正社員として採用されない人

非正規雇用で働いている人の中には、本当は正社員になりたかったけれど採用されなかった人が多いようです。正社員への転職活動がうまく行かない人については、一定の共通する特徴があります。今回は正社員として採用されない人に多く見られる特徴や、正社員として採用されるために必要な対策などについて、さらに詳しく確認してみましょう。

非正規雇用者の現状はどうなっているのでしょうか?

平成28年における厚生労働省の発表によると、役員を除く雇用者全体の37.5%が非正規雇用者だという調査結果が判明しています。非正規雇用者の数は平成6年から年々増加を続け、平成28年の時点では20年前のおよそ2倍となる2016万人になっています。さらに非正規雇用者全体の15.6%に相当する300万人程度が、正社員になりたいけれど採用されないため非正規雇用者として働いている、いわゆる不本意非正規雇用者だと推測されているのです。
さらに賃金についても調査が行われており、正社員の賃金を時給に換算すると平均で1844円になることに対して、フルタイムで勤務する非正規雇用者の賃金は時給1446円になるというデータが発表されています。正社員と非正規雇用者では賃金に大きな違いがありますので、多くの人が正社員になりたいと考えるのは当然のことだといえるでしょう。
※今回ご紹介した調査結果は、厚生労働省「非正規雇用の現状と課題」(http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11650000-Shokugyouanteikyokuhakenyukiroudoutaisakubu/0000120286.pdf)を参考にしました。

正社員として採用されない人には共通する特徴があります!

正社員になりたくてもなれない人については、共通する一定の特徴があるようです。

・指示がないと仕事ができない
・経験やスキルが足りない
・向上心が足りない
・将来のキャリアプランを考えていない
・正社員としての転職活動に取り組んでいない

正社員として採用されるためには、まずは自分自身の状況の改善に取り組む必要があるといえるでしょう。近年の転職市場は求職者が有利な売り手市場だとされているのですが、好待遇の正社員への転職はやはり厳しいものになります。まずは正社員としてどのような経験やスキルが求められているのかをしっかりと認識して、自分に不足するものがあれば現在の勤務先で実務経験を積むことや、あるいは資格の取得に取り組むことなどを検討しましょう。

さらに正社員としての採用を勝ち取るためには、必ず正社員になるのだという強い意思が必要になります。将来のキャリアプランなどをじっくりと考えて、向上心を持って正社員としての転職活動に取り組んでみてください。

正社員として採用されない人の転職活動の特徴は?

社員として採用されない人の転職活動には、どのような特徴があるのでしょうか。

・現在の自分の状況で採用される会社があると楽観的に考えている
・面接で不採用になってもその原因の自己分析を行っていない
・紹介された求人について選り好みをしている
・転職サイトに登録をして企業からのオファーだけを待っている
・転職エージェントに登録をしてその後具体的な転職活動を行っていない

転職サイトに登録をして企業からのオファーだけを待つ場合や、転職エージェントに任せきりで自分では具体的な転職活動を行わない場合などには、正社員としての採用は難しくなります。正社員としての採用を目指すのであれば、正社員になるんだという強い気持ちを持って自分から積極的に行動することが必要だといえるでしょう。自分にはどのような職場が向いているのか、また企業ではどのような人材を採用したいのかなどを、もう一度じっくりと考えてみてください。

好条件の求人に採用されるためには、求職者にも高い実力が必要とされます。特に正社員を目指す転職活動ではレベルの高い人材が求められますので、採用のために必要とされる実務経験やスキルなどのハードルも高くなるのです。希望に合致する求人がなかなか見つからない人の場合は、転職先に期待する条件が贅沢過ぎるのかもしれません。自分のこれまでの実務経験や持っているスキルなどの実力に応じた、妥当な条件の求人を探すようにしましょう。

正社員として採用されるためには具体的にはどうすればよいのでしょうか?

正社員として採用されるためには、企業が求める実務経験やスキルを身に付けることが必要になります。特に中途採用者に対しては企業では即戦力としての働きを期待していますので、まずは実務経験を積み重ねることや十分なスキルを身に付けることなどを意識しながら、現在の職場での仕事に取り組んでみてください。

自分のこれまでの経歴が活かせるような求人を見つけるためには、転職サイトや転職エージェントなどの活用が効果的です。転職サイトに登録をすれば様々な求人情報を自分自身で詳細に確認することができますし、さらに転職エージェントに登録をすればあなたの経歴に最適な求人の紹介を受けることができます。

ただし転職サイトや転職エージェントはあくまでも転職活動を支援するためのツールであり、実際の転職活動を行うのはあなた自身だということをくれぐれも忘れないようにしましょう。

正社員になるために足りないものを改善しましょう!

正社員になかなかなれないと感じている人の場合には、自分自身に何かが不足していることが多いようです。それは経験やスキルかもしれませんし、転職活動への取り組みかもしれませんし、あるいは情報収集かもしれません。何が足りないのかを把握して改善することで、正社員としての採用の可能性は大いに高まるはずです。

CMや広告でも露出が多く、日本では知らない人はいないというほどの日本最大級の総合転職サイト。

マイナビエージェントは独占求人が多いため、他にはない求人が多く存在しています。

求人が多いのもそうですが、それに伴い非公開求人も多く存在しています。まず登録しておくと求人を探す幅が広がると言われている転職サイトです。

強み 年収アップ率
  • 中小企業の求人や、第二新卒向けの求人が多い
  • 登録者数が多く求人数も非常に多い
  • エージェントの質が高い
5つ星
求人数 こんな方におすすめ 対応地域
約 8,000件 総合 全国

btnエージェント詳細

btn公式へ

設立は2003年と比較的新しい会社ですが、今の時代に特化したIT業界・WEB業界の転職者を支える総合転職サイトです。

業界の認知度はとても高いのですが、一般的な認知度はまだまだといったところ。

しかし、求人数は他の転職サイトに引けをとらないほど多く、専門的な分野から選択することができます。

また、転職コンシェルジュの対応が早いためサクサクと転職活動を進められることができます。

強み 年収アップ率
  • 転職コンサルタントよりも上の転職コンシェルジュで求職者の転職を手厚くサポート
  • ワークポートから提供される個人サイトが使いやすく、転職活動を管理しやすい。
  • IT業界やWEB業界の独占求人が多く、企業や転職者には高評価
5つ星
求人数 こんな方におすすめ 対応地域
約 7,000件 IT系 / WEB系 / エンジニア 全国

btnエージェント詳細

btn公式へ

業界2位だけあって、バランスが良いと評判のDODA。エージェントのあたりハズレがあまりないとも言われています。
ただし、求人数が膨大なだけあって、その中には質の悪い求人も多数存在しているので自分で確実に選別する必要があります。

面接対策や、書類の添削に関しては高評価なので、転職する際には必ず登録しておいた方がいいサイトです。

強み 年収アップ率
  • 大手企業からベンチャー企業まで幅広い求人を探すことができる
  • 面接のテクニックや書類の書き方など、実践的な対策ができる
  • セミナーやイベントが多くモチベーションを高く維持できる
5つ星
求人数 こんな方におすすめ 対応地域
非公開求人含め 100,000件以上 総合 / 海外 全国 / 海外

btnエージェント詳細

btn公式へ