23歳という年齢は、キャリアを見つめ直すターニングポイント。下記のように転職の悩みをかかえている人は、世の中にたくさんいます。

「社会人経験が少ない人は採用されないのでは?」
「転職回数は何回ぐらいから不利になる?」
「高卒を雇ってくれる企業は少ない?」

このように同じ23歳でも、転職の悩みはさまざま。しかし共通しているのは、「ハンデがあると転職に失敗するのでは」と不安になっていることです。自分が企業にどう評価されるか気になり、転職をためらっている方もいるのではないでしょうか。

今回は23歳の求職者のために、転職の悩みを解消できる対策やコツを紹介します。年齢やキャリアを気にせず、自信をもってチャレンジしていきましょう。

転職を意識する23歳に多いきっかけって何?

23歳の中には、夢や希望をもって就職したはずなのに、実際に働いてみると「こんなはずじゃなかった」と思うことばかり。若い年代ほど、現実の厳しさに落ちこんでしまうこともあるでしょう。

また「自分はこのままでいいのか」という疑問を抱くのも、23歳という年齢の特徴です。ポテンシャルを秘めた年代だけに、キャリアに迷いが生じるのも無理はありません。

そこで実際に、23歳の多くが転職を意識するきっかけをいくつか見ていきましょう。

労働条件に不満を感じている

  • 残業が多い
  • 休みがとれない
  • 仕事がハードなわりに給料が安い
  • 昇給や昇進が期待できない
  • 最初に聞いた条件とちがいすぎる
仕事が合わないと感じている

  • 自分のイメージとちがっていた
  • やりたかった仕事をさせてもらえない
  • 実際に働いてみて、自分に向かない仕事だとわかった
  • スキルアップできない
  • 他にやりたい仕事がある
人間関係のストレスが大きい

  • 上司の人間性に問題がある
  • 先輩にいじめられている
  • 苦手な同僚がいる
  • 職場の雰囲気が悪い

このように23歳は、社会経験がまだ少ないため、これらの問題が自分の身に起きることは想定外。そのため戸惑いやショックも大きく、重い気持ちを引きずりながら働くことになります。

23歳で転職を意識するのは早い?

転職したいという気持ちを周りに伝えた時、周りの年長者からいろんな意見が飛びかうこともあるでしょう。

  • 経験が少ないのに、雇ってくれる会社はあるのか
  • 転職はいいことばかりではない
  • 世の中はそんなに甘くない
  • 就職したら3年間は辞めずに勤めるのが常識
  • 転職して後悔している人は多い

このような意見の中で、素直にしたがうことに反発を覚えつつ、心の中で葛藤を繰り返すことも。とはいえ23歳で転職を意識するのは「早すぎる」わけではありません。

まず大事なのは、感情で突っ走るのではなく、じっくり考えた結果転職を決断することが大切でしょう。

我慢して働き続けると、どういったことが考えられる?

転職を見つめなおして、今の職場に踏みとどまることも一つの選択。しかし我慢して働き続けると、場合によってはリスクを伴うことあります。

そこで実際に、どんなリスクが生じるのか見ていきましょう。

過酷な労働環境のケース

  • 睡眠不足・過労で体調を崩す
  • 過重労働で精神状態が不安定になる
  • 自分を犠牲にして働き続けても、昇給や昇進は期待できない
自分に合わない仕事を続けたケース

  • いつまでたっても仕事のモチベーションが上がらない
  • 仕事への意欲が足りないので失敗も多くなる
  • スキルアップできないうちに歳をとってしまう
  • 他の仕事をしている友人がうらやましくなる
  • 人間関係のストレスは自分にどんな影響を及ぼすか

  • 食欲がなくなり、眠れなくなる
  • 会社に行けなくなり、休みがちになる
  • 心身が病んでしまい、治療や服薬が必要になってくる
  • 無理して働き続けることにより、心身ともに疲弊してしまうことがあります。こうしたリスクを避けるために、転職を一つの手段とすることは、間違った答えではないでしょう。

    23歳の多くが転職を意識しはじめる

    この年齢になると、今までの経験をふまえて「自分の近い将来」をイメージできます。

    いまの仕事を続けても将来が不安だと感じる場合も、自ら軌道修正できる年齢といえるでしょう。若いうちに行動しておくことで、より早く自分にあった職と出会うこともできます。

    人生観や仕事観も多様化しているので、ステレオタイプに縛られず、キャリアビジョンを立ててみましょう。

    23歳の転職事情について、徹底解説!

    いざ転職活動を行う際には、企業が「23歳の求職者をどう見ているのか」を知っておく必要があります。

    23歳の求職者に期待していること 23歳の求職者に期待していないこと
    年齢の若さ
    ポテンシャルの高さ
    会社に対する意欲
    人柄(コミュニケーション能力)
    ビジネスの吸収力がある
    成長性がある
    即戦力
    社会人経験が浅い

    若い求職者は「社会経験が少ないこと」を気にするでしょう。しかし転職市場の23歳に対する評価は、「経験を活かした即戦力となる人材」ではありません。

    そこで期待するのは、本人の将来性です。企業が望むような人材になれるか、その成長性をふまえて採否を判断します。

    実績・スキルが少ない23歳は対象求人が少ない!そこでどう動くか

    23歳の転職は、求人が少ない買い手市場です。書類選考では職歴・勤務年数で判断されることが多く、思うような結果を得られないのが現状でしょう。

    こうした不利な状況でどう動くか、下記でそのポイントを見ていきましょう。

    23歳の転職は中小企業が狙い目!

    23歳が転職を失敗するその多くは、「大手企業だけに絞っている」というケースがあります。

    しかし大手企業の傾向として、若手人材のニーズは新卒にあります。一方、中途採用は「経験を重視する」するため、実績・スキルが足りない23歳はそのニーズに当てはまりません。

    需要のない大手企業ばかり応募するのは、前向きな転職活動とは言えませんね。

    そこでおすすめなのが「中小企業」。中小企業は、若手の人材不足が目立っています。新卒は大手企業に取られてしまい、人員を思うように確保できないのが現状でしょう。

    そのため23歳は採用される確率が高く、現場でも大変よろこばれます。経験を重ねてスキルを身につければ、将来キャリアアップすることも可能でしょう。

    新卒1年目の23歳は第二新卒枠で有利な立場になれる

    23歳で転職を決断する場合、その経歴の多くが「在職年数1年程度」になるでしょう。こうした勤続年数の短さは企業側に、

    • 入社してもすぐ離職する危険性
    • 我慢のできない人間
    • 安易な考えでの転職

    と判断されてしまうことも多いです。こうしたハンデを払拭するためは、23歳という年齢をいかして「第二新卒枠」でアピールしてみましょう。

    年上の第二新卒に比べてブランクが少ない

    新卒1年目は、第二新卒の中でも経験が浅いほうです。しかし23歳という年齢が、評価に大きく関係します。

    若ければ若いほど、会社の文化や組織に馴染みやすく、扱いやすい年齢と判断されるでしょう。

    また第二新卒に乗っかることで、転職市場での重要も高くなるので、より転職活動がスムーズにいくでしょう。

    自分のハンデを自覚していることを伝える

    会社をすぐに辞めたという懸念材料については、そのハンデを覚悟で転職に踏み切ったことをアピールしましょう。

    これは安易な行動だと判断されることを避けられる材料になります。

    また、そこまでする応募企業への熱意にもなるので、担当者の見方も良い方向に変わっていくでしょう。

    転職に対する目的・意思、仕事の方向性を明確にしよう

    23歳の転職活動では、企業に対して次のように思わせることが大切です。
    「実績や経験は少ないが、仕事に対する考えがしっかりしている」

    そのためには目的・意思・仕事の方向性をはっきりさせ、志望動機として企業に伝えることが必要です。

    意欲にあふれた志望動機で、ライバルに差をつけることも可能です。キャリアカウンセリングを受けて、客観的に自分を分析すれば、目的・意思・仕事の方向性が明らかになってきます。

    若手人材や第二新卒に特化して転職エージェントを利用する!

    23歳前後は、転職エージェントのサポートが特に必要な年齢です。もう立派な大人なので、自分のことはよくわかっていると考えてしまいますが、さまざまな視点から自己分析するためには、豊富な社会人経験が必要なのです。

    少ない経験から自分に向いていることを見つけ出し、どんな仕事や職場に向いているのか判断するには、プロの力が必要です。

    自己理解を深めた上で求人を探した方が、自分にぴったりの会社が見つかりやすいのです。

    23歳の転職活動に利用したい転職エージェント5選!

    23歳の求職者に人気のある「若年者専門の転職エージェント」を紹介します。どれもみんな個性豊かなサイトばかりなので、気に入ったエージェントを見つけて利用してみましょう。

    ハタラクティブは学歴に合わせた転職サポートが充実している

    内定率80%の実績をもつハタラクティブは、20代の若い年齢層のための転職エージェント。はじめての転職に不安をかかえている方にも利用しやすいのが、ハタラクティブのサービスなのです。

  • 会社に勤めた経験がなくてもOK
  • 自分ひとりでは転職活動が不安な方も安心
  • 正社員をめざしている方におすすめ
  • ハタラクティブは「未経験者可」の求人がそろっているのが特徴。さらに応募書類や面接など、自分の経歴をどのように表現するか、アドバイザーが助言してくれるので心強いです。

    相談からアフターフォローまで行き届いたサービスが受けられるハタラクティブは、求人情報だけではなく、正社員として採用されるためのノウハウが充実しています。

    マンツーマンで本人に合った助言をしてくれるのもうれしいですね。

    btn公式へ

    就職shopは中小企業の案件に強い

    就職shopは「中小企業とのマッチング」に定評があります。企業への採用支援を行っているので、就労意欲のある若い人材との橋渡しを行っています。

    • 電話やメールでの相談が苦手な方に最適
    • 自分にぴったりの仕事が見つかる
    • 不採用が続いている方には就職shopがイチオシ

    就職shopに登録している企業の数は8000社以上。担当スタッフが企業に直接取材をしているので、独自の求人情報をたくさん持っています。

    面接をうけても、なかなか良い結果に恵まれない時は、求人の選び方を見直す必要があります。

    就職shopでは、優良中小企業の情報をたくさん持っていますので、視点を変えて検討してみることをおすすめします。

    第二新卒ナビ(ウズキャリ)は第二新卒の20代に特化した案件が豊富

    ウズキャリは、第二新卒者専門の転職エージェント。キャリアカウンセラー全員が「第二新卒」または「既卒」の経験者なので、利用者の気持ちに寄り添った支援ができるのが大きな強みです。

    • ブラック企業を避けることができる
    • 面接のサポートには特に力を入れている
    • 丁寧な支援は転職後も継続する

    初めての就職でつらい経験をした人は、「ブラック企業に転職するのは避けたい」と強く願っています。ウズキャリでは、ブラック企業かどうかを判断する独自の基準を設けています。問題のある企業の求人は扱っていないので安心できます。

    またウズキャリは、入社後の定着率が90%以上。入社してからもカウンセラーの手厚いフォローが続き、めげてしまいそうになっても精神的な支えとなってくれます。

    ジェイックは営業系に強い転職エージェント

    ジェイックは、転職支援だけではなく、企業の採用や社員教育などのサービスも行っています。企業にはどんな人材が必要なのかを熟知しているので、20代の求職者に必要な研修を積極的に実施しています。

  • 未経験でも転職可能
  • 自分の適性を気軽に調べることができる
  • 営業職を希望する方へのサービスが充実している
  • ジェイックは利用者の70%が未経験者です。紹介する求人は「未経験者歓迎」の企業ばかり。書類選考もないので、学歴や職歴だけで不採用になることがありません。

    職場の雰囲気が良い「安定した企業」ばかりを紹介するので、正社員の営業職をめざす方にはおすすめです。

    マイナビは20代の転職に特化!第二新卒向けの求人数が圧倒的

    転職エージェントの大手といえばマイナビ。求職者のタイプに合わせた専門サイトがそろっています。

    マイナビジョブ20’sでは、第二新卒に特化した転職支援サービスが充実。転職にさまざまな不安がある20代の利用者に強く支持されています。

  • 転職がはじめてでも信頼できるサポート体制
  • 第二新卒の転職に強いのがマイナビ
  • 女性が働きやすい企業を紹介
  • マイナビが行った企業への調査では、第二新卒の採用見通しは60%以上となっています。

    企業の採用基準を細かく把握しているので「第二新卒のメリットやデメリット」「転職に適した時期」など、マイナビならではの豊富な情報が得られます。

    btn公式へ

    23歳で最終学歴高卒の転職事情やそのポイント!

    同じ23歳でも、高卒者と大卒者では「転職のメリット・デメリット」がちがいます。

    高卒23歳ならではのメリットを重視して採用する企業も増えているので、自信をもって転職活動を続けましょう。

    • 社会人経験が長い
    • 3年以上の職歴は企業に評価される
    • 仕事の実践的なスキルがある
    • 職場のルールやマナーを経験している
    • 精神的に自立している人が多い

    高卒という学歴は、必ずしも転職で不利なわけではありません。次に紹介する「転職を成功させるコツ」を意識すれば、自分にマッチした企業との出会いが必ずありますよ。

    最終学歴が高卒の23歳が転職活動を成功させるコツ

    自分に合った企業に転職するためには、下記を意識することが重要なポイントです。粘り強く転職活動を続ければ、自分のポテンシャルに期待してくれる企業がきっと見つかります。

  • 社会経験が5年あることが大きな強み
  • スキルを証明できるようにする
  • 高卒求人に強い転職エージェントを利用する
  • 転職はちがう業界に挑戦するチャンス
  • 企業が欲しいのは学歴の高い人材ではなく、仕事ができる人材。仕事で身につけたスキルを「資格や検定」などで証明することで、職務遂行能力をアピールできます。

    そのほかにも23歳という年齢がもつポテンシャルは「他業界へのチャレンジ」も含まれています。

    興味や関心のある仕事があったら、思いきって飛び込んでみるのもいいですね。転職エージェントには「未経験者OK」の求人が、たくさんありますよ。

    23歳の平均転職回数って何回?転職回数が多いとハンデになる?

    23歳の転職回数は平均で0~1回程度です。それ以上になると、転職ではハンデになる可能性があります。

    下記では、DODA(デューダ) が行った調査を表にまとめてみました。(1回目の転職成功率を100とした場合のデータです)

    年齢 転職2回目 転職3回目 転職4回以上
    24歳以下 58% 29% 12%
    25~29歳 87% 40% 15%
    30~34歳 87% 57% 21%
    35歳以上 110% 91% 48%

    表によると、24歳以下では、2回目の転職から「転職成功率」がかなり下がってしまいます。仕事を変えた回数が複数になると、転職そのものにも大きな影響があることがわかりますね。

    若いうちに転職回数が多いと考えられるリスク

    転職回数が多い23歳が「書類選考」に応募した場合、採用担当者が受ける印象は下記の通りです。

  • すぐ辞めてしまうのではないか
  • 我慢ができないタイプ
  • 仕事にすぐ飽きてしまう
  • 対人態度に問題があるかも
  • 特に大手企業では「書類選考の基準」が非常に厳しく、転職回数が多いという理由で不採用になってしまうことも少なくありません。

    転職の回数だけで判断されるのは残念なことですが、大手企業は応募者が多いので「選考基準」のハードルも高いのです。

    23歳で転職回数が多い場合、転職活動をどう乗り切る!?

    23歳の求職者が「転職回数が多い」というハンデを乗り越えるためには、どんな対策を立てていけばいいのでしょうか。下記のような「転職活動のポイント」をおさえることが大切です。

    1. ネガティブな退職理由は避ける
    2. やりたい仕事の勉強を続ける
    3. 転職回数が多くても堂々と
    4. 転職をあきらめない
    5. ポジティブな退職理由でカバーする

    そこで以上のような点を意識して、転職活動を行うことが重要になります。転職回数が多いハンデを払拭するためには、ネガティブをポジティブに変えてみましょう。

    そして23歳はまだ若いため、自分のキャリアを模索しているのは当然のこと。企業に「転職回数が多い=模索中」と受けとめる採用担当者もいます。熱意をもって志望動機を伝えれば、自然にハンデはカバーされるでしょう。

    また転職活動と並行し、目指す職業に関する勉強を続けてみるのもおすすめです。現在進行形で学んでいることが、転職活動ではアピールポイントになり、採用担当者の質問にも答えやすくなります。

    若さとポテンシャルを武器にできるいまこそ!転職に踏み出そう

    今回は、23歳という年齢に特化して「転職活動の対策とコツ」を紹介しました。たとえ何らかのハンデがあったとしても、転職の可能性が閉ざされるわけではありません。

    1. 社会人経験が少なくても、意欲のある志望理由でカバーできる
    2. 転職回数が多い場合は「ポジティブな退職理由」を伝えることがカギになる
    3. 高卒の23歳は「働いてきた経験」が評価され、企業のニーズも多い

    経験が少ないというハンデから逃げずに、自分だけのアピールポイントを堂々と表現していくことが、転職の成功へとつながります。

    CMや広告でも露出が多く、日本では知らない人はいないというほどの日本最大級の総合転職サイト。

    マイナビエージェントは独占求人が多いため、他にはない求人が多く存在しています。

    求人が多いのもそうですが、それに伴い非公開求人も多く存在しています。まず登録しておくと求人を探す幅が広がると言われている転職サイトです。

    強み 年収アップ率
    • 中小企業の求人や、第二新卒向けの求人が多い
    • 登録者数が多く求人数も非常に多い
    • エージェントの質が高い
    5つ星
    求人数 こんな方におすすめ 対応地域
    約 8,000件 総合 全国

    btnエージェント詳細

    btn公式へ

    設立は2003年と比較的新しい会社ですが、今の時代に特化したIT業界・WEB業界の転職者を支える総合転職サイトです。

    業界の認知度はとても高いのですが、一般的な認知度はまだまだといったところ。

    しかし、求人数は他の転職サイトに引けをとらないほど多く、専門的な分野から選択することができます。

    また、転職コンシェルジュの対応が早いためサクサクと転職活動を進められることができます。

    強み 年収アップ率
    • 転職コンサルタントよりも上の転職コンシェルジュで求職者の転職を手厚くサポート
    • ワークポートから提供される個人サイトが使いやすく、転職活動を管理しやすい。
    • IT業界やWEB業界の独占求人が多く、企業や転職者には高評価
    5つ星
    求人数 こんな方におすすめ 対応地域
    約 7,000件 IT系 / WEB系 / エンジニア 全国

    btnエージェント詳細

    btn公式へ

    業界2位だけあって、バランスが良いと評判のDODA。エージェントのあたりハズレがあまりないとも言われています。
    ただし、求人数が膨大なだけあって、その中には質の悪い求人も多数存在しているので自分で確実に選別する必要があります。

    面接対策や、書類の添削に関しては高評価なので、転職する際には必ず登録しておいた方がいいサイトです。

    強み 年収アップ率
    • 大手企業からベンチャー企業まで幅広い求人を探すことができる
    • 面接のテクニックや書類の書き方など、実践的な対策ができる
    • セミナーやイベントが多くモチベーションを高く維持できる
    5つ星
    求人数 こんな方におすすめ 対応地域
    非公開求人含め 100,000件以上 総合 / 海外 全国 / 海外

    btnエージェント詳細

    btn公式へ