転職は、ひと昔よりもずっと一般的になってきました。大企業と言えども終身雇用制度を維持できない会社が増えてきており、また働き方改革が声高に叫ばれ、自分にとってより働きやすい環境を求めることが広く受け入れられるようになってきたためです。

転職活動の代表例というと、ハローワークや求人広告サイトから条件に合致する企業をみつけるという方法などが挙げられます。そして近年においては、「転職エージェント」に依頼し、自分に適した職場を探してもらうという手段もよく用いられるようになってきました。

しかしこの「転職エージェント」の利用に際しては留意すべきことがあります。それはそエージェントサービスの登録を断られるということがありうるという点です。なぜ登録を断られるのか?そうした場合、どのように対応すればよいのか?今回は転職エージェントのサービス利用ができないケースについて、細かく解説いたします。

転職エージェントの登録でなぜ断られるのか

そもそも転職エージェントとはどのようなサービスでしょうか?一口に言ってしまうと、転職エージェントとはとどのつまり「人材紹介会社の営業パーソン」のことです。「人材紹介業」とは、“仕事を求める人”と“働く人を求める企業”とを引き合わせることで、(紹介先企業から)手数料を得るビジネスです。つまり転職エージェントは、仕事を探す人に適切な職場を紹介することで利益を手にすることができるので、基本的には求職者と利害関係が一致しており、転職活動をするうえでは心強い味方になりうるのです。

転職エージェントを利用する上で、まず人材紹介会社にサービスの利用登録をする必要があります。この利用登録はWEB上で行われたり人材紹介会社に実際に赴き、エージェントと対面で書面を交わす場合もあります。実際にサービス利用登録をしたにも関わらず、転職エージェントとからの求人案内が一向にないという場合があります。

このような際にまず気を付けるべきなのは、「厳密に登録ができているのか?」という点です。特にWEB上で所定のフォーマットへ必要事項を入力することでサービス登録をする場合、自身にまつわる情報を適切に登録しているかが重要です。というのは転職エージェントは求職者の職務経歴やスキル等を正確に把握しなければ、個々人にふさわしい職場や仕事を探すことができません。

あまりにも簡素すぎる登録内容や、要を得ない書き方で経歴を記している場合などは、情報が不十分・不明瞭であることから、エージェント側としては「仕事を紹介したくてもできない」状況にあることが多いのです。エージェントへの利用登録に際しては、何よりもしっかりと自身の経歴やスキル・強み、そして今後のキャリアビジョン等を正確かつ的確に登録することが不可欠といえます。

しかしながら、きちんと情報を登録していても転職エージェントから「仕事が紹介できない」といわれる場合があります。これには大きく分けて2つの理由があります。
 

職場に求める条件が高望みしすぎていたりするような場合

いくら自分にとって望ましい仕事を探すといっても、それまでのキャリアに裏打ちされた人材価値を有していなければ、高い条件の職場は望みにくいというのが現実です。

お金、場所、仕事内容…働く上で求めるのは様々で、また個々人によってもウエイトの置き方が違うでしょう。しかし例えば特段の実績やスキルを身に付けていない状態で仕事を辞めた方が、「次は早く帰れて年収もこれだけもらえる、自宅から近い職場にしよう」と望んでも、転職エージェントとしては「キャリアに見合わない職場はありません」と言うしかないでしょう。

転職エージェントの専門性から離れた領域で仕事を探している場合

人材紹介会社は数多く存在していますが、実は各々の会社が「得意業界」を持っていることが多いです。例えば保育士専門の人材紹介会社、またIT業界特化型の人材紹介会社などが挙げられます。こうした背景を知らないままにサービス登録をしたとしても、求める業種にノウハウのない人材紹介会社であった場合、「わが社の領域ではないので紹介できません」といったケースがあるのです。転職エージェントを利用するうえでは、それぞれの得意業界も十分に把握しておくことが重要です。

さて実際にサービスの利用登録を試みる場合、「登録条件が比較的厳しいエージェント」と「比較的やさしいエージェント」があります。前者は先に述べたように「得意業界」を明確に持っていて、かつその点を「紹介先企業に対する大きなアピール点」としているようなエージェントです。

登録条件が比較的厳しいエージェント

保育士専門のエージェントであれば、登録する方には「保育士資格」を必須条件としているところも多いです。またIT業界特化型のエージェントであれば、例えばエンジニアなら何のプログラミング言語をどの程度修めているのかといった点を重要視するエージェントもあるでしょう。これはすなわちエージェント側にとっては、企業に人を紹介する際に「我々はレベルの高い人材を厳選しているので、どのような方でも自信をもって紹介できます」と強い立場を構築できるという点で大きな意味があるのです。

比較的やさしいエージェント

一方で、登録条件が比較的やさしいエージェントもあります。これは先の例とは逆で、特定の業種にしぼらず、幅広い業界・職種に通じて紹介を行っている転職エージェントです。その多くは、後述しますがリクナビやマイナビなど大手の転職エージェントです。これらのエージェントは人材紹介以外の事業を通じて多くの会社とつながりをもっているので、その分様々なキャリアの人々を「流通させる」だけの力があるといえるのです。

特にはじめて転職エージェントを利用するような場合は、これらの背景を十分にふまえておくことがよいでしょう。さもなくば転職エージェントへの登録に右往左往してしまい、無益に気持ちを消耗させてしまうことにもなりかねません。

転職エージェント別!登録でクリアしておきたい条件

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、英国に発祥をもつ老舗の外資系転職エージェントで、とりわけ「ハイクラス(高年収)の求人」に特化した点に特徴と強みを持っています。
とりわけグローバルなビジネスにかかわるポジションへの転職紹介実績は随一で、海外で働きたいという方にはうってつけの転職エージェントでしょう。

しかしながら、サイトに「30~50歳代に強み」「ご転職者の約65%超が35歳以上」と明確に謳っている通り、 基本的にはある程度のキャリアがあり、かつ自らの専門分野で確たる実績を積んだビジネスパーソンを対象としているようです。20代で転職を考えているような方の場合、よほどのキャリアがない限り登録は難しいかもしれません。

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、就職・転職サイト等を運営する大手人材広告会社「マイナビ」が展開する転職エージェントサービスで、業界内では最大手のひとつといえます。
さまざまなジャンルの企業に対して豊富なネットワークを有しているのがマイナビエージェントの強みです。先にあげた以外の業種を希望する方であったとしても、しっかりとキャリアの棚卸しをしたうえでエージェントに伝えれば、むげに登録を断られるようなことはないでしょう。

紹介企業の内訳ですが、割合としては「IT・通信系」「メーカー系」の業種で半数以上を占めているようです。 相対的には、これらの業種で転職を検討している方のほうが、マイナビエージェントをより有効に活用できる可能性は高いといえます。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、自社サイトでも「転職実績No.1」と謳っている通り、 業界でも最大手に数えられる転職エージェントです。何しろ人材ビジネスの分野では正に巨人ともいえる存在感を放つリクルートグループですから、あらゆる業界に対する強固なネットワークを構築しており、求人数も豊富に揃えています。転職活動が初めてで、どの転職エージェントに頼っていいのかもわからない…というような方は、ひとまずリクルートエージェント、と決めても良いでしょう。

リクルートエージェントの登録に関してですが、どのような業界や職種・キャリアの方でも拾い上げてくれるノウハウを備えた会社ですから、特別なスキルを持っていないなどの場合も、あまり不安にならなくても良いと思われます。登録時に、自身の経歴や転職活動の方向性等について正確かつ誠実に伝えれば、エージェントがしっかりと意図を汲み取って相応のフォローをしてくれるでしょう。

逆に言うと、それすらもできない(自身のキャリアの棚卸しが満足にできない)場合は、登録を断られる恐れもなきにしもあらずです。

パソナキャリア

パソナキャリアは、株式会社パソナが展開する転職エージェントサービスです。株式会社パソナもまた人材業界で長年様々なビジネスの実績を積み上げてきた企業で、多くの業界・職種とコネクションを持っています。実際にパソナキャリアのサイトを確認しても、「業界別転職事例」として、幅広いジャンルにおいての転職の成功例が掲載されています。

登録においても、特定の強みや資格といったことを問われることはないようです。しかしながら、ある程度のビジネスキャリアは求めているようで、同サイトの「よくあるご質問・お問い合わせ」というページには、以下のようなQ&Aがあります。

Q.大学を卒業後、留学をしていました。社会人経験がありませんが登録できますか?
A.登録は可能です。ただし、就業経験をお持ちでない方にご案内できる求人が非常に少ないため、ご希望に添えない可能性がございますので、予めご了承ください。

こうした内容をふまえると、例えば第二新卒などの方の場合、登録ができてもあまり企業の紹介がない、といったことはありうるかもしれません。

ビズリーチ

ビズリーチは、2009年にサービスを開始し近年急速に事業規模を拡大している転職エージェントです。サイトに「国内最大級のエグゼクティブ向け会員制転職サービス」とある通り 、管理職等のハイクラスの求人を豊富に有しているのが特徴です。実際に転職エージェントのサービス利用登録画面に進むと、現在の年収の選択欄があり、デフォルトは「750-1000万円」となっています。

もちろん非管理職の方がすべて登録お断り、というわけではなないと思われますが、何らかのマネジメント経験等を有していないと、登録に至っても豊富な求人を紹介してくれるかは心もとないかもしれません。
逆に言うと、管理職としての実績がある方などであれば、より待遇の良い求人を紹介してもらえる可能性は大きいともいえます。

DODA

DODAは、パーソルキャリア株式会社が運営する求人情報サイトならびに転職エージェントサービスの名称です。同社はテンプホールディングスや株式会社インテリジェンスといった、人材ビジネスで大きく成長を遂げてきた企業の集合体ですので、正に業界でも最大手のひとつといえます。実際、DODAの転職エージェントサービスは年間18,000人以上の転職を成功させてきた実績があるとのことで、非常に信頼感があるエージェントといえます。

転職先の業界・職種についても多様で、また経営・管理職、はてはバイリンガルといった特徴的な求職者層に対しても専門のアドバイザーがいるなど、「かゆいところに手が届く」サービスを展開しているもようです。
登録に際しては、あまり大きな心配は不要と思われます。ただし、新卒で就職した会社をあまりにも早く辞めてしまっているような場合は、しかるべき理由をエージェントに伝えられるよう準備が必要かもしれません。

typeエージェント

typeエージェントは、東証1部上場企業である株式会社キャリアデザインセンターが運営する転職エージェントサービスです。同社は「@type」等の大手求人情報サイトを運営してきた実績があり、人材広告の分野では大手のひとつといえます。

そのノウハウを活かし、転職エージェントサービスにおいても、求職者へ幅広い業界・職種への紹介を行っている模様です。サイトを見ると、「自動運転」「IoT関連」など、最近ホットなトレンドとなっている最先端技術に関わる情報も備えており、時代の潮流にもしっかり乗っているといえるでしょう。

一方で、サイトを確認する限りでは、教育関連業種や、保育・介護などの福祉サービス業に関する情報はあまり見受けられないようです。このような業種を希望する場合は、登録がスムーズにいかないこともあるかもしれません。

ワークポート

ワークポートは、2003年に設立された株式会社ワークポートが展開する転職エージェントサービスです。サイト上に「転職決定人数No.1」とある通り、業界内では実力のある転職エージェントとして知られています。 福岡や大阪といった地方都市部はもちろんのこと、タイや韓国にも拠点を構えており、国内のみならずグローバル求人も取り揃えています。カバーする職種や業種も特定のものに偏らず、また第二新卒等キャリアが浅い方に対してもフォローの仕組みを整えているようですので、安心感があるエージェントといえるでしょう。

ただし、ワークポートに関してもtypeエージェントなどと同様、福祉系サービス業にはあまり強みがないようです。介護職などで専門スキルを磨きたい、というような場合は、登録お断りとなってしまうかもしれません。

ハタラクティブ

ハタラクティブは、2005年に設立されたレバレージ株式会社が運営する転職エージェントサービスです。ハタラクティブの特徴は、なんといっても「20代」および「未経験からの就職」に特化した転職支援を行っている点です。 これは先にあげたビズリーチやJACリクルートメントなどとはまさに正反対といえるものです。フリーターの方や未経験の職種にチャレンジしたいというような方でもウェルカムの姿勢で、かつ幅広い業界に紹介実績がありますので、20代の方には心強いエージェントでしょう。

一方で、30代以上で一定のキャリアをもつ方がさらなる高待遇を求めて転職したい、というような場合は、満足いくような求人情報は得られない可能性が大きいでしょう。また、そもそもそうした方は登録を断られるケースも考えられますので、よくよく注意が必要です。

Spring転職エージェント

Spring転職エージェントは、人材領域において多様なビジネス展開を行っているアデコ株式会社が運営する転職エージェントサービスです。同社が運営しているサイトの「対応している業界・職種」を見る限り、業種はコンサルティングファームから外食業界まで、職種についても経営層から生産管理まで、等々、非常に幅広い層に至るまでカバーしているようで、その意味でどのようなキャリアを築いてきた方であっても、利用登録の間口は広いと思われます。

これもひとえに、運営会社がこれまで人材分野において確実な実績を築き上げてきたゆえのものでしょう。 過去、そして今現在どういった業界で、どのようなポジションで仕事をしているということに細かくとらわれずとも、一度登録を検討してみる価値はあるといえるでしょう。

転職エージェントへの登録を断られた場合の対処法

これまでの項で、転職エージェントから登録を断られる可能性や、各エージェントへの登録を検討する上で留意しておくべき条件等について解説してきました。基本的には今まで説明した内容を踏まえて行動すれば、転職エージェントから登録を断られる可能性はぐっと減らすことができます。

そもそも転職エージェントにとって求職者は文字通り「利益の源泉」ですから、力の及ぶ限り職場を求める方々の「強み」や「長所」を見出し、一人一人に見合った企業を紹介してくれようとするはずです。
しかしそれでも実際に転職エージェントへの登録を断られてしまった場合、どのようにすればよいのでしょうか。

まず一番に理解しておくべきなのは、転職エージェントから断られたからといって、決してその人自身の人間性などが否定された訳ではないということです。ややもすると、登録を断られたことを深刻に受け止めすぎて、転職活動全体に長く尾を引いてしまうケースなどもあります。(何しろ転職活動をしている人はナイーブになっている方も多いですから、これは十分に気を付けておくべきです)

しかしあくまでも転職エージェントとは人材紹介会社の営業パーソンであり、その求職者が企業に紹介しやすいか否かという点に重きを置いて行動しているに過ぎません。「あなた」という人間の本質を把握しているわけではなく、「あなた」のキャリアやスキルを踏まえて、現実的につながりのある会社に紹介ができるかをビジネスライクに判断しているだけなのです。

転職エージェントに断られた原因を客観的に考えてみよう

断られた方自身ではなく、転職エージェント側の力量不足ということも往々にしてあるのです。転職エージェントに断られたときに重要なのは「なぜ断られたのか」を客観的に考えることです。

転職エージェントの専門業界を見誤っていたのか、あるいは登録に用いた職務経歴書等の完成度が低かったのか、等等…。いずれにせよ、転職エージェントから断れるということは、自身を今一度見つめ直す良い機会になるでしょう。そのうえで、改善すべき点はしっかり改善し、新たな転職エージェントを探せば良いだけのことです。

幸い今のご時世、転職エージェント、すなわち人材紹介会社は数多く存在しています。一度や二度エージェントから利用登録お断りの憂き目にあったとしても、落胆することなく、仕切り直して粛々と転職活動を続けていきましょう(キャリアにまつわるストーリーを再構築するタイミングに恵まれた、くらいポジティブに受け止められればベストです)

断られても深刻に受け止める必要はない

さて、今回は転職エージェントに断られる理由や、その場合の対処法などについて詳しく解説しました。転職エージェントに断られると、ほとんどの方は「私には人材価値が無いのか」と落ち込むでしょう。しかし繰り返しになりますが、転職エージェントが登録を断るのには様々な理由があり、ひとつのエージェントがだめでも他の多くのエージェントが力になってくれる可能性はいくらでもあるのです。

まず重要なのは、自身のビジネスキャリア、または人生において積んだ経験をひとつひとつ丁寧に棚卸し、「どういった分野なら自分が活躍できるか」をしっかりと見つめ直すことです。それが適切な転職エージェントを見つけることにもつながりますし、ひいては先々より望ましいキャリアを築いていくきっかけにもなるのです。

CMや広告でも露出が多く、日本では知らない人はいないというほどの日本最大級の総合転職サイト。

マイナビエージェントは独占求人が多いため、他にはない求人が多く存在しています。

求人が多いのもそうですが、それに伴い非公開求人も多く存在しています。まず登録しておくと求人を探す幅が広がると言われている転職サイトです。

強み 年収アップ率
  • 中小企業の求人や、第二新卒向けの求人が多い
  • 登録者数が多く求人数も非常に多い
  • エージェントの質が高い
5つ星
求人数 こんな方におすすめ 対応地域
約 8,000件 総合 全国

btnエージェント詳細

btn公式へ

設立は2003年と比較的新しい会社ですが、今の時代に特化したIT業界・WEB業界の転職者を支える総合転職サイトです。

業界の認知度はとても高いのですが、一般的な認知度はまだまだといったところ。

しかし、求人数は他の転職サイトに引けをとらないほど多く、専門的な分野から選択することができます。

また、転職コンシェルジュの対応が早いためサクサクと転職活動を進められることができます。

強み 年収アップ率
  • 転職コンサルタントよりも上の転職コンシェルジュで求職者の転職を手厚くサポート
  • ワークポートから提供される個人サイトが使いやすく、転職活動を管理しやすい。
  • IT業界やWEB業界の独占求人が多く、企業や転職者には高評価
5つ星
求人数 こんな方におすすめ 対応地域
約 7,000件 IT系 / WEB系 / エンジニア 全国

btnエージェント詳細

btn公式へ

業界2位だけあって、バランスが良いと評判のDODA。エージェントのあたりハズレがあまりないとも言われています。
ただし、求人数が膨大なだけあって、その中には質の悪い求人も多数存在しているので自分で確実に選別する必要があります。

面接対策や、書類の添削に関しては高評価なので、転職する際には必ず登録しておいた方がいいサイトです。

強み 年収アップ率
  • 大手企業からベンチャー企業まで幅広い求人を探すことができる
  • 面接のテクニックや書類の書き方など、実践的な対策ができる
  • セミナーやイベントが多くモチベーションを高く維持できる
5つ星
求人数 こんな方におすすめ 対応地域
非公開求人含め 100,000件以上 総合 / 海外 全国 / 海外

btnエージェント詳細

btn公式へ