高収入であるとは限らない

正社員として採用された人の中には、その後もらえる給料が思ったよりも少なくてがっかりする人が多いようです。正社員としても実際の待遇は様々であり、会社や職種や業界ごとに給料の額などもそれぞれ異なっています。給料が極端に少ない場合などには、転職を検討するべきかもしれませんね。今回は正社員が転職を検討するべき理由について、さらに詳しく確認してみたいと思います。

正社員でありながら派遣社員などよりも基本給が少ない場合

「期間の定めのない雇用」が保証されることが、正社員の大きなメリットになります。派遣社員やアルバイトには契約期間があるため、雇用期間終了で解雇される可能性があります。一方の正社員であれば雇用期間は定年までになりますので、将来にわたって安定した収入を期待することができるのです。現在非正規雇用者として働いている人の中には、正社員としての転職を希望する人が多いのではないでしょうか。

ただし給料の額については、正社員だからといって必ずしも高いとは限らないようです。例えば正社員であっても月給が20万円であれば賞与が支給されなければ年収は240万円になりますし、さらに税金や社会保険料などが差し引かれれば手取りは月額16万円から17万円程度になります。これでは一人暮らしであっても生活はギリギリになりますし、あるいは家族などがいれば生活そのものが難しくなってしまうかもしれません。

一方で派遣社員の場合には、本人の経歴やスキル次第で高収入を期待することができます。派遣社員の給与は月給制または時給制になりますが、いずれの場合にも本人の能力に応じて給与の額が決定されるため、年収400万円以上の派遣社員なども多くなっています。さらに年棒制の派遣社員であれば、年収600万円から700万円程度を得ることができるようです。派遣社員は雇用が不安定であったり、勤務先が変わったりするといったデメリットがありますが、収入の面では正社員よりも有利になるかもしれません。

賞与や昇給などが期待できない場合

正社員と非正規雇用者を比較した場合には、賞与や昇給の有無が大きな違いだといえるでしょう。賞与の額は年収を左右する重要なポイントになりますし、さらに賞与の額によっては生涯賃金にも大きな格差が生じることになります。しかし近年では業績の悪化などにより、正社員であっても賞与が支給されない会社や、昇給が厳しい会社などが増えています。

さらに正社員とは名ばかりで、最初から賞与や昇給がまったく期待できない会社なども存在するようです。賞与も昇給も期待できないのであれば、何のために正社員として責任の重い仕事をしているのかわからなくなってしまいますので、賞与や昇給が期待できる別の会社への転職を検討するべきかもしれません。
転職については若ければ若いほど有利であり、一方で高年齢になればなるほど転職は難しくなります。現在の職場の待遇などに不満を感じるのであれば、できるだけ早く転職活動を始めるようにしましょう。まずは同業他社の求人情報をチェックして、具体的な待遇などを確認してみてください。同じような業務内容でより好待遇の求人が数多く見つかるのであれば、転職を視野に入れた将来設計の見直しを検討することが必要になります。

重い責任を課せられてサービス残業を強いられる場合

派遣社員やパートなどの非正規雇用とは異なり、正社員には責任ある重要な仕事を任せられますので、仕事を通してやりがいや達成感などを感じることができます。ただしその一方で思い責任を課せられて、サービス残業を強いられる場合などもあるようです。正社員にはある程度の責任がありますので、自分の都合で簡単に休んだり、仕事が残っているのにも関わらず定時で帰ったりすることはできません。しかしだからといって責任があまりにも重すぎる場合には、やはり賃金に見合わない割に合わない仕事だといえるでしょう。
また正社員の場合にはサービス残業を強いられても、「残業代を支払ってください」とは言えない雰囲気の職場が多いようです。労働基準監督署などに訴え出るようにすれば、タイムカードなどの客観的証拠があれば残業代の支払いが認められますが、その後は会社に居づらくなってしまうことになります。正社員だからと重い責任を課せられてサービス残業を強いられるのであれば、別の企業に転職して働くことを検討した方が良いかもしれません。

正社員としての転職で年収アップが見込める場合

正社員として働く人の多くは定年まで勤務することを前提としていて、転職については全く考えていないことが多いようです。確かに雇用期間の定めがなく将来にわたって安定した収入が期待できることは、正社員の大きなメリットだといえるでしょう。ただし実際には正社員だからといって今の会社にしがみつくよりも、思い切って転職を検討した方がメリットが大きいかもしれません。
現在の勤務先の待遇などに不満を感じている人は、同じような仕事内容で働くことができる求人情報を確認してみましょう。より待遇の良い求人や高収入が得られる求人が見つかるのであれば、今は正社員だからと自分の可能性を狭めてしまうのではなく、転職を含めた様々な視点で自分の様々な可能性を模索してみてください。

まずは転職サイトや転職サイトなどに登録をしてみましょう!

現在正社員として働いている人は仕事が忙しく、転職活動に取り組むための時間が足りないことが多いかもしれません。そのような場合にはインターネットの転職サイトや、求人の紹介が受けられる転職エージェントなどの活用を検討しましょう。転職サイトに登録をすればあなたに興味を持った会社からのオファーが届くかもしれませんし、転職エージェントに登録をすれば転職活動のスケジュール調整や手続きの代行などを依頼することができます。すぐに転職をするつもりがない人も、まずは転職サイトや転職エージェントなどに登録をして、どのような待遇の求人情報があるのか実際に確認してみてください。具体的な行動を始めることで、新しい人生が開けるかもしれません。

CMや広告でも露出が多く、日本では知らない人はいないというほどの日本最大級の総合転職サイト。

マイナビエージェントは独占求人が多いため、他にはない求人が多く存在しています。

求人が多いのもそうですが、それに伴い非公開求人も多く存在しています。まず登録しておくと求人を探す幅が広がると言われている転職サイトです。

強み 年収アップ率
  • 中小企業の求人や、第二新卒向けの求人が多い
  • 登録者数が多く求人数も非常に多い
  • エージェントの質が高い
5つ星
求人数 こんな方におすすめ 対応地域
約 8,000件 総合 全国

btnエージェント詳細

btn公式へ

設立は2003年と比較的新しい会社ですが、今の時代に特化したIT業界・WEB業界の転職者を支える総合転職サイトです。

業界の認知度はとても高いのですが、一般的な認知度はまだまだといったところ。

しかし、求人数は他の転職サイトに引けをとらないほど多く、専門的な分野から選択することができます。

また、転職コンシェルジュの対応が早いためサクサクと転職活動を進められることができます。

強み 年収アップ率
  • 転職コンサルタントよりも上の転職コンシェルジュで求職者の転職を手厚くサポート
  • ワークポートから提供される個人サイトが使いやすく、転職活動を管理しやすい。
  • IT業界やWEB業界の独占求人が多く、企業や転職者には高評価
5つ星
求人数 こんな方におすすめ 対応地域
約 7,000件 IT系 / WEB系 / エンジニア 全国

btnエージェント詳細

btn公式へ

業界2位だけあって、バランスが良いと評判のDODA。エージェントのあたりハズレがあまりないとも言われています。
ただし、求人数が膨大なだけあって、その中には質の悪い求人も多数存在しているので自分で確実に選別する必要があります。

面接対策や、書類の添削に関しては高評価なので、転職する際には必ず登録しておいた方がいいサイトです。

強み 年収アップ率
  • 大手企業からベンチャー企業まで幅広い求人を探すことができる
  • 面接のテクニックや書類の書き方など、実践的な対策ができる
  • セミナーやイベントが多くモチベーションを高く維持できる
5つ星
求人数 こんな方におすすめ 対応地域
非公開求人含め 100,000件以上 総合 / 海外 全国 / 海外

btnエージェント詳細

btn公式へ