました。

おかげで良い転職先に巡り会えて、納得の行く仕事をしています。

私の場合には体調面で不安があったので、そこを理解してくれる環境が必要だったこともあります。

今はある程度体調不良でのお休みも考慮してもらっていますし、格段に働きやすくなりました。

できるだけ人員に余裕のある会社を選んだことも、職場環境の改善につながったのだと思っています。

-最重要視するポイントは年収アップ-

年齢 性別 職業
44歳 女性 事務
家計を考えたら年収アップです。

年の差夫婦で結婚し、まだ子供が学生なのに主人が退職の年齢となりました。

退職後はアルバイトとして元の会社で働くことができましたが、年収は半分以下となりました。

退職前も給料が安かった上、退職金もほとんどんない状態なのでこれからの生活に大きな不安を抱くようになりました。

子供はまだ小学生なのでこれから学費などどんどんかかるようになります。そんなことばかり考えていると頭の中はお金でいっぱいになっていました。

そのためそれまでパートとして働いていた自分がもっと収入を増やす必要があると思い、就職先を探し始めました。

とにかく今までのパートの収入より増やしたいので正社員として採用してもらえる会社を探しました。

やっと事務職で正社員の仕事が見つかり少しはホッとしました。とにかく生活に余裕がないため年収アップが何よりも最優先での職探しでした。

-最重要視するポイントは待遇面です!-

年齢 性別 職業
40歳 女性 IT
私は以前IT業界で忙しく働いていました。

月曜日から土曜日まで、朝9時から夜12時まで働き、身体も心も限界に達していました。そして遂に体調を崩してしまい、退職に追い込まれてしまいました。

そうした苦い体験があるので、私は転職先を選ぶ際には待遇面を重要視しました。

プライベートな時間も充実させたかったので、就業時間に拘りました。

あとは土日祝日としっかりお休みがとれることが大切でしたので、その点も拘りました。

そして沢山の企業の面接を受けて、やっと自分の希望に沿った会社に転職することができました。

夢であった会社帰りにご飯に行くことや、ジムに行って汗を流すこともできるようになりました。

やはりプライベートな時間を確保できる職場は最高であると感じました。

-転職の決め手は職場環境に尽きます-

年齢 性別 職業
38歳 女性 製造業
転職を考えるきっかけは人それぞれ様々なものが有ると思います。

また入社してみないと分からないことも多くありますが、仕事を続ける上で大切なのはやはり働きやすさです。

余程の事がない限り働く必要が有りますので楽しく働くことが出来る環境が有ることは非常に大切なことだと思います。

長く続けることが出来ればそれに見合った給料を貰ったりスキルを身に付けることは出来ますしどれだけ有給休暇を持っていたとしても使いにくい職場と言うのは多くあります。

有給休暇の取りやすさも職場環境に含まれ、使用できればその結果としてプライベートが充実すると私は思います。

転職をする際は他の会社が今の会社より、よく見えることは多いと思いますが、職場環境を重点におくほうが結果として長く続けることが出来る良い会社に巡り会えると私は思います。

-年収アップで選んでしまった職場で失敗しました。-

年齢 性別 職業
38歳 男性 営業
私が以前勤めていた会社での何社は約500万ぐらいで世の中的にはちょうど平均ぐらいの年収でした。

職種も営業職でそれなりの成績も出してはいましたが特に歩合などもなく悪い言い方だとやってもやらなくても同じでした。

ただ私は一度きりの人生このままの給料でいいの考えだしてもっとやりがいがあって給料もアップできる職場はないかと思い歩合給でやった分だけ給料に反映される会社で働きたいと思い行動に出ました。

しかしいざ入ってみたら全く業界を知らない業界未経験の営業にはキツく大変な職場だったのです。

そんな職場で先輩などは仕事をほとんど教えてくれることもなくただ日々が過ぎ給料も最低限だけもらい

歩合給もつくことなく、家族に迷惑をかけて厳しい生活を送ることになりました。

今は同じ営業職ですが、歩合給もなく職場の人間関係も良好で色々教わりながらできる職場にいます。

歩合給でいっぱい稼ぐことを目標にして働くのも悪くはないですが、合わない職場で稼ぐだけを目標にして割り切っていても、徐々にモチベーションを維持することが困難になってきます。

私はそこで1人で孤独に仕事をするよりはみんなで和気あいあいと仕事をする方が好きだと改めて気づくことができました。

なぜ自分は転職したいのか

転職に求めるものは何かを見極められるなら自分にピッタリの転職先が見つかります。それを見つけるヒントにしてみてください。

やりがいのある仕事内容

今の仕事のやりがいを感じないために転職を望む人もいます。もともと内気な人が営業職に割り当てられても仕事は苦痛なだけでしょう。

しかし事務職に割り当てられるなら几帳面な性格ゆえに能力を発揮できるというケースもあります。

人にはそれぞれ天性の才能がありますし、得意な分野も違うので、ここは自分の能力が発揮できないと感じるなら、立派な転職の理由となります。

自分にピッタリの仕事内容を見つけられるほうが毎日楽しく出勤できますし、将来性もあることでしょう。

もし転職したい自分の「動機がやりがいのある仕事」という点であるなら、あまり年収面などで条件をつけずに探すと見つけやすいでしょう。

転職する面接の際に、「自分にとってやりがいのある仕事を探している。御社の仕事は自分がやりたい仕事だ」とアピールするのはプラスに働きます。

年収アップ

仕事とは生活費を手に入れる手段です。よって年収をアップさせ、自分や家族の生活を楽にしたいというのは転職の立派な動機です。

いわゆるブラックと言われる企業も多いので、自分のスキルや努力に見合った報酬を与えない企業は多く存在します。

もし転職したい自分の動機が「年収を増やしたい」というのであればそれも立派な動機でしょう。

しかし年収アップは、転職してすぐなされる場合もありますが、大抵は5年後10年後になされるものです。転職する面接の際にはこの点をしっかり把握しておく必要があります。

志望動機を問われたときに

「10年後、御社で以前の会社より多くの年収を手にできるよう、身を削る思いで働く決意です」

と述べるならプラスに働くでしょう。

面接官も年収を増やすために働くという点では同じ思いなので理解してくれますが、楽して以前の会社よりも多くの年収を手にしてほしいとは考えていません。

転職動機が年収アップでいいのですが、一所懸命働いてくれ会社に貢献してくれそうだと感じてもらうことが肝心です。

スキルアップやステップアップ

ある技術を身につけたい。という理由で転職するのは最も歓迎される条件です。

もちろんある技術を磨くために転職するのですから、年収面などであまり贅沢を言わずに、自分が身に着けたい職種で働くことになります。

スキルアップしたいというのは積極的な動機で転職を望んでいますから、ぜひとも転職の面接の際に述べたほうがいいでしょう。

「10年後、自分で自立して○○を行なう会社を立ち上げたいので、ぜひ御社でスキルを積みたいと思っています。」

と会社に本音を伝えれば、やる気があるようには見えます。

しかし、数年後に早めてしまう人材なので人の入れ替わりの激しい業界以外では敬遠されることのほうが多いので注意しましょう。

中には会社は勉強するところじゃないという考え方の方もいます。

これを使用できるケースの会社はベンチャー企業かつ、独立支援を行っている会社です。

職場環境改善

以前の会社を辞めた理由が職場環境が悪かったというケースも往々にしてあるでしょう。

上司の扱いがひどかった、人間関係がギスギスしてた、お局がいていじめられたなど、働いている側からすればこれは大きな問題です。

しかし転職の面接の際にこの点を述べると、面接官は「本人にも問題があったのではないか」と推測するかもしれません。

よって転職動機が「職場環境を変えたい」というものであったとしても、誤解を避けるために転職面接の際には触れないのが賢明です。

職場環境というのは社風もありますが、大抵は自分の周りにたまたま一緒に勤めている人がどんな人かによって左右されます。

同じ会社でも良い上司もいれば意地悪な上司もいるのです。「以前の会社の社風がよくなかった」という場合も触れないのが賢明です。

面接の際に以前の会社の批判を述べると、自分の会社にも何らかの不満を持つのではないかと思われます。

純粋に職場の環境を変えたいという条件なら、面接官に尋ねるのではなく、自分であらかじめインターネットなどで社風や評判を調べるといいかもしれません。

悪い評判があまりないのであれば、職種や年収をあまり選り好みせずに、面接で笑顔でやる気を示せばいいでしょう。

福利厚生とプライベートの時間

どれほど社員を人間として大切にするかは会社によって大きな差があります。

工場勤務でありながら食堂などの施設もなく、機械の横で弁当を食べるところもあれば、きれいな食堂が完備され、毎月一定額の食堂サービス券が配布されるような会社もあります。

社会保険などが充実しており、社員、アルバイトのために、お風呂やマッサージルームまで用意しているところもあれば、休憩室すらない会社もします。

「福利厚生が良い会社で働きたい」というのは自然な気持ちではありますが、転職の面接の際には触れないのが賢明でしょう。

なぜかというと、あまりにも利己的な考え方だと取られるからです。

会社は給料というものを払っているので、会社に貢献してくれる人を探しているのであって、給料をもらった上、さらに会社にいろいろしてもらおうと考えている人は雇いたくありません。

これら福利厚生はあくまでも会社が親切で用意しているものであると考えたほうがいいでしょう。

ですから転職面接の際には以前の福利厚生がどうだったとは触れず、求人票に書かれている福利厚生に関する情報を頼りにしましょう。

プライベートの時間が必要というのは重要なポイントです。

もし土日が休みで、残業がない職場に転職したいというのであれば、これははっきり主張したほうがいいでしょう。

もちろんサービス残業してほしいと考えている会社は不合格とするでしょうが、プライベートな時間がほしいのに、無理して就職して後で苦しむのは自分だからです。

高くつく残業代や休日出勤費用を払わなくていいので、土日休み、残業なしという会社は存在します。

年収面などであまり贅沢を言わずに、このプライベートな時間確保一点に絞るならば転職は難しいことではありません。

転職条件に優先順位をつける

上記5つの転職条件すべてを満たしている仕事を見つけるのはほぼ不可能です。

ただし優先順位をつけると比較的満足できる転職できます。

やりがいのある職種は譲れない、その次はスキルアップできる仕事、だけど年収面はあまり贅沢は言わない

というような感じで条件に順列をつけると、あっという間に転職ができてしまうでしょう。

CMや広告でも露出が多く、日本では知らない人はいないというほどの日本最大級の総合転職サイト。

マイナビエージェントは独占求人が多いため、他にはない求人が多く存在しています。

求人が多いのもそうですが、それに伴い非公開求人も多く存在しています。まず登録しておくと求人を探す幅が広がると言われている転職サイトです。

強み 年収アップ率
  • 中小企業の求人や、第二新卒向けの求人が多い
  • 登録者数が多く求人数も非常に多い
  • エージェントの質が高い
5つ星
求人数 こんな方におすすめ 対応地域
約 8,000件 総合 全国

btnエージェント詳細

btn公式へ

設立は2003年と比較的新しい会社ですが、今の時代に特化したIT業界・WEB業界の転職者を支える総合転職サイトです。

業界の認知度はとても高いのですが、一般的な認知度はまだまだといったところ。

しかし、求人数は他の転職サイトに引けをとらないほど多く、専門的な分野から選択することができます。

また、転職コンシェルジュの対応が早いためサクサクと転職活動を進められることができます。

強み 年収アップ率
  • 転職コンサルタントよりも上の転職コンシェルジュで求職者の転職を手厚くサポート
  • ワークポートから提供される個人サイトが使いやすく、転職活動を管理しやすい。
  • IT業界やWEB業界の独占求人が多く、企業や転職者には高評価
5つ星
求人数 こんな方におすすめ 対応地域
約 7,000件 IT系 / WEB系 / エンジニア 全国

btnエージェント詳細

btn公式へ

業界2位だけあって、バランスが良いと評判のDODA。エージェントのあたりハズレがあまりないとも言われています。
ただし、求人数が膨大なだけあって、その中には質の悪い求人も多数存在しているので自分で確実に選別する必要があります。

面接対策や、書類の添削に関しては高評価なので、転職する際には必ず登録しておいた方がいいサイトです。

強み 年収アップ率
  • 大手企業からベンチャー企業まで幅広い求人を探すことができる
  • 面接のテクニックや書類の書き方など、実践的な対策ができる
  • セミナーやイベントが多くモチベーションを高く維持できる
5つ星
求人数 こんな方におすすめ 対応地域
非公開求人含め 100,000件以上 総合 / 海外 全国 / 海外

btnエージェント詳細

btn公式へ