コネを使う転職
なかなか決まらなかった転職が一発で決まる方法それがコネ入社です。

友人と飲み屋で「転職したいんだけどなかなか決まらないんだよね」と漏らすと、「何ならうちで働きなよ。上司にどうにか話しつけておくからさ」

こんな軽い乗りであんなに苦労していた転職が一発で決まってしまったということは良くあります。

コネは世界どこでも有力なのですが、日本は一番コネが活用されていない国と言われています。

今回はこの日本でコネを使って転職するのはいいのか悪いのかを考察していきましょう。

世間一般の見方、会社としての見方、個人への影響、メリットとデメリットという観点で考えていきます。

コネへの世間一般の見方

日本社会の一般が概念としてコネを利用するのは悪いこととみなされています。コネは努力していない、フェアではないというわけです。

例えで考えてみましょう。クラスの多くの子がある大学に入学したいと思っているとします。

しかしクラスにその大学の有力者の子どもがいました。テストは事実上形のようなもので、その子は難なくみんなが憧れの大学に入学できました。

はたして大学に入学後その子は、努力して入学した子達からどう思われるでしょうか。フェアではないと思われます。

自分は寝る間も削って努力して入学したのに、コイツは努力を怠るヤツだとさえ思われるかもしれません。

会社に入ることも全く同じで、コネで入社すると、同期で入社した人から「自分の実力で勝負しない人」とみなされてしまうのです。

日本社会の一般的な見方はこのような厳しい見方であることを覚えておきたいものです。

なお外国ではコネで入社できたら「よかったね」で済んでしまい、あまり他の人のことには干渉しません。

会社としての見方

不思議なことに、世間一般はコネで入社した人に対して厳しい見方がある一方当の受け入れた会社としてはコネ入社の人に対してあまりマイナスのイメージを抱いていないの現実です。

実際面接を経て正当に入社してきた人も、玉手箱と一緒で、開けてみなければどれほど仕事ができるかわかりません。

面接のときは口でどんなきれいごとでも並べられますし、性格も繕えます。

ですから、面接官はこの人は良く働いてくれそうだと感じても、実際働き始めると、全く仕事ができない、性格に大いに難があり他の人と一緒に働けないということはよくあります。

むしろコネで入社してきた人の場合は、少なくとも紹介した人は入社希望者がどんな人か把握しており、それなりに会社で働けるであろうと思ってくれているわけです。

その分会社もちょっと安心なので、コネ入社はマイナスポイントとはなりません。

実際会社はこの人がどのように入社してきたかなどは全く気にしません

関心があるのは「仕事ができるのか」その一点のみです。

個人への影響

コネを使って入社した場合、それを利用した人への影響は大きいでしょう。成績が悪ければこの人を入れたのは誰だということになり、紹介してくれた人へ迷惑がかかります。

自分が責任を取ればいいという世界ではないというのはやりにくいのです。

さらに入社して初めて、「この会社、想像とちょっと違う…」と気づくこともあります。

思っていた以上に報酬がもらえない、サービス残業が多すぎる、ボーナスがもらえないなどです。

そんなことなら入らなければ良かったと感じますが、コネを使って入社した以上紹介してくれた人に負い目があるので、辞めるに辞められません

コネ転職のメリット

比較的条件のいい会社にすんなり入りやすいというメリットがあります。

これが最大メリットです。コネで入る会社の多くはブラック企業ではありません。

一方コネを使わない就職方法は、悪い会社に当たりやすいという傾向があります。

なぜ求人募集が出ているのかを考えるとわかりやすいでしょう。その会社に欠員が出たから募集を出すのです。

ではなぜ多くの欠員が出るのでしょうか。それはその会社がいやで辞めた人が多いからです。

自力で探せる求人の多くは残念ながらこのような会社の求人である確率が多いでしょう。コネ転職はこの負のスパイラルにはまらずに転職できるのがメリットなのです。

コネ転職のデメリット

コネ転職のデメリットの1つ目は、先ほどの述べたように仕事を紹介してもらっているので、紹介してもらった人に負い目があるという点です。

そのため辞めにくいですし、成績が悪ければ、自分を紹介してくれた人への影響まで考えなくてはいけません。

2つ目に、自分に甘えがでて、学ぶ機会を失うというデメリットもあるでしょう。

人生常に人に頼り続けて生きることはできません。

条件の悪い環境で働くのも社会勉強で、将来自分で開業するとき、別の会社で働くときにそのつらい経験が糧となるのです。コネ入社だとそうした苦労を味わえません。

みんなのコネに関する口コミ

– 母の知り合いのコネで転職しました! –

年齢 性別 職業
27歳 女性 事務
私は母の知り合いのコネで、事務職に転職しました。前から事務職で働きたいと思っていたら

ちょうど母の知り合いの旦那さんが働いている職場の事務員が一人辞めたらしくて、代わりに来ないかと連絡をもらいました。

こんなので受かるはずもないが、せっかくだから行ってみようと思い、半信半疑で面接に行ってみたのです。

そしたら他にも面接に来ていた人がいたのにも関わらずコネのおかげでちょっと面接しただけで採用されてびっくりでした。なんて運がいいんだろうと思いました。

Q コネを利用してみてどう思ったか

コネを利用して、今の職場はいい感じです。一緒に働く人が大分年上の人が多く可愛がられているし、それに母の知り合いの旦那ということで、すごく優しくしてもらっています。

ものすごく居心地がいい職場で、コネ入社ってなかなかいいなと思います。

コネがなかったらこんなに給料も良く、楽な仕事など採用してもらえなかったでしょう。

私はツイてるなと心から思います。


– 叔父さんのコネで事務職として採用されました –

年齢 性別 職業
32歳 女性 建設業
私は30歳までカジュアルウェアショップの販売員として働いていました。

一応ノルマがありずっと売上が悪いと居づらくなっていきます。

お店自体の売上も低迷していて、閉店の噂がずっとあったので、見切りを付けて退職しました。

同じ仕事をするのが嫌だったので、父に頼んで父のお兄さんの会社の事務職として採用してもらいました。

同族系の会社なので、すんなりと採用してくれました。やはり持つべきものは、頼れる親戚です。

Q コネを利用してみてどう思ったか

前職でもパソコンを使っていたので、あまり戸惑いはありませんでした。

社長の姪っ子ということで偉そうに命令されることもなく、快適です。

私も偉そうにすることもなくうまくやっているつもりなので、女子社員のウケも悪くはないと思います。

ノルマに追われることもなく、完全週休二日制なのでとても楽です。

給料もちょっとアップしたので、転職は大成功です。


– 知り合いの社長のコネで入社しました –

年齢 性別 職業
39歳 男性 営業
私の知り合いには自動車関連会社の社長がいます。

某自動車関連会社に勤めていた私は女性関係の問題で退職に追い込まれました。

そこで知人社長にその事をなんとなく話をしたところたまたま社長のグループ会社が新店舗をオープンするとの事で紹介されほとんど面接する事もなく、また金銭面でも優遇され入社する事が出来ました。

少し自宅からは遠かったですが転職成功と言えます。


Q コネを利用してみてどう思ったか

最初はこいつは◯◯のコネで入ったヤツだなと色眼鏡で見られないか不安でしたが新店舗という事もあり皆ゼロからのスタートで全く心配ありませんでした。

また、前職で実績を積んでいたのでコネは特に関係なく最初から責任ある立場に着く事が出来たので、コネ入社という事を忘れてしまっていましたが

金銭面での優遇が大きくそこは優越感に浸れました。


– 伯父のコネで入社しました –

年齢 性別 職業
38歳 女性 設計補助
伯父が設計の会社の社長をしていた時、お盆に仕事を探しているという話を親戚としていたら、良かったら会社に遊びに来てみたら?と言われ、結局そのまま就職する事になりました。

その会社のつながりで、ある大きな企業に出向の形で入り設計補助の仕事をしました。

電気設計は全く素人でしたがやっていけば慣れてくるよ。

気楽にやればいいとの事でかなり優遇して頂いた条件で就職しました。


Q コネを利用してみてどう思ったか

社長と専務の姪という事で、50代以上の方々には伯父の話を聞かせて下さったり昔話を教えて貰えたり色々と気を配って頂き職場にはすぐに馴染む事が出来ましたが

そこの出向チームの長の方は会長の派閥の方で目の敵にされてしまいました。

私にはもう一人電気設計チームの上司もいたのですがこちらの上司とチーム長の仲も悪くそういった事からストレスが絶えず伯父が社長職を退くときに一緒に辞めました。

人間関係が難しかったです。

コネは使ったほうがいいのか?

結論として言えることですが、コネはできるだけ使わないほうがいいでしょう。

長い人生というスパンで考えると、自分で道を切り開いていくほうが糧になるからです。

自分で苦しんで決めた転職先、そこでの昇進昇級は自信にもつながりますし、本当の意味でのスキルアップにもなります。

コネを使うのは最終手段としましょう。

CMや広告でも露出が多く、日本では知らない人はいないというほどの日本最大級の総合転職サイト。

マイナビエージェントは独占求人が多いため、他にはない求人が多く存在しています。

求人が多いのもそうですが、それに伴い非公開求人も多く存在しています。まず登録しておくと求人を探す幅が広がると言われている転職サイトです。

強み 年収アップ率
  • 中小企業の求人や、第二新卒向けの求人が多い
  • 登録者数が多く求人数も非常に多い
  • エージェントの質が高い
5つ星
求人数 こんな方におすすめ 対応地域
約 8,000件 総合 全国

btnエージェント詳細

btn公式へ

設立は2003年と比較的新しい会社ですが、今の時代に特化したIT業界・WEB業界の転職者を支える総合転職サイトです。

業界の認知度はとても高いのですが、一般的な認知度はまだまだといったところ。

しかし、求人数は他の転職サイトに引けをとらないほど多く、専門的な分野から選択することができます。

また、転職コンシェルジュの対応が早いためサクサクと転職活動を進められることができます。

強み 年収アップ率
  • 転職コンサルタントよりも上の転職コンシェルジュで求職者の転職を手厚くサポート
  • ワークポートから提供される個人サイトが使いやすく、転職活動を管理しやすい。
  • IT業界やWEB業界の独占求人が多く、企業や転職者には高評価
5つ星
求人数 こんな方におすすめ 対応地域
約 7,000件 IT系 / WEB系 / エンジニア 全国

btnエージェント詳細

btn公式へ

業界2位だけあって、バランスが良いと評判のDODA。エージェントのあたりハズレがあまりないとも言われています。
ただし、求人数が膨大なだけあって、その中には質の悪い求人も多数存在しているので自分で確実に選別する必要があります。

面接対策や、書類の添削に関しては高評価なので、転職する際には必ず登録しておいた方がいいサイトです。

強み 年収アップ率
  • 大手企業からベンチャー企業まで幅広い求人を探すことができる
  • 面接のテクニックや書類の書き方など、実践的な対策ができる
  • セミナーやイベントが多くモチベーションを高く維持できる
5つ星
求人数 こんな方におすすめ 対応地域
非公開求人含め 100,000件以上 総合 / 海外 全国 / 海外

btnエージェント詳細

btn公式へ