転職活動で希望する会社によっては適正検査が行われることがあります。適性検査と一口に言ってみても、会社によっては学力審査的な場合もあれば、その人が性格的に会社の業種に向いているかを確認するための場合もあり、内容は様々です。それでは実際に転職の際の適性検査にどのくらい重点がおかれるのでしょうか。

会社が違えば適性検査の内容も違う

現在転職活動のまっただ中という方はおわかりでしょうが、適性検査を行う会社と行わない会社があり、中小企業より大手の会社の方が適性検査を行う傾向があります。適性検査を行うことで学力を確かめ、面接では見定めることのできない性格的な適性を確認することが考えられます。業種が専門的になるほど、その人が資格に叶う知識や技術を持っているかどうかを調べる目的で適性検査を実施するということもありますので、このような会社への転職には適性検査が極めて重要であるということを念頭において転職活動を進めましょう。
適性検査の内容が、一般常識や学力を見るための軽いテストであれば、市販のSPI問題集を活用することで事前に備えることが可能です。

その人の性格を見る適性検査

転職したいと思う会社が、入社希望者の性格を知るために適性検査を実施することがあります。その際、自分の気持ちに沿うよりも会社の意向に合わせた回答をする人がいます。しかし、適性検査の意味を考慮すると、自分の意思表示を正直に表した回答の方がよいでしょう。適性検査を通して、一貫性を見定める項目も織り込まれていますので、自分を信じて、気持ちに素直に回答することが大切です。

CMや広告でも露出が多く、日本では知らない人はいないというほどの日本最大級の総合転職サイト。

マイナビエージェントは独占求人が多いため、他にはない求人が多く存在しています。

求人が多いのもそうですが、それに伴い非公開求人も多く存在しています。まず登録しておくと求人を探す幅が広がると言われている転職サイトです。

強み 年収アップ率
  • 中小企業の求人や、第二新卒向けの求人が多い
  • 登録者数が多く求人数も非常に多い
  • エージェントの質が高い
5つ星
求人数 こんな方におすすめ 対応地域
約 8,000件 総合 全国

btnエージェント詳細

btn公式へ

設立は2003年と比較的新しい会社ですが、今の時代に特化したIT業界・WEB業界の転職者を支える総合転職サイトです。

業界の認知度はとても高いのですが、一般的な認知度はまだまだといったところ。

しかし、求人数は他の転職サイトに引けをとらないほど多く、専門的な分野から選択することができます。

また、転職コンシェルジュの対応が早いためサクサクと転職活動を進められることができます。

強み 年収アップ率
  • 転職コンサルタントよりも上の転職コンシェルジュで求職者の転職を手厚くサポート
  • ワークポートから提供される個人サイトが使いやすく、転職活動を管理しやすい。
  • IT業界やWEB業界の独占求人が多く、企業や転職者には高評価
5つ星
求人数 こんな方におすすめ 対応地域
約 7,000件 IT系 / WEB系 / エンジニア 全国

btnエージェント詳細

btn公式へ

業界2位だけあって、バランスが良いと評判のDODA。エージェントのあたりハズレがあまりないとも言われています。
ただし、求人数が膨大なだけあって、その中には質の悪い求人も多数存在しているので自分で確実に選別する必要があります。

面接対策や、書類の添削に関しては高評価なので、転職する際には必ず登録しておいた方がいいサイトです。

強み 年収アップ率
  • 大手企業からベンチャー企業まで幅広い求人を探すことができる
  • 面接のテクニックや書類の書き方など、実践的な対策ができる
  • セミナーやイベントが多くモチベーションを高く維持できる
5つ星
求人数 こんな方におすすめ 対応地域
非公開求人含め 100,000件以上 総合 / 海外 全国 / 海外

btnエージェント詳細

btn公式へ