会社が倒産する前兆

日本の景気はずっと停滞状態が続いて、有名な会社が倒産することもたびたびあります。

そのような記事を見ると

自分の会社は果たして大丈夫だろうか?」と不安に感じる人もいるはずです。

会社が倒産すれば、自分や家族の生活に直結してしまいます。

企業倒産の専門家などに話を聞いてみると、倒産しそうな会社にはいくつか特徴的な兆候が見られるといいます。

まずはみんなの口コミを紹介していきます。

-給料日当日、昼以降に振り込まれたら「ヤバイ」-

年齢 性別 職業
34歳 女性 IT

Q. どんな兆候があったのか?

給料が給料日の朝に振り込まれていない。当日の昼などに振り込まれる。

客先に訪問した際の交通費や小口現金が即日支払われない(うちの会社は通勤費以外の交通費は即日現金で支払われるところだった)。

ボーナスが支給されない。人員が余っていても仕事を新規に受注しようとしない。

Q. どんな兆候がみられたら注意すべきか

とにかくお金の支払いが遅くなったら「ヤバイ」と思った方がよいです。

期日が守られていても、いつも通りの時間に支払われなくなったら資金が焦げ付いてきている可能性があると思いました。

まず給料は通常だったら前日までに振り込み手続きがされ、給料日当日の朝には口座に振り込まれているはずなのですが

当日の昼12時だったり午後3時だったりとだんだん遅れてきます。

そのうち1日ずれ、2日ずれ、ということが多くなってきます。

うちの会社は客先に訪問した際などイレギュラーに発生した交通費などは都度申請をして現金で精算となるのですが

申請をしても支払いは月末の給料日まで待ってほしいと言われることが多くなってきました。

業績悪化を理由にボーナスが支払われないのは今の時代珍しいことではないですがそれに合わせて仕事を新規に受注しようとしなかったり、前記の給料支払いや交通費支払いの遅れがあるようなら注意した方がよいと思いました。

-給料日当日、昼以降に振り込まれたら「ヤバイ」-

年齢 性別 職業
26歳 女性 塾講師

Q. どんな兆候があったのか?

給料が給料日の朝に振り込まれていない。当日の昼などに振り込まれる。

毎月25日に必ず支払われていた給料が、ある日「今月だけちょっと遅れます。

2、3日したら振り込まれるので安心してくださいと言われました。

実際に予定より遅れ、2日後に支払われましたが、その後もだんだん遅延が重なっていきました。

Q. どんな兆候がみられたら注意すべきか

たとえ2、3日でも、今まで固定だった給料日が後ろにずれるようになったら要注意です。

数日後にちゃんと全額支払われたから大丈夫だろうと思っていてもその次の月も、さらにその次の月も…という風に何度も遅れていくようになります。

この状態は、自転車操業のように「毎月のやりくりでいっぱいいっぱいになっている」ということの表れだと思います。

さらに、今まであった金銭的なメリットが削られてくることもあります。

スタッフが自由に飲むことができていたドリンクが突然中止になったり以前まであった手当が廃止になったりすると、それだけ余裕がなくなってきているということです。

このような兆候が続くと、突然会社が倒産する可能性があります。

-給料遅延の兆候があったら倒産間近-

年齢 性別 職業
29歳 女性 営業職

Q. どんな兆候があったのか?

毎月25日に必ず支払われていた給料がある日「今月だけちょっと遅れます。2~3日したら振り込まれるので安心してください」と言われました。

実際に予定よりも2日後に支払われましたが、その後もだんだん遅延が重なっていきました。

Q. どんな兆候がみられたら注意すべきか

たとえ2~3日でも、今まで固定だった給料日が後ろにずれるようになったら要注意です。

数日後にちゃんと全額支払われたから大丈夫だろうと思っていてもその次の月も、さらにその次の月も…という風に何度も遅れていくようになります。

この状態は、自転車操業のように「毎月のやりくりでいっぱいいっぱいになっている」ということの表れだと思います。

さらに、今まであった金銭的なメリットが削られてくることもあります。

スタッフが自由に飲むことができていたドリンクが突然中止になったり以前まであった手当が廃止になったりすると、それだけ余裕がなくなってきているということです。

このような兆候が続くと、突然会社が倒産する可能性があります。

-給料日当日、昼以降に振り込まれたら「ヤバイ」-

年齢 性別 職業
34歳 男性 文筆業

Q. どんな兆候があったのか?

給料が給料日の朝に振り込まれていない。当日の昼などに振り込まれる。

毎月25日に必ず支払われていた給料が、ある日「今月だけちょっと遅れます。

2、3日したら振り込まれるので安心してくださいと言われました。

実際に予定より遅れ、2日後に支払われましたが、その後もだんだん遅延が重なっていきました。

Q. どんな兆候がみられたら注意すべきか

たとえ2、3日でも、今まで固定だった給料日が後ろにずれるようになったら要注意です。

数日後にちゃんと全額支払われたから大丈夫だろうと思っていてもその次の月も、さらにその次の月も…という風に何度も遅れていくようになります。

この状態は、自転車操業のように「毎月のやりくりでいっぱいいっぱいになっている」ということの表れだと思います。

さらに、今まであった金銭的なメリットが削られてくることもあります。

スタッフが自由に飲むことができていたドリンクが突然中止になったり以前まであった手当が廃止になったりすると、それだけ余裕がなくなってきているということです。

このような兆候が続くと、突然会社が倒産する可能性があります。

以上を踏まえ、自分の会社が当てはまらないかどうか確認してみましょう。

貸借対照表の借金が多い

上場企業に勤務している場合、IR情報を確認することです。IR情報はたいていの企業がホームページで一般公開しています。

IR情報の中でも、よくバランスシートと言われる貸借対照表を見ることです。

貸借対照表は左に資産、右に負債や自己資本が記載されています。

自己資本が負債よりも高い状態であれば、まずその企業は当面大丈夫です。

しかし負債の方が大きければ大きいほど、危ないと思った方が良いです。

しかも負債の比率が80%を超えてくると、危険水域だと思ってください。

加えて負債の性質にも注意が必要です。

負債には長期返済をする固定負債と手形など短期で支払いしなければならない流動負債があります。

流動負債の割合が多ければ多いほど、すぐに返済する必要のある借金を抱えている、資金繰りがかなり厳しい会社であると判断できます。

経常利益が連続赤字

損益計算書もしくはP/Lと呼ばれる資料があるのですが、簡単に言えば会社がどれだけの儲けを出しているかを表した資料です。

P/Lの中で注目したいのは、経常利益です。

経常利益がここ数年黒字であれば、安定した経営ができていると評価できます。

赤字が出ている、しかもここ数年連続して赤字の場合には注意しなければなりません。

目安として、直近3年以上にわたって連続赤字が出ていれば、それだけ負債も多く抱えていて危ない会社であると判断できます。

売掛金の回収を急かせる

ここまでは上場企業の倒産の前兆について紹介しました。しかし中小企業の場合、IR情報が紹介されていないことも多々あります。

その場合、まずは売掛金の回収を経営者が急かしていないか確認しましょう。

経営が厳しい会社になると、小口の売掛金も厳しく回収するように命じてくることが多いです。

さらにまだ支払期日が来ていないのに、相手に催促に行かせるようになるといよいよ資金繰りが相当厳しいのかと推測できます。

もしこのような無茶な命令が上司から出るようになったら、倒産もいよいよ近いと思った方が良いです。

社長がなかなか会社に出てこない

自分の会社の社長を社内でめったに見ることがない、出社してくるけれどもほかの社員と比較してやけに遅い状態が続けば、会社が危ないと思った方が良いでしょう。

中小企業では、社長が自分で金策に回ることが多いです。会社で社長を見かけないのは、金策に駆けずり回っている可能性は高いです。

しかも銀行などまともな所から借金できなくなると、知人・友人を頼ることも増えます。

そうなると後ろめたさを感じる社長もいるようです。そして夜眠れなくなってしまって、アルコールに頼って深酒で、朝起きられなくなるといったことも中にはあるみたいです。

会社が倒産する前兆を感じたら注意

以上のような傾向が見られるのなら、会社は危ないと思うべきです。この時すぐに会社を辞めた方が良いと思う人もいるでしょう。

そして希望退職を募る会社も出てくるはずですが、その話には安易に乗るべきではありません。離職をした後で転職活動するといっても、容易に転職先が見つかるとは限りません。

そこで会社で仕事をつづけながら、以上の兆候が出てきたら転職活動の準備を進めましょう。

転職活動をするといっても、それなりに時間がかかってしまいます。

どこに応募するかの情報収集、転職サイトへの登録・コンサルタントとの面談、さらには履歴書や職務経歴書の作成といった感じでやるべきことはたくさんあります。

どんなに少なく見積もっても、数日はかかります。できるだけ収入ゼロの浪人期間を短くするにはどうすべきかを考えることです。

転職先が見つかる前に会社を辞めると、決して日本の景気も好調ではないため、転職活動が長期戦となることも十分考えられます。

理想は倒産の前兆の出てくる前の段階で、転職するための準備を進めておくことです。

CMや広告でも露出が多く、日本では知らない人はいないというほどの日本最大級の総合転職サイト。

マイナビエージェントは独占求人が多いため、他にはない求人が多く存在しています。

求人が多いのもそうですが、それに伴い非公開求人も多く存在しています。まず登録しておくと求人を探す幅が広がると言われている転職サイトです。

強み 年収アップ率
  • 中小企業の求人や、第二新卒向けの求人が多い
  • 登録者数が多く求人数も非常に多い
  • エージェントの質が高い
5つ星
求人数 こんな方におすすめ 対応地域
約 8,000件 総合 全国

btnエージェント詳細

btn公式へ

設立は2003年と比較的新しい会社ですが、今の時代に特化したIT業界・WEB業界の転職者を支える総合転職サイトです。

業界の認知度はとても高いのですが、一般的な認知度はまだまだといったところ。

しかし、求人数は他の転職サイトに引けをとらないほど多く、専門的な分野から選択することができます。

また、転職コンシェルジュの対応が早いためサクサクと転職活動を進められることができます。

強み 年収アップ率
  • 転職コンサルタントよりも上の転職コンシェルジュで求職者の転職を手厚くサポート
  • ワークポートから提供される個人サイトが使いやすく、転職活動を管理しやすい。
  • IT業界やWEB業界の独占求人が多く、企業や転職者には高評価
5つ星
求人数 こんな方におすすめ 対応地域
約 7,000件 IT系 / WEB系 / エンジニア 全国

btnエージェント詳細

btn公式へ

業界2位だけあって、バランスが良いと評判のDODA。エージェントのあたりハズレがあまりないとも言われています。
ただし、求人数が膨大なだけあって、その中には質の悪い求人も多数存在しているので自分で確実に選別する必要があります。

面接対策や、書類の添削に関しては高評価なので、転職する際には必ず登録しておいた方がいいサイトです。

強み 年収アップ率
  • 大手企業からベンチャー企業まで幅広い求人を探すことができる
  • 面接のテクニックや書類の書き方など、実践的な対策ができる
  • セミナーやイベントが多くモチベーションを高く維持できる
5つ星
求人数 こんな方におすすめ 対応地域
非公開求人含め 100,000件以上 総合 / 海外 全国 / 海外

btnエージェント詳細

btn公式へ