ブランクがある場合の正社員の転職についてケース別に徹底解説!

正社員の転職は派遣やアルバイトと比べると当然ハードルが高いですが、ブランクがあるとやはり内定も取りにくいのでしょうか。

それでもやむを得ない事情でブランクが空いてしまった状態で転職活動に励んでいる人は多いものです。ブランクがある場合にどのように転職活動を進めてけばよいのか、ケース別に解説していきましょう。

転職活動がうまくいかなかった

会社を退職してから失業給付などをもらいながら転職活動を続けてブランクができてしまった人は在職中の人よりは不利なのでしょうか?3カ月以内であればそんなに不利ではなく、むしろすぐにでも就職できるという強みもあります。

しかしながら、半年以上空いている場合にはなぜブランクが空いたのかという面接の回答に対して明確な回答が必要になります。ここで少しでも印象が良いのは以下のような答えです。

  • 資格取得のために専門の学校に行っていた
  • 介護などの家族の事情があった
  • インターンシップに行っていた

ブランクがそれなりにある場合には実際に印象はあまりよくありません。例えば以下のように思われる可能性があります。

  • 多くの会社に落ちているような人は自社でも活躍が期待できないのではないか
  • 就職活動に真剣に取り組んでいないので、仕事に対する意識が低いのではないか
  • しばらく働いていないので入社してもすぐに仕事ができないのではないか

会社側はブランクがある場合に以上のような心配をします。そのような心配を払拭するために自分のスキルアップのブランクであることが伝わるとブランク期間も前向きにとらえてもらいやすいです。

また、やむを得ない家族の事情などは、本人の責任ではないのでブランクがあっても仕方がないと思ってももらえます。しかし、上記のような理由は嘘でごまかそうとすると必ず採用側にはばれるものです。

面接で嘘はつかないようにして下さい。会社を辞める際には以上のような理由がない限りはブランクが転職活動に不利に働くということを覚えておいて下さい。

留学をしたり資格取得をしていた

これは実際に若い世代で、さらに限定された職種であり得る理由です。

  • 美容師のスキルを磨く際に本場のロンドンで修業をしていた。
  • 国家資格を取るために数カ月間、全日制の専門学校に行っていた
  • ITエンジニアを目指すために公共職業訓練を受けて、実際に資格を取得した
  • ホテルマンとしてスキルアップするために外国に留学し、英語の会話力を磨いてきた。

これらの具体的な理由があるとブランクがスキルアップのために必須期間だと思えてきますね。資格やスキルアップが認められれば前職よりも高い年収で転職できる可能性もあります。

しかし、これらの理由でのブランクが転職で有効に働くのは以上のようなわかりやすいスキルの向上が認められた場合のみです。

職種と関係のない留学をしていた、実際の資格取得には至らなかった場合などはブランク期間を有効に活かせているようには思われません。これらの理由はブランクがあった分だけの成果があった時のみ有効であると言えます。

夢を追ってフリーターをしていた

これは若い人にはありがちかもしれませんね。俳優、ミュージシャン、映画監督、アート関係、芸能関係など夢を追ってフリーターをしていたものの見切りをつけて正社員としてきちんと働いていこうという転職です。

これらの状況であっても若いうちであれば、正社員としての転職は不可能ではありません。最近ではフリーターや正社員としての就職経験がない人を対象にした転職サイトもあります。

このようなサイトに求人を出す企業はこれまでの正社員としての経験よりは若さや熱意、やる気などを重視している会社がほとんどです。むしろ異業界の経験が歓迎される場合などもあります。

また、フリーターとはいえこれまでのバイト経験が活かせる業界やあなたが夢を追って活動してきた業界に関する業種であれば、これまでの経歴が評価される場合もあります。

自分は正社員として働いた経験がないと卑屈にならずに、これまでの経歴が活かせそうな求人をぜひ探してみて下さい。

出産のために一度仕事を辞めた

これは現代の女性には多いケースかもしれません。出産のために会社を辞めたとなると3年から5年ほどの長いブランクが空いてしまうことも珍しくはないですね。このような場合には以下のような求人を狙ってみると良いでしょう。

  • 出産前の経験がピンポイントで活かせる職場を探す
  • 出産・育児の経験が活かせる職種での募集を探す(保育関係・教育関係など)
  • 出産後の女性を対象にした研修制度のある会社の募集を探す
  • 育休取得後も正社員として働いている女性がたくさんいる求人を探す

ブランクが空いているとはいえ、実際に同じ正社員としての仕事経験が5年以上ある人は全く同じ仕事内容の求人であれば採用される確率は高いです。

しかし、その場合は正社員としての雇用である場合、育児や保育所への送り迎え、急な呼び出しなど子供を抱えながら、出産以前と同様の仕事がでできるのかを慎重に考えて、就職先を探しましょう。

同じ仕事内容で、正社員でも残業がない職場や、忙しくない職場などを探すようにすると良いでしょう。

これまでは未経験の職種であっても、出産をしたことでできるようになる仕事もあります。求人側も出産・育児経験があることを歓迎してくれる場合もあります。

最近では出産後の職場復帰の女性を対象とした、研修制度が充実している求人もあります。その職場には同じような出産後の多くの女性が働いていたり、女性を対象とした求人であることも多いです。

出産後でも、もう一度正社員として働いてみたい場合にはこれまでの経験にこだわらず未経験の職種でも飛び込んでみるというのも一つの方法ですね。

産後の職場復帰の女性の雇用に積極的な職場を探してみるのも有効です。この場合は少しでも若い方が採用はされやすいので早めの行動を開始する方がおすすめです。

40歳を過ぎると一気に正社員としての雇用のチャンスは減ると思った方が良いでしょう。

自分を採りたいと思わせることが大切

ブランクがある場合に転職活動はとても不安なものですが、自分のこれまでの経歴や働こうと思う意欲に自信を持って下さい。自信を持って堂々としている方が、ブランクがあっても活躍してくれるのではないかと企業側に思ってもらえます。

自分の経歴や状況に合った最適な求人に巡り合えれば、ブランクがあっても正社員としての転職は実現できると強く信じて活動をしてください。

CMや広告でも露出が多く、日本では知らない人はいないというほどの日本最大級の総合転職サイト。

マイナビエージェントは独占求人が多いため、他にはない求人が多く存在しています。

求人が多いのもそうですが、それに伴い非公開求人も多く存在しています。まず登録しておくと求人を探す幅が広がると言われている転職サイトです。

強み 年収アップ率
  • 中小企業の求人や、第二新卒向けの求人が多い
  • 登録者数が多く求人数も非常に多い
  • エージェントの質が高い
5つ星
求人数 こんな方におすすめ 対応地域
約 8,000件 総合 全国

btnエージェント詳細

btn公式へ

設立は2003年と比較的新しい会社ですが、今の時代に特化したIT業界・WEB業界の転職者を支える総合転職サイトです。

業界の認知度はとても高いのですが、一般的な認知度はまだまだといったところ。

しかし、求人数は他の転職サイトに引けをとらないほど多く、専門的な分野から選択することができます。

また、転職コンシェルジュの対応が早いためサクサクと転職活動を進められることができます。

強み 年収アップ率
  • 転職コンサルタントよりも上の転職コンシェルジュで求職者の転職を手厚くサポート
  • ワークポートから提供される個人サイトが使いやすく、転職活動を管理しやすい。
  • IT業界やWEB業界の独占求人が多く、企業や転職者には高評価
5つ星
求人数 こんな方におすすめ 対応地域
約 7,000件 IT系 / WEB系 / エンジニア 全国

btnエージェント詳細

btn公式へ

業界2位だけあって、バランスが良いと評判のDODA。エージェントのあたりハズレがあまりないとも言われています。
ただし、求人数が膨大なだけあって、その中には質の悪い求人も多数存在しているので自分で確実に選別する必要があります。

面接対策や、書類の添削に関しては高評価なので、転職する際には必ず登録しておいた方がいいサイトです。

強み 年収アップ率
  • 大手企業からベンチャー企業まで幅広い求人を探すことができる
  • 面接のテクニックや書類の書き方など、実践的な対策ができる
  • セミナーやイベントが多くモチベーションを高く維持できる
5つ星
求人数 こんな方におすすめ 対応地域
非公開求人含め 100,000件以上 総合 / 海外 全国 / 海外

btnエージェント詳細

btn公式へ