ホワイト企業とブラック企業

どの会社に勤めるかは非常に重要です。いわゆるブラック企業に勤めてしまったら、何年も何十年も報われることのないまま消耗品のように使われ、やがてストレスでつぶれてしまいます。その逆でホワイト企業に就職できるなら年齢と共に仕事に慣れ、生活は楽になっていくことでしょう。今から転職をしようと思っている場合、できればブラック企業には勤めたくないでしょう。だからといって求人票に「うちはブラック企業です」と書かれているわけでもありません。どうすれば勤めようとしている会社がホワイト企業かブラック企業化を見分けることができるのでしょか? ブラック企業の5つ定義と、それを見分ける5つの方法があります。

何をもってホワイト企業とブラック企業か?

同じ会社に勤めていても、ある人はここはホワイト企業だと感じ、別の人はブラック企業だと感じているケースもあります。ある人は会社の創設から働いて、今では年収、休暇、残業の面でも優遇されており、ここはホワイト企業と感じています。しかし別のある人は同じ会社に数年後入社、ありえないノルマの課せられた上、サービス残業を強いられ、その上低い賃金で働かされており、ここはブラック企業だと感じます。よって何をもってホワイトかブラックかを最初に整理しておきましょう。それは、すでに勤めている人ではなく、今から勤めようとする人にとって、①正当な給料が払われるか、②残業は多すぎないか、③残業代は支払われるか、④達成不可能なノルマを課せられないか、⑤有給休暇が取れるか、という5つの点に絞ることができます。この5つの点で大きな問題があるならブラック企業。労働そのものがきつくてもこの5つの面のほとんどが大きな問題ではない場合、ブラック企業とは言えません。では就職前の段階でどうやってブラック企業かホワイト企業かを見分ければよいのでしょうか。続いて、5つの見分け方を見ていきます。

求人に制限がない

ブラック企業にとって人材は使い捨てです。幅広く門戸を広げ、安い給料で可能な限り働かせ、辞めたらまた雇うという考え方です。すでに決まっている少数の人だけを管理職とし、他の人材はすべてコマ扱いしようというのが本音です。もちろん人材を育てていこうと考えはありません。こうした考えは求人票の中に見え隠れします。例えば求人欄に「経験不要」「年齢不問」「学歴不問」などと書かれています。考えて見ましょう。こうした会社は人材を育てていこうと思っているでしょうか。人材を育てたいと思っているなら、やはりある程度の条件をつけてくるはずです。もちろん小遣い稼ぎをしたいだけなら、門戸の広いこうしたところでしばらく働いてお給料をもらうのもいいでしょう。しかし長く働いてその会社と共に生きて行きたいと思うなら、賢明ではありません。何事も初めが肝心。門戸が広い会社は気をつけましょう。ホワイト企業は人材を育てたいので、学歴やスキルなどがそれなりに高く設定されています。

成果主義を強調

求人票に「成果しだいで年収いくらでもアップ」などのうたい文句があったら注意が必要です。いっけん頑張っただけ報酬に反映されそうな雰囲気がしますが、そうではありません。これはそれくらい死ぬほど働いてくれる人がほしいというのが本音です。実際に入社すると現実的に決して達成できないようなノルマを要求されます。もともと無理なのにそのノルマを達成するよう努力を強いるので、もちろん時間外労働も強いられます。ノルマに達成していないのだから当然だとでも言うかのように残業代は支払われません。何年もボロボロになるまで働いて、報われないことに気づくまで働かされ続けます。ホワイト企業は一般に、給与や残業代などの条件面だけを淡々と記載し、成果主義が強調されていません。

残業時間・時間外給与の記載

ブラック企業はできるだけただ働きさせたいので、残業時間・時間外給与の記載がありません。一般にホワイト企業は残業時間・時間外給与が細かく書かれています。毎週金曜日はNO残業デーなどと書かれているのも良い会社の証拠です。ブラック企業は自分たちにとって都合の悪い情報はできる求人票には記載せず、たくさんの給料がもらえるというイメージだけを抱かせます。

年収の記載幅が広すぎる

求人票に年収「250万~1000万」などと書かれているのは注意です。1000万の部分が強調されているときはさらに注意です。実際に入社何年で1000万稼いだ人の例など記されていたら完全に要注意です。250万円しかもらえないと思っておいたほうがいいでしょう。1000万と書かれているのは、1000万円くらいもらえるぐらい働いてほしいという意味なのです。夢だけ抱かせて実際に使い倒すのがブラック企業の常套手段なのです。

会社名で検索

求人票のほとんどには会社名が記されていますし、具体的に記されてないときでも、求人活動を進めるにつれ会社名が分かることでしょう。その会社の社風をインターネット使い調べるのです。もちろんその会社のホームページも参考にしますが、その会社を利用したお客さんの口コミや2chで辞めた人のメッセージなどが見れる場合もあります。もちろんそうした口コミすべてをまともに受け取ることはできませんが、社風をつかむのにはかなり役に立ちます。ホワイト企業にはほとんど悪い口コミは見られません。検索を駆使すれば残業代があるかないか、有給が取れるか否かが分かる場合もあります。

妥協ラインを定める

ホワイト企業からの求人は多くありません。辞めては雇うを繰り返すブラック企業からの求人が多いのは仕方ないことでしょう。ですがすべての企業に白か黒かつけることはできないのです。いわゆるグレーという会社はたくさんあります。残業は多いですが報酬面は恵まれていたり、その逆に報酬面は最低ラインでも残業なし、有給ありという会社もあるのです。自分にとって妥協できる会社を見つけるのが転職成功への不可欠な態度です。

CMや広告でも露出が多く、日本では知らない人はいないというほどの日本最大級の総合転職サイト。

マイナビエージェントは独占求人が多いため、他にはない求人が多く存在しています。

求人が多いのもそうですが、それに伴い非公開求人も多く存在しています。まず登録しておくと求人を探す幅が広がると言われている転職サイトです。

強み 年収アップ率
  • 中小企業の求人や、第二新卒向けの求人が多い
  • 登録者数が多く求人数も非常に多い
  • エージェントの質が高い
5つ星
求人数 こんな方におすすめ 対応地域
約 8,000件 総合 全国

btnエージェント詳細

btn公式へ

設立は2003年と比較的新しい会社ですが、今の時代に特化したIT業界・WEB業界の転職者を支える総合転職サイトです。

業界の認知度はとても高いのですが、一般的な認知度はまだまだといったところ。

しかし、求人数は他の転職サイトに引けをとらないほど多く、専門的な分野から選択することができます。

また、転職コンシェルジュの対応が早いためサクサクと転職活動を進められることができます。

強み 年収アップ率
  • 転職コンサルタントよりも上の転職コンシェルジュで求職者の転職を手厚くサポート
  • ワークポートから提供される個人サイトが使いやすく、転職活動を管理しやすい。
  • IT業界やWEB業界の独占求人が多く、企業や転職者には高評価
5つ星
求人数 こんな方におすすめ 対応地域
約 7,000件 IT系 / WEB系 / エンジニア 全国

btnエージェント詳細

btn公式へ

業界2位だけあって、バランスが良いと評判のDODA。エージェントのあたりハズレがあまりないとも言われています。
ただし、求人数が膨大なだけあって、その中には質の悪い求人も多数存在しているので自分で確実に選別する必要があります。

面接対策や、書類の添削に関しては高評価なので、転職する際には必ず登録しておいた方がいいサイトです。

強み 年収アップ率
  • 大手企業からベンチャー企業まで幅広い求人を探すことができる
  • 面接のテクニックや書類の書き方など、実践的な対策ができる
  • セミナーやイベントが多くモチベーションを高く維持できる
5つ星
求人数 こんな方におすすめ 対応地域
非公開求人含め 100,000件以上 総合 / 海外 全国 / 海外

btnエージェント詳細

btn公式へ