正社員の経験が無い、あるいは社会人経験が無い場合、30歳になるまでにはいちどは就職しておいた方が良いでしょう。

正社員の経験があるけれど、さまざまな理由でその後は非正規雇用という場合は良いのですが、まったく正社員の経験が無い、さらには仕事をしたことが無いまま30歳になってしまうと、壁にあたる可能性が高いです。

29歳と30歳では1歳違いでも、その差は結構大きいです。もしもニートだったりフリーターなら、可能なら20代のうちに正社員に挑戦するのがおすすめです。ここでは、20代のうちに正社員を目指しておくべき理由についてお話しします。

30代になると世間の目が厳しくなる

若いうちは割と自由にしてても許されるけど、若くなくなったらフラフラしているのは許されない、世間的にはやはりそんな考え方が主流です。そしてその若いと若くないの境目が29歳と30歳なんです。

30歳なんてまだまだ若いでしょ?と思うかもしれませんが、世間の目としてやはり30代突入はひとつの区切りとして扱われます。30歳が見えてくると、そろそろ腰を据えて働けというプレッシャーがどんどん強くなってきます。

周囲から「もう30歳になるのに」という言葉が投げつけられ、耳の痛い思いをすることになるんです。

フリーターとして夢を追ったり、やりたいことが見つからなくてニートになったり、そういうことが20代のうちは許されていたけど、30歳になったら急に許されなくなったという話はよくあります。

親や親戚だけでなく、友人からもあれこれ忠告されるようになり、身の置き所が無くなっていきます。

30代になると取り残される感が強くなる

20代のうちはフリーターも正社員も収入に大した違いは無いことが多いです。格差を実感することもそれほどは無いでしょう。

ですが正社員は昇給したり昇進したりするので、30代になるとフリーターとの差がつき始めてきます。

また体力が落ちてくるので若い頃のようにアルバイトのシフトを入れられなくなったりして、ますます正社員との差がつくのです。病気でもしたらこの差は如実になります。

30代になって差がついてから正社員を目指しても、かなり周回遅れな感じを受けてストレスの原因になることもあります。そこまで取り残される前に20代のうちに正社員を目指した方が後悔する可能性が少なくなるでしょう。

30代になると社会人未経験での採用が難しくなる

会社としては、未経験者を一から育てたい場合は若い世代を取りたいと思い、若くない世代を取る場合は即戦力となるベテランが欲しいと思うことが多いです。

ですが一部の特殊なケースを除き、求人において年齢制限を設けることは法律で禁止されています。そのため法律的には30歳になったからといって求人が無くなるわけではありません。

ただ現実問題として、30歳を超えると社会人未経験での採用が厳しくなります。これは、年齢制限の例外事項として、長期の採用で職務経験不問で新卒者と同等の条件にする場合は若い年代を対象とすることが認められていることも関係しています。

この例外事項は国がニートやフリーターの雇用対策として定めているもので、35歳未満くらいを想定しているとされていますが、29歳以下としている募集も多くあります。

逆に言えば、20代のうちであれば社会人の経験がなくても新卒と同じ扱いで採用される求人が多くあるということですから、これを利用しない手はありません。20代のうちにいちどは正社員にチャレンジするのがおすすめです。

20代の内はできないことが多くても許される面がある

30代になると周りから「このくらいのことは大人として常識・できて当然」と思われることが増えます。たとえ正社員の経験が無くてもそういう風にみられてしまうのです。

同じように未経験OKの求人に採用されたとしても、20代ならビジネスマナーが無くても許されたのに、30代だと許されないということもよくあります。

30代になってからがんばって正社員として就職できたとしても、年下の先輩に囲まれて、あれもできないこれもわからない……という状況に陥ると、本人も周りの人間もストレスです。

年上なのに何もできない部下というのは、教える方もかなりの負担を感じるものなのです。

大企業などであれば、30代であっても未経験者には手厚い研修があるかもしれません。ですが大半の中小企業はなかなかそこまで手が回らないのが現状です。面倒になって簡単な雑用ばかりを押しつけられ、ますます仕事が覚えられないという悪循環にも陥りかねません。

会社での扱われ方やスキルアップなども考えて、やはり何も知らなくても許される20代のうちに正社員の経験を積むのが良いと思われます。

可能なら20代のうちの就職がおすすめ

以上、20代のうちに正社員を目指しておいた方が良い理由についてお話ししました。

30歳以上で職歴がなくても、就職先がまったくないということはありません。何かしらの仕事には就けると思います。

ですが可能であれば20代のうちに正社員を目指しておいた方が何かと楽です。20代のうちであれば職務経験不問の求人も多くありますし、社会人としての基礎ができていなくても働きながら覚えていけば良いとされることが多いです。

正社員になってしまうと自分の未来が狭まってしまうような気がしてフリーターを続ける人もいますが、むしろ正社員としての経験を積むことが、他の本当にやりたいことを目指す際にも役に立ったりします。

もちろん正社員を経験してみて、やはり自分にはどうしても会社勤めは合わないと判断するケースもあるでしょう。でもそれもいちどは働いてみないと分からないものです。20代のうちにぜひ正社員としての経験を積んでみて下さい。

CMや広告でも露出が多く、日本では知らない人はいないというほどの日本最大級の総合転職サイト。

マイナビエージェントは独占求人が多いため、他にはない求人が多く存在しています。

求人が多いのもそうですが、それに伴い非公開求人も多く存在しています。まず登録しておくと求人を探す幅が広がると言われている転職サイトです。

強み 年収アップ率
  • 中小企業の求人や、第二新卒向けの求人が多い
  • 登録者数が多く求人数も非常に多い
  • エージェントの質が高い
5つ星
求人数 こんな方におすすめ 対応地域
約 8,000件 総合 全国

btnエージェント詳細

btn公式へ

設立は2003年と比較的新しい会社ですが、今の時代に特化したIT業界・WEB業界の転職者を支える総合転職サイトです。

業界の認知度はとても高いのですが、一般的な認知度はまだまだといったところ。

しかし、求人数は他の転職サイトに引けをとらないほど多く、専門的な分野から選択することができます。

また、転職コンシェルジュの対応が早いためサクサクと転職活動を進められることができます。

強み 年収アップ率
  • 転職コンサルタントよりも上の転職コンシェルジュで求職者の転職を手厚くサポート
  • ワークポートから提供される個人サイトが使いやすく、転職活動を管理しやすい。
  • IT業界やWEB業界の独占求人が多く、企業や転職者には高評価
5つ星
求人数 こんな方におすすめ 対応地域
約 7,000件 IT系 / WEB系 / エンジニア 全国

btnエージェント詳細

btn公式へ

業界2位だけあって、バランスが良いと評判のDODA。エージェントのあたりハズレがあまりないとも言われています。
ただし、求人数が膨大なだけあって、その中には質の悪い求人も多数存在しているので自分で確実に選別する必要があります。

面接対策や、書類の添削に関しては高評価なので、転職する際には必ず登録しておいた方がいいサイトです。

強み 年収アップ率
  • 大手企業からベンチャー企業まで幅広い求人を探すことができる
  • 面接のテクニックや書類の書き方など、実践的な対策ができる
  • セミナーやイベントが多くモチベーションを高く維持できる
5つ星
求人数 こんな方におすすめ 対応地域
非公開求人含め 100,000件以上 総合 / 海外 全国 / 海外

btnエージェント詳細

btn公式へ