年齢の高い業種、低い業種を確認して、正社員としての転職に活かそう

正社員としての転職を考える際に、職場を構成する人員の年齢層で働きやすさは変わってくるものではないでしょうか。

転職の際に若い人が多い職場に転職にしたい、もしく自分と同年代の人が少ない方がいいという希望がある人は転職先の年齢層がどうなっているかも知った上で応募したいですね。

ここでは年齢層の高い業種は低い業種についてご紹介していきます。転職の際に年齢層を応募の参考にしたいと思う方はぜひ参考にしてみて下さい。

国の調査結果はどうなっている?

厚生労働省で毎年実行している賃金構造基本統計調査では全業種の平均年齢は42.3歳です。これは一般労働者の平均なのでパートやアルバイト含んでおらず正社員に相当する対象者の平均年齢です。

この賃金構造基本統計調査とは賃金の実態の調査のために主要産業に雇用される労働者についての雇用形態、職種、性別、年齢、勤続年数等について明らかにする目的で毎年行われているものです。調査の対象会社が会社規模人数や産業別にランダムに抽出したものです。

平均年齢の高い業種ランキング

平均年齢の高い業種は通りです。

  1. 鉱業・採石業等          47.0歳
  2. 運輸業・郵便業          45.7歳
  3. サービス業(他に分類されないもの)44.6歳
  4. 建設業              44.0歳

平均年齢の高い企業は労働時間の多い会社とも共通し、比較的重労働の業種ほど年齢層が高いということがわかりますね。主に肉体労働とされる仕事は若い層に人気がないのかもしれません。若い人が多い会社で正社員として働きたいと考える場合は上記の業種への応募は控えた方が良いかもしれませんね。

平均年齢の低い業種ランキング

平均年齢の低い業種のベスト3は以下の通りです。

  1. 生活関連サービス業・娯楽業  39.2歳
  2. 情報通信業          40.0歳
  3. 宿泊業・飲食サービス業    40.9歳
  4. 医療・福祉          40.9歳

飲食サービスや福祉、IT企業などは若い年齢層が多いです。最近のIT技術などに詳しいのやはり若い年齢層が中心となってきます。

若い人だけで立ち上げた最近のIT技術を駆使するベンチャー企業の増加がこの調査結果にも表れているのではないでしょうか。

また、接客業は若い人に人気ですね。自分の年齢層が高く、若い人に囲まれて働きたくないと考える人はこれらの業種は避けた方が無難かもしれもしれません。

一方で自分がまだまだ若く、20代で転職活動を行っている人はこれらの業種を選ぶと比較的採用がされやすいと言えます。

応募前に求人情報の平均年齢をチェック

最近の求人情報では平均年齢の情報を掲載している会社も多いです。特に若い人が多い会社や歴史の浅い会社ほど平均年齢の低さをアピールしています。

若さを売りにして転職したい、昔ながらの年功序列の制度が残っている会社を避けたいと思う人は平均年齢が低い会社を受けてみると良いでしょう。ただ会社の平均年齢だけでは実際の配属場所の年齢層がわからない場合もあります。

面接などで配属予定部門の年齢構成をなどを聞いてみるのも良いですね。転職エージェントを通した求人応募の際にはアドバイザーに聞いてみると確かな情報を得られやすいでしょう。応募をする前に平均年齢などもチェックしておくと、転職後の職場環境を知る良い材料になります。

転職の際に年齢層に気を付けたい場合とは

若い年齢層が多い職場、平均年齢が高い場所にはそれぞれメリットデメリットがあります。それらをまとめてみましたので応募企業を決める際の参考にしてください。

若い年齢層が多い職場のメリット

  • 同年代の同僚ができる
  • 自分の意見が通りやすい
  • 会社の社風に縛られにくい

若い年齢層が多い職場のデメリット

  • 同年代なだけにライバルが多く、出世競争が激しい
  • 人間関係のトラブルが起こりやすい
  • 会社のトラブル時に適切な指導を行える人材が少ない

年齢層が高い職場のメリット

  • 上司や先輩から多くのことを学べる
  • 距離を置いた付き合いになるので煩わしいトラブルが少ない
  • 無駄なライバル競争が少ない

年齢層が高い職場のデメリット

  • 周りの上司や先輩の価値観の違いに縛られる
  • なかなか出世できない
  • 昔ながらの会社のやり方を押し付けられる

これらはあくまでも可能性にすぎませんが、年齢層の高さ低さによってこのようなメリットデメリットが予想されます。

自分に合った職場に転職するために

転職をするからには自分が働きやすい居心地の良い職場に出会いたいものですね。年齢層の特徴は、会社での人間関係を構築するために無視できない重要な要素です。

自分がどのような年齢層の人に囲まれて仕事をしたいのかを明確にした上で転職活動に臨むようにしましょう。その方が実際に働いてみてからも、働きやすい職場だと実感できることは多いのではないでしょうか。

CMや広告でも露出が多く、日本では知らない人はいないというほどの日本最大級の総合転職サイト。

マイナビエージェントは独占求人が多いため、他にはない求人が多く存在しています。

求人が多いのもそうですが、それに伴い非公開求人も多く存在しています。まず登録しておくと求人を探す幅が広がると言われている転職サイトです。

強み 年収アップ率
  • 中小企業の求人や、第二新卒向けの求人が多い
  • 登録者数が多く求人数も非常に多い
  • エージェントの質が高い
5つ星
求人数 こんな方におすすめ 対応地域
約 8,000件 総合 全国


転職エージェント

設立は2003年と比較的新しい会社ですが、今の時代に特化したIT業界・WEB業界の転職者を支える総合転職サイトです。

業界の認知度はとても高いのですが、一般的な認知度はまだまだといったところ。

しかし、求人数は他の転職サイトに引けをとらないほど多く、専門的な分野から選択することができます。

また、転職コンシェルジュの対応が早いためサクサクと転職活動を進められることができます。

強み 年収アップ率
  • 転職コンサルタントよりも上の転職コンシェルジュで求職者の転職を手厚くサポート
  • ワークポートから提供される個人サイトが使いやすく、転職活動を管理しやすい。
  • IT業界やWEB業界の独占求人が多く、企業や転職者には高評価
5つ星
求人数 こんな方におすすめ 対応地域
約 7,000件 IT系 / WEB系 / エンジニア 全国


転職エージェント

業界2位だけあって、バランスが良いと評判のDODA。エージェントのあたりハズレがあまりないとも言われています。
ただし、求人数が膨大なだけあって、その中には質の悪い求人も多数存在しているので自分で確実に選別する必要があります。

面接対策や、書類の添削に関しては高評価なので、転職する際には必ず登録しておいた方がいいサイトです。

強み 年収アップ率
  • 大手企業からベンチャー企業まで幅広い求人を探すことができる
  • 面接のテクニックや書類の書き方など、実践的な対策ができる
  • セミナーやイベントが多くモチベーションを高く維持できる
5つ星
求人数 こんな方におすすめ 対応地域
非公開求人含め 100,000件以上 総合 / 海外 全国 / 海外

転職エージェント