ブランク明けの人は転職志望動機はどう書くといいのか

161PV

転職志望動機

長い間、仕事をしていなかった人が、急に仕事を始める際には、転職志望動機をどのように書いていったらいいのか、よくわからないという
人が多くいます。
転職志望動機について、面接で質問されることもあるので、これについてはしっかりと考えていかなければならないのですが、ブランク明けの人にとっては、少し大転職志望動機を考えるのも少し大変でもあります。
女性が結婚をして、一端は仕事を辞めて子育てをしていたのが、ある程度、子供も手がかからなくなったので仕事復帰をしようと考えている人は、転職志望動機を書く際には、これまで行ってきた仕事などについて、どのような働き方をしていたのかということを踏まえて転職志望動機を書いていきたいものです。
以前、働いていた業種と同じ仕事をするのであれば、子育てが落ち着き、これまでの経験を生かして仕事をしたいということでいいのですが、しかし、まったく異なる業種に挑戦するというような場合は、これまでの経験を生かして仕事をしていけるというように、しっかりと努力していけることをアピ―ルしていきたいものです。
加えて、ブランク明けであっても、仕事の方はしっかりと行えるということも伝えるようにしたいものなのですが、あまり自信がなくても、これはしっかりと相手に伝わるように書いていきたいですね。
あまり過剰にそうしたことを出していくのも、良くないのですが、しかし、ある程度は、ブランクがあっても、働く意欲がしっかりとあって、仕事をこなしていけるということを伝えなければなりません。
加えて、どうしてその会社、職場を選んだのかということも盛り込んでいくことも重要になるのですが、これについては、率直に魅力に感じたことを書いていきます。

CMや広告でも露出が多く、日本では知らない人はいないというほどの日本最大級の総合転職サイト。

マイナビエージェントは独占求人が多いため、他にはない求人が多く存在しています。

求人が多いのもそうですが、それに伴い非公開求人も多く存在しています。まず登録しておくと求人を探す幅が広がると言われている転職サイトです。

強み 年収アップ率
  • 中小企業の求人や、第二新卒向けの求人が多い
  • 登録者数が多く求人数も非常に多い
  • エージェントの質が高い
5つ星
求人数 こんな方におすすめ 対応地域
約 8,000件 総合 全国

btnエージェント詳細

btn公式へ

設立は2003年と比較的新しい会社ですが、今の時代に特化したIT業界・WEB業界の転職者を支える総合転職サイトです。

業界の認知度はとても高いのですが、一般的な認知度はまだまだといったところ。

しかし、求人数は他の転職サイトに引けをとらないほど多く、専門的な分野から選択することができます。

また、転職コンシェルジュの対応が早いためサクサクと転職活動を進められることができます。

強み 年収アップ率
  • 転職コンサルタントよりも上の転職コンシェルジュで求職者の転職を手厚くサポート
  • ワークポートから提供される個人サイトが使いやすく、転職活動を管理しやすい。
  • IT業界やWEB業界の独占求人が多く、企業や転職者には高評価
5つ星
求人数 こんな方におすすめ 対応地域
約 7,000件 IT系 / WEB系 / エンジニア 全国

btnエージェント詳細

btn公式へ

業界2位だけあって、バランスが良いと評判のDODA。エージェントのあたりハズレがあまりないとも言われています。
ただし、求人数が膨大なだけあって、その中には質の悪い求人も多数存在しているので自分で確実に選別する必要があります。

面接対策や、書類の添削に関しては高評価なので、転職する際には必ず登録しておいた方がいいサイトです。

強み 年収アップ率
  • 大手企業からベンチャー企業まで幅広い求人を探すことができる
  • 面接のテクニックや書類の書き方など、実践的な対策ができる
  • セミナーやイベントが多くモチベーションを高く維持できる
5つ星
求人数 こんな方におすすめ 対応地域
非公開求人含め 100,000件以上 総合 / 海外 全国 / 海外

btnエージェント詳細

btn公式へ

コメントをどうぞ

ブランクがあると正社員への転職は不利になってしまうのでしょうか?

転職なんでも道場

派遣社員やアルバイトなどと比較すると、正社員への転職はよりハードルが高くなります。それでは職歴にブランクがある人は、やはり内定は取りにくくなってしまうのでしょうか。ブランクについてはやむを得ない理由でできてしまう場合がありますので、諦めず転職活動に積極的に取り組んでみてください。今回はブランクがある人の転職活動について、さらに詳しく確認してみたいと思います。

ブランクができてしまった理由を説明できるようにしましょう!

前職を退職して失業手当をもらいながら転職活動を続けていると、仕事をしていないブランクの期間ができてしまうことになります。ブランクについては数カ月程度であればそれほど問題にはならないのですが、半年以上のブランクができてしまうと転職活動に影響を及ぼすかもしれません。面接の際には「なぜブランクの期間ができてしまったのですか?」「ブランクの期間は何をしていたのですか?」と質問されることになりますので、ブランクができてしまった理由が説明できるように事前にしっかりと考えておくようにしましょう。例えば以下のように回答すれば、面接担当者の印象が良くなるかもしれません。

  • 「資格を取得するために専門学校に通っていました」
  • 「家庭の事情(介護など)のために働くことができませんでした」
  • 「インターンシップに行っていました」

半年以上のブランクがある人は、やはり転職の際に不利になることが多いようです。例えば面接担当者に、以下のように思われてしまう可能性があります。

  • 「複数の企業に応募して不採用となったためブランクができてしまったのではないか?」
  • 「仕事に対する意識が低く就職活動に真剣に取り組んでいないのではないか?」
  • 「採用しても仕事ができるようになるまでに時間がかかるのではないか?」

応募者に一定以上のブランクがある場合には、企業では採用を慎重に判断することになります。面接の際には担当者が納得できるようなブランクの理由を伝えることが必要です。例えばスキルアップのための勉強や訓練が理由であれば担当者に前向きな印象を与えることができますし、あるいは家庭の事情が原因であれば仕方がないと納得してもらえるのではないでしょうか。
ただしブランクができてしまった理由について、嘘をつくのは止めるようにしましょう。面接の際に嘘でごまかそうとしても、ほとんどの場合にはすぐに嘘だとバレてしまうことになります。嘘をつくと採用そのものが難しくなってしまいますので、面接ではブランクができてしまったことについて正しい理由を伝えるようにしてください。

資格取得や留学などのためにブランクができた場合

特定の職種への転職を希望する場合には、資格取得や留学などが評価されるかもしれません。

  • 本場のロンドンに留学して美容師の修行をしていた
  • 国家資格取得を目指して全日制の専門学校に通っていた
  • 公共職業訓練でITエンジニアの勉強をして資格を取得した
  • ホテルマンとして働くための英会話力を磨くために外国に留学していた

上記のような具体的な理由があれば、スキルアップを目的としたブランクであると認められるかもしれません。スキルや資格などの内容によっては、以前よりも好条件で転職ができる可能性もあります。
ただし資格取得や留学などのためのブランクであると認めてもらうためには、一定以上のスキルの向上が確認できることが必要になります。資格を取得することができなかった場合や職種とは直接関係のない留学をしていた場合などには、ブランクとスキル向上との関連性が認められず不利になってしまうかもしれません。十分な成果が得られた場合にのみ、有意義なブランクだと認めてもらうことができるのです。

夢の実現を目指してフリーターをしていた場合

芸能関係・アート関係・映画監督・ミュージシャン・俳優などの夢を実現するために、フリーターとして働く若い人なども多いようです。しかしこれらの夢を実現できるのは一部の人に限られますので、大半の人はいつか夢を諦めて転職を考えることになります。
比較的若い人の場合には、フリーターから正社員への転職も決して不可能ではないといえるでしょう。近年ではフリーターとして働いていた人や正社員として働いた経験がない人でも登録できる転職サイトがありますので、未経験だからと諦めず積極的に正社員の求人に応募をしてみてください。
転職希望者のやる気や熱意や若さなどを重視する企業が増えていますし、異業種における経験を評価する企業などもあるようです。さらに夢を目指して活動してきたことやフリーターとしての経験が評価される企業などもありますので、求人に応募する際にはこれまでの経歴を活かすことができる企業を探してみてはいかがでしょうか。

出産や育児などのために退職をした場合

女性の場合には出産や育児などのために以前の仕事を退職して、その後再度就職を希望することがあるかもしれません。このような場合には以前の仕事から3年~5年程度の長いブランクができてしまうことになりますので、次のような求人への応募を検討してみてください。

  • 以前の仕事での経験が活かせる求人
  • 保育関係や教育関係などの出産や育児の経験が活かせる求人
  • 出産を経験した女性を対象とした研修制度が整った企業の求人
  • 出産休暇や育児休暇を取得する女性が多い企業の求人

出産や育児などのために退職をしても正社員としての経験が5年以上ある女性であれば、その後正社員として再就職することは十分に可能だといえるでしょう。ただし正社員として雇用される場合には残業や休日出勤などが必要になるかもしれませんし、子供の送り迎えや何かあった場合の対応などは難しくなるかもしれませんので、求人への応募についてはくれぐれも慎重に検討することが必要になります。
あるいは出産や育児などの経験を活かして、これまでとは全く別の職場への転職を検討してみるのも良いかもしれません。例えば保育関係や教育関係などの職場であれば出産や育児などの経験が評価されることになりますし、出産を経験した女性を対象とした研修制度が整った企業なども多いようです。出産休暇や育児休暇などを実際に取得して、その後も正社員として働いている女性が多い企業などもおすすめだといえるでしょう。
ただし出産や育児などのために退職をした女性の場合には、できるだけ早い時期に再就職を検討するようにしてください。若い女性であれば再就職先は比較的見つかりやすいのですが、一方で40歳を過ぎてしまうと正社員として再就職することは難しくなってしまうかもしれません。

企業に「採用したい」と判断されることが重要です!

ブランクができてしまうと転職活動そのものが不安になってしまうかもしれませんが、企業に「採用したい」と判断されることが重要ですから、自分に自信を持って積極的に転職活動に取り組んでみてください。。意欲や経験があればブランクがあっても、あなたを評価してくれる企業がきっと見つかるはずです。

CMや広告でも露出が多く、日本では知らない人はいないというほどの日本最大級の総合転職サイト。

マイナビエージェントは独占求人が多いため、他にはない求人が多く存在しています。

求人が多いのもそうですが、それに伴い非公開求人も多く存在しています。まず登録しておくと求人を探す幅が広がると言われている転職サイトです。

強み 年収アップ率
  • 中小企業の求人や、第二新卒向けの求人が多い
  • 登録者数が多く求人数も非常に多い
  • エージェントの質が高い
5つ星
求人数 こんな方におすすめ 対応地域
約 8,000件 総合 全国

btnエージェント詳細

btn公式へ

設立は2003年と比較的新しい会社ですが、今の時代に特化したIT業界・WEB業界の転職者を支える総合転職サイトです。

業界の認知度はとても高いのですが、一般的な認知度はまだまだといったところ。

しかし、求人数は他の転職サイトに引けをとらないほど多く、専門的な分野から選択することができます。

また、転職コンシェルジュの対応が早いためサクサクと転職活動を進められることができます。

強み 年収アップ率
  • 転職コンサルタントよりも上の転職コンシェルジュで求職者の転職を手厚くサポート
  • ワークポートから提供される個人サイトが使いやすく、転職活動を管理しやすい。
  • IT業界やWEB業界の独占求人が多く、企業や転職者には高評価
5つ星
求人数 こんな方におすすめ 対応地域
約 7,000件 IT系 / WEB系 / エンジニア 全国

btnエージェント詳細

btn公式へ

業界2位だけあって、バランスが良いと評判のDODA。エージェントのあたりハズレがあまりないとも言われています。
ただし、求人数が膨大なだけあって、その中には質の悪い求人も多数存在しているので自分で確実に選別する必要があります。

面接対策や、書類の添削に関しては高評価なので、転職する際には必ず登録しておいた方がいいサイトです。

強み 年収アップ率
  • 大手企業からベンチャー企業まで幅広い求人を探すことができる
  • 面接のテクニックや書類の書き方など、実践的な対策ができる
  • セミナーやイベントが多くモチベーションを高く維持できる
5つ星
求人数 こんな方におすすめ 対応地域
非公開求人含め 100,000件以上 総合 / 海外 全国 / 海外

btnエージェント詳細

btn公式へ

ページの先頭へ