資生堂ショック

資生堂ショックと呼ばれるものを聞いたことがおありでしょうか。これまで女性に優しい職場と呼ばれていた資生堂が子育て中の女性にも残業や土日出勤を割り当てるようになったというものです。残されて仕事を行なう人と優遇されて定時で帰れるママたちの間に摩擦が生じていたことが原因とされています。男性の多くは「社会の中で仕事をしているのは男性も女性も同じだから、特別優遇はおかしい」という考えで資生堂上層部の決定支持が多いようです。しかし女性からすると体力的にも男性とは違いますし、家事の負担も違うのです。どうすれば女性の必要に理解がある職場に転職することができるのでしょうか?

日本の企業に女性への配慮がない理由

1つは経営者のほとんどが男性だからです。会社にとって何が必要で会社内にどんな設備が必要か、どういったときに休暇を許すのか、福利厚生はどの程度整えると社員は喜んで働いてくれるのかというのはすべて経営陣が決めます。経営陣は「自分が社員だったら…」という観点で考えるので、自分が必要ないと思う設備は会社内に置きません。当然女性の必要には気づきません。多くの男性は自分が仕事をしてきついと感じますが、それでも翌日も出勤します。しかし毎月訪れる女性特有の痛みやつらさは理解不能です。そこで女性が今日はきつくて会社を休みたいと言われると「仕事をなめているのか」となってしまうのです。2つ目の女性に配慮がない理由は、効率を重視する日本の会社構成です。当然のことですが、産休や体調不良などによって女性社員が休みを取ったり、早退したりすると、会社の仕事に影響を与えます。その人の仕事を他の人が行うことになりますし、本人でなくては分からないことだと効率や下がるでしょう。つまり女性に会社内で活躍してもらうということは、会社内の効率が落ちるリスクを受け入れるということなのです。そのリスクを負いたがらない日本の企業性質が女性に配慮が払えない理由となります。さらにはアメリカをはじめ多くの外国企業では、職場の女性の人権が確立されています。女性専用のスペースが多数用意されていて、エレベーターに乗るにしても女性優先で、職場内で重い荷物を男性が持つのは当たり前です。女性は男性と同じように仕事ができるが、女性は男性のような体力がない、そのことに配慮を払うのは当たり前という文化なのです。育児で休暇を取るのは当たり前、男性でさえ自分の子どもが生まれたら休暇が取れるほどです。日本はまだまだ職場環境が改善されていないのが現状です。

転職せずに辛抱することは必要?

今の会社に女性への理解がないのであれば、自分の会社を変えるには、自分が社長になるほかありません。それが現実的でないなら転職するしかないのですが、転職は上記の理由により簡単ではないのは知っておられることでしょう。そのため辛抱を続けて、女性への理解がない会社で働き続けることを薦める人はたくさんいます。経済的なことを優先させると確かにそうかもしれませんが、これは長期的に見ると自分にも家族にもよくありません。収入はあっても子どもを顧みることができず、家族で問題が起きたり、自分の健康を壊すなら本末転倒です。お給料が多少下がるとしても女性へ理解がある会社へ転職する決意が必要かもしれません。女性へ理解がある会社へ転職する秘訣が2つあります。

女性へ理解がある会社へ転職するには?
経営者が母親である会社を選ぶ

会社の決定は経営者が行ないます。求人票を見て女性が経営者、分かるならば女性で子どもがいる経営者のところを選ぶのが転職を成功させる秘訣です。女性経営の会社は往々にして女性への配慮が十分になされています、逆に男性への配慮がないほどかもしれません。そうした会社を優先的に選ぶと良いでしょう。もちろん仕事は仕事なので女性だからという甘えを出すのは禁物です。面接時に育児休暇などについて何度も尋ねるのは好印象ではありません。女性が経営者でも会社なので自分の主張ばかりする人ではなく、基本は会社のために勤勉に働いてくださる方に来てほしいと願うからです。子どもができるのは普通のことであり、休暇を申請するきわめて正当な理由です。働き始めて子どもができたその時に女性経営者に伝えればいい話です。

女性の多い会社を選ぶ

たとえ男性が経営陣であっても、従業員のほとんどが女性である場合、その会社は女性というものを経験を通して知ることになります。そうでないとその会社が成り立たないからです。例えばエステ業界など働いている人の9割以上が女性です。幾年にもわって女性の方が満足する仕事環境の配慮が模索され続けていることでしょう。そうした女性が主に働く業界を選ぶのは女性の転職を成功させる秘訣です。

女性の転職-バランスの取れた見方とは

会社に必要なのは女性の必要に配慮を払うこと、仕事の効率が落ちても育児に伴う女性の休暇を認める必要があるでしょう。本当にすばらしい経営者とはそれができる人です。女性の出産や育児に伴うリスクはある程度予測可能なものです。それに伴う対策も練りやすいでしょう。こうしたリスク対策もできない会社が日々移り変わる社会の変化に対応するのは難しいでしょう。しかし女性の側にもバランスのある見方が必要なようです。ある女性は妊娠したということを会社に伝えたら重要なプロジェクトから外されたと苦情を述べました。会社としては母体への影響を考え、負担の少ない仕事チェンジしたのでしょう。会社に必要なのは女性特有の必要を顧みることであって、女性のプライドを維持することではありません。そこの会社で引き続き働ける以上シフトチェンジは受け入れる必要があるでしょう。転職の際に女性がこのバランスを理解しておくとスムーズに転職できるようです。

CMや広告でも露出が多く、日本では知らない人はいないというほどの日本最大級の総合転職サイト。

マイナビエージェントは独占求人が多いため、他にはない求人が多く存在しています。

求人が多いのもそうですが、それに伴い非公開求人も多く存在しています。まず登録しておくと求人を探す幅が広がると言われている転職サイトです。

強み 年収アップ率
  • 中小企業の求人や、第二新卒向けの求人が多い
  • 登録者数が多く求人数も非常に多い
  • エージェントの質が高い
5つ星
求人数 こんな方におすすめ 対応地域
約 8,000件 総合 全国

btnエージェント詳細

btn公式へ

設立は2003年と比較的新しい会社ですが、今の時代に特化したIT業界・WEB業界の転職者を支える総合転職サイトです。

業界の認知度はとても高いのですが、一般的な認知度はまだまだといったところ。

しかし、求人数は他の転職サイトに引けをとらないほど多く、専門的な分野から選択することができます。

また、転職コンシェルジュの対応が早いためサクサクと転職活動を進められることができます。

強み 年収アップ率
  • 転職コンサルタントよりも上の転職コンシェルジュで求職者の転職を手厚くサポート
  • ワークポートから提供される個人サイトが使いやすく、転職活動を管理しやすい。
  • IT業界やWEB業界の独占求人が多く、企業や転職者には高評価
5つ星
求人数 こんな方におすすめ 対応地域
約 7,000件 IT系 / WEB系 / エンジニア 全国

btnエージェント詳細

btn公式へ

業界2位だけあって、バランスが良いと評判のDODA。エージェントのあたりハズレがあまりないとも言われています。
ただし、求人数が膨大なだけあって、その中には質の悪い求人も多数存在しているので自分で確実に選別する必要があります。

面接対策や、書類の添削に関しては高評価なので、転職する際には必ず登録しておいた方がいいサイトです。

強み 年収アップ率
  • 大手企業からベンチャー企業まで幅広い求人を探すことができる
  • 面接のテクニックや書類の書き方など、実践的な対策ができる
  • セミナーやイベントが多くモチベーションを高く維持できる
5つ星
求人数 こんな方におすすめ 対応地域
非公開求人含め 100,000件以上 総合 / 海外 全国 / 海外

btnエージェント詳細

btn公式へ